スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

意外と少ない「普通型」。

引き続いてしまいますが、テーマが別なのでこちらにコメントします(笑)。

アキアカネもやっぱり♀は「赤色型」をよく見かけます。

むしろ赤くないタイプのほうが珍しい位です。

でも、こうして見ると、ナツアカネ♀とアキアカネ♀(両方とも「赤色型」)は遠目では区別し難いですね。

まあダンデムを組んでいれば判りますが・・(笑)。

見分けるポイントなどは・・・?

>オオスズメバチ
恐いですよねぇ(;^^)
最近は蜂と縁が切れたのか(切れてない切れてない!)あまり
お目にかかる事もないのですが・・・と、いうか蜂の多い場所を
避けてるって話も(笑)

>コバネアオイトトンボ
お見事です!素敵な複眼をお持ちですねぇ~(^^)
「共通の棲息条件」を見ると、こちらのナニワ池でも期待出来
そう・・・でも、あそこは蜂の巣窟・・・

Re: タイトルなし

とにかくスズメバチは怖いです・・・。これからの時期、山の中の池に行くとどうしても増えてくるように思いますね・・・。最近はアシナガバチを見つけると「あ、なんだスズメじゃなくてアシナガバチか」と言った感じで安心してしまうレベル・・・もはや麻痺しているとしか言えません。(苦笑)

コバネアオイトは独特の色彩で素晴らしかったです。(^^)岡山のナニワ池、以前伺った状況を聞く限りでは、かなり近いものがありますね!!どうもコバネアオイトはハチが多い場所にいるように思うので、ますます怪しいところです。(笑)

コメントの投稿

Secret

ナツカアネの産卵&コバネアオイトトンボの観察

ナツアカネの産卵と、兵庫Bランクの貴重種であるコバネアオイトトンボで、特集を組んでみました。(^^)

まずはナツアカネ。昨年秋にも特集を組んだほど、僕はこのトンボがお気に入りです。


何と言っても赤い。(゜Д゜)


自然界では非常に目立つため、鳥などの天敵に襲われやすいのではないかと心配してしまうほど、このトンボは赤いのです。さすが通称アカトンボ

このナツアカネの産卵形態は、多くのアカネ属に見られる連続打空産卵です。また、しばらく連結状態で産卵した後に連結状態を解き、♂が警護しながら♀が産卵を続けるという警護型産卵>、♀が単独で産卵する姿も見られます(この時も♀は打空産卵を続けます)。

ナツアカネ交尾

こちらが交尾状態のペア。目の覚めるような真っ赤な体色をしているのが♂、比較的地味な色合いをしているのが♀。この♀は所謂普通の体色で、♀の中には腹部背面が赤くなる赤化型と呼ばれるタイプも存在します(むしろこちらの方がよく見かけるくらい)。


交尾が終了すると、いよいよ産卵が始まります。産卵場所は田圃。稲刈り前の田圃に産卵する事が多いのですが、この日は稲刈り後の田圃に産卵していました。

ナツアカネ産卵1-
♀が赤化型のタンデム。
下の方に、落下している卵が見える。



産み落とされた卵は、卵のまま冬を越します(多少湿り気があれば水が無くても大丈夫)。そして春先、田圃に水が流れ込む時に一斉に孵化。およそ4カ月程の期間をヤゴとして過ごし、初夏頃に羽化を迎えます(大半は夜間に羽化)。そして林の中や山の方へ移動するのですが、この移動性はアキアカネほど顕著ではないようです。

ナツアカネ産卵2
こちらは撮影にプチ失敗。♂の顔付近に草が被ってしまった(苦笑)。

そして秋の深まる頃、成熟したアキアカネは故郷へと戻り、このように産卵して子孫を残すんですね。

落下する卵
産み落とされる卵・その2。♀が腹部を振った瞬間を撮ろうとしたら、ピントはヒドイボケに。(苦笑)

ナツアカネ産卵3
♂にピントが合った。Sスピード1/1000、F値5.6(レンズ限界値)、ISO感度200、露出補正無し。

ナツアカネ産卵4
こちらも上の写真と同じ設定。


ただこの写真を撮影している際、夢中になり過ぎて、僕らにとっての天敵の接近に気がつかなかったんです。そう、その天敵とは、


オオスズメバチ。(゜Д゜)


カチッカチッという音が聞こえたので、咄嗟に横を向くと・・・なんと目の前50㎝程のところで、オオスズメバチがこちらを向いて威嚇していたのです!!(´Д`;)これには驚き、慌てて逃げたものの・・・なんと追いかけてくるではありませんか!!

さらに急いで距離を取ったところ、ようやくどこかへ飛んで行きました。これにてナツアカネの撮影は終了です。(苦笑)


続いて、コバネアオイトトンボをご紹介。

コバネアオイト♀

こちらはナツアカネを多数確認した場所の付近で発見した♀個体。他のアオイト属と違って、♀の体色は青と言うよりは金色に近い色をしています。

コバネアオイト♂

こちらは♂。明らかにアオイトトンボと違う、という個体が多数なのですが、中にはこのように少し微妙(?)な個体も。そんな時は、腹部先端の尾部付属器(尾部下付属器)で見分けます。

コバネアオイト尾部付属器

こちらがコバネアオイト(上写真の個体)の尾部付属器。そして、

アオイト尾部付属器

こちらがアオイトの尾部付属器(友人提供写真)。明らかに形状の違いが見てとれるので、ここで見分けるのが一番確実かもしれません。(^^;)

コバネアオイト交尾1

イトトンボの多くは交尾時にハート型の形を作ることで有名ですが、この日はコバネアオイトトンボのハート型交尾を見る事が出来ました。(^^)♂のマリンブルーの複眼が素晴らしい!!まるで神津島の海の色のよう。(笑)

コバネアオイト交尾2

別角度からも1枚。この態勢、木に掴まっている♂はいいとして、♀はしんどくないのでしょうか??(笑)この状態になっている際は警戒心が非常に薄く(というかかなり鈍く)、友人がカメラを2㎝ほどまで近づけても逃げませんでした(笑)。

コバネアオイト連結

残念ながらこの池を離れる時間が来てしまったので、産卵までは撮影する事が出来ませんでした。この場所では、おそらくは日が傾き始める夕方15時~16時頃、最も活発に産卵すると思われます(池を出たのは15時前)。


コバネアオイトトンボは全国的に数が減っており、もはや絶滅寸前の種です。兵庫県ではまだ産地があるようですが、それでも激減している事に変わりはなく、RDでBランク(VU、Ⅱ類扱い)にランク付けされています。

どうやら生息するにはかなり色々な条件が必要なようなので、明らかに多産地だったこの池は、彼らにとって非常に恵まれた環境なのでしょう。同じく絶滅危惧Ⅰ類(兵庫Bランク)のオオキトンボや、絶滅危惧Ⅱ類(兵庫Cランク)のナニワトンボがこの池に生息している事からも、この池の状態の良さが窺えます。

彼らの共通の棲息条件として、「秋に水を抜く、よく管理された池」、「池脇や池の縁に、豊かな植生」という条件が挙げられますが、この池は見事にその条件を満たしていました。今後もこの池が、ずっと残ってくれる事を祈りたいものです。(´Д`;)


次回はオオキトンボコノシメトンボで特集を組めたらいいなと思っています。頑張って良い写真を撮らなければ・・・。(`∀´;)

コメント

意外と少ない「普通型」。

引き続いてしまいますが、テーマが別なのでこちらにコメントします(笑)。

アキアカネもやっぱり♀は「赤色型」をよく見かけます。

むしろ赤くないタイプのほうが珍しい位です。

でも、こうして見ると、ナツアカネ♀とアキアカネ♀(両方とも「赤色型」)は遠目では区別し難いですね。

まあダンデムを組んでいれば判りますが・・(笑)。

見分けるポイントなどは・・・?

>オオスズメバチ
恐いですよねぇ(;^^)
最近は蜂と縁が切れたのか(切れてない切れてない!)あまり
お目にかかる事もないのですが・・・と、いうか蜂の多い場所を
避けてるって話も(笑)

>コバネアオイトトンボ
お見事です!素敵な複眼をお持ちですねぇ~(^^)
「共通の棲息条件」を見ると、こちらのナニワ池でも期待出来
そう・・・でも、あそこは蜂の巣窟・・・

Re: タイトルなし

とにかくスズメバチは怖いです・・・。これからの時期、山の中の池に行くとどうしても増えてくるように思いますね・・・。最近はアシナガバチを見つけると「あ、なんだスズメじゃなくてアシナガバチか」と言った感じで安心してしまうレベル・・・もはや麻痺しているとしか言えません。(苦笑)

コバネアオイトは独特の色彩で素晴らしかったです。(^^)岡山のナニワ池、以前伺った状況を聞く限りでは、かなり近いものがありますね!!どうもコバネアオイトはハチが多い場所にいるように思うので、ますます怪しいところです。(笑)

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。