スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

ギンとコシボソ

ギン幼虫とコシボソ幼虫が同所で採れるんですね・・。

ギンも調べ直したいことがあるので採りたいのですが、生息が予想できる場所が少なくて思案中でしたが・・・。

参考にします。

カムルチー!!

大物ですね!素晴らしい(笑)

>トラフトンボ(終齢)ヤゴ
僕も狙ってるんですが今のところ空振ってます。
Mさん、さすがの凄腕ですね!

あの日のお二人の様子に大いに刺激され、先週末はかなり
熱心にガサガサしたのですが、また腰を悪くしてしまい、
ここ数日は会社で寝たきりです(;^^)
さっきもトンボの夢を見ました(笑)(←寝るな!)

今後もヤゴ以外の大物、バンバン狙っていきたいと思います。(^^)(笑)

トラフのヤゴですが、実は僕もまだ(昨年から数えて)1頭しか捕まえていません。(苦笑)ヒシがある池には大抵いるように感じるのですが、ただヤミクモに網を入れても入らないんですよね・・・。(^^;)

ガサ入れは腰に来ますね・・・。(泣)やはり捕虫網を振り回している方が性に合っています・・・。(TT)近日中に一度整理したトンボ成虫の写真をどどーんと掲載予定ですので、ご期待(?)ください!!(笑)

コメントの投稿

Secret

アオヤンマは何処に?~岡山遠征~

またまた行って参りました、寒中ガサ入れ!!(゜Д゜)


・・・実際に行って来たのは2月27日なのですが、中々記事が書けず・・・ここ最近の記事は、時系列が少々おかしなことになっていますが、気にしないでくださいね。(゜∀゜;)(苦笑)


今回は友人と相談した結果、


・地元周辺で見られるヤゴは一通り探し終えている。

・アカネ属は、冬はネキトンボを除いて卵越冬なので見られない。

・この時期に亜終齢・終齢になっているであろう種が見たい。

・出来ればヤンマがいい。(笑)



そう考えていった結果、狙いはアオヤンマに絞られたのです。


アオヤンマと言えばそう、我らがトン友・トンボ刑事さんが活動・調査しておられる岡山県という絶好のフィールドが!!早速メールにて、トンボ刑事さんに岡山訪問の件を連絡!!現地・アオヤンマ池にて待ち合わせという事になりました。(^^)


と、トンボ刑事さんと合流する前に、以前から少々気になっていた湿地奥の流水部に分け入ってみる事に。昨年夏に訪れた時は鬱蒼としていたのですが、今は冬。ノバラに引っ掛かりながらも、なんとか侵入に成功!!

ビロエゾ環境
見るからにハネビロエゾトンボがいそうな環境・・・。

この場所、夏にハネビロエゾトンボが飛翔していたという情報を、トンボ刑事さんから頂いています。これはガサるしかないだろうという事でガサって見ると・・・。

ビロエゾたち

いました、見事にハネビロエゾトンボだらけ!!

ビロエゾ背刺
こちら、ハネビロエゾトンボの背棘。

発見した当初は、エゾトンボハネビロエゾトンボが混ざっていると思っていたのですが、家に帰って写真を確認して見たところ、全てハネビロエゾでした。(^^;)ようするにエゾトンボだと思っていたのは、ハネビロエゾの個体差だったんですね。(苦笑)


友人のブログ記事にてエゾトンボ科3種の背棘を判りやすく比較していますので、是非ご覧ください。(^^)


このハネビロエゾ達以外には・・・

オニ終齢
立派なオニヤンマ終齢ヤゴ。

ギン
水溜りの方にいたギンヤンマヤゴ。

オニヤンマはとにかく沢山いて、様々な齢期のものが見られました。やはりハネビロエゾヤゴと棲息環境が似ている為、混生可能なようです。


と、背棘確認に夢中になっていると、待ち合わせ時刻がすぐ迫っているではありませんか!!(゜Д゜;)慌ててアオヤンマ池に行ってみると・・・


ご老人に捕まっているトンボ刑事さん発見。(゜Д゜)


そう、僕らトンボ家はその格好の怪しさから(笑)、よく近所のご老人に捕縛されます。(゜∀゜;)面白い話を聞けたりするので短時間なら良いんですが・・・

えてしてご老人の話は長いもの。トンボ刑事さん、ゴメンナサイ・・・。(苦笑)


しかし僕らが来た事にご老人が気付かれた為、無事トンボ刑事さんと合流する事が出来ました!!(^^;)

早速トンボトークをしつつ、現状を確認します。なんでもここしばらくの間に、アオヤンマ池の水は少し増えてしまったとか。そんな増水した水にも負けず、僕と友人は長靴にて池内へ!!アオヤンマを求めて、必死にガサります!!



ガサります!!!




ガサリマ~~~~ス・・・・。(´д`;)





捕れたのはこちら。

アオヤン池にて

左から、ギンヤンマ、コシボソヤンマヨツボシトンボキイトトンボにまたギンヤンマ

フタスジ

フタスジサナエ・・・。


アオヤンマいねぇええええ!!!!!!!(゜Д゜♯)


雑談しながらも、トンボ・ヤゴに関する有力な情報を沢山くださるトンボ刑事さん。忙しいお仕事の合間に作ってくださった貴重な時間、これはなんとしてでもアオヤンマヤゴ(を捕獲するところ)をお見せしたい!!その一心で僕らは頑張ったものの、残念ながらその姿は見れず・・・。(´д`。)

そしてトンボ刑事さんはタイムアップとなってしまいました。アオヤンマヤゴをお見せできず悔しい限り・・・ガクッ。


トンボ刑事さん、お忙しい中ありがとうございました!!(^▽^)是非また合同捜査をやりましょう!!


トンボ刑事さんのブログにて、僕らが奮闘する様子を掲載していただいてます!!(笑)


トンボ刑事さんと別れた後、ハネビロエゾトンボエゾトンボの成虫が混生していた水路へ。が、ここで見られたのはハネビロエゾのみで、エゾトンボは見当たりません。地元でエゾトンボヤゴを見つけた経験からすると、流れが強い場所よりも、少し水がよどんでいるくらいの場所の方がいいのかもしれません。


この場所を後にし、今度はマルタンヤンマの産卵が確認されたという池でガサ入れをしてみるものの、ギンヤンマ・クロスジギンヤンマのヤゴしか見つけられず・・・。


さらに気になった場所を見つけては網を入れてみたものの、見つかるのは普通種ばかり。これにて終了・・・・・


かと思いきや、帰る途中にハンドルを切る友人。以前タイワンウチワヤンマを見た備前市の池に、ダメ元で寄ってみるとの事。植生の感じから、タイワンウチワトラフトンボのヤゴが入りそうな感じです。しかも水抜きをしていたため、これはウチワ系ヤゴ捕獲のチャンスか!?

と色めき立つ僕ら。


時折水面に波紋が広がる事にやや違和感を感じつつも、とりあえず足元の泥に網を突っ込み、掬いあげてみると・・・


バッシャバシャバシャァアア!!!!!


ってヤゴじゃないもんが入ったァ!!!(゜∀゜;)



っと思ったら・・・・


カムルチー!!


ぎゃああああああああ!!!!!!(゜Д゜)


それはそれは見事なカムルチー!!(雷魚の一種)大きさはなんと50㎝近く!!

顔。
この迫力のある顔!!!(笑)


以前地元近くの池でタイワンドジョウ(こちらも雷魚の一種)を捕獲していたものの、それとはサイズが段違い。しかも今回は意図して捕獲しようとしたわけではなく、ただ足元の泥を掬っただけ。一体どうなっているのでしょう。(苦笑)爆笑していた友人からは雷魚マスターの称号を頂いてしまいました。(笑)


足元にカムルチーがいたとすると、水面に波紋を広げているのはまさか・・・と思い、デジ一を向けてみると・・・

バフンッ!
空気呼吸直後。

背びれが・・・。
背びれが写っている。


普通にカムルチーがいっぱい。(゜∀゜;)


そこには一瞬産卵行動と見間違うほど、活発に動き回るカムルチー達の姿が。明らかに二桁はいます(ちなみにカムルチーの繁殖期は夏です)。


カムルチー上鰓(じょうさい)器官という呼吸器を持っており、魚でありながら空気から直接酸素を取り込むんですね。その為、個体数が多いと、あちこちの水面で大きな波紋が広がるという訳です。


が、今回の目的はあくまでヤゴ。この後しっかりとガサ入れしてみたものの・・・僕の網には小さなギンブナが1匹入っただけ。(苦笑)そんな中でも友人は、

トラフ

見事目的のヤゴだったトラフトンボ(終齢)ヤゴを1頭捕獲!!(^^)


日も暮れてきたので、この辺りで終了としました。


この日確認したヤゴは、アジアイトトンボ・キイトトンボ・クロイトトンボ・モノサシトンボ・フタスジサナエ・ギンヤンマ・クロスジギンヤンマ・コシボソヤンマ・トラフトンボ・ハネビロエゾトンボ・オニヤンマ・ヨツボシトンボ・コシアキトンボの計13種類。


またもアオヤンマに出会う事は出来ませんでした。(´д`;)難しいものです・・・。

しかし、成虫シーズン開幕まであと僅か!!そうなってくるともうガサダモは置き、ようやく捕虫網を振り回す事が出来るのです!!(`∀´)ノ(笑)



早くトンボが見たい・・・。(哀)

コメント

ギンとコシボソ

ギン幼虫とコシボソ幼虫が同所で採れるんですね・・。

ギンも調べ直したいことがあるので採りたいのですが、生息が予想できる場所が少なくて思案中でしたが・・・。

参考にします。

カムルチー!!

大物ですね!素晴らしい(笑)

>トラフトンボ(終齢)ヤゴ
僕も狙ってるんですが今のところ空振ってます。
Mさん、さすがの凄腕ですね!

あの日のお二人の様子に大いに刺激され、先週末はかなり
熱心にガサガサしたのですが、また腰を悪くしてしまい、
ここ数日は会社で寝たきりです(;^^)
さっきもトンボの夢を見ました(笑)(←寝るな!)

今後もヤゴ以外の大物、バンバン狙っていきたいと思います。(^^)(笑)

トラフのヤゴですが、実は僕もまだ(昨年から数えて)1頭しか捕まえていません。(苦笑)ヒシがある池には大抵いるように感じるのですが、ただヤミクモに網を入れても入らないんですよね・・・。(^^;)

ガサ入れは腰に来ますね・・・。(泣)やはり捕虫網を振り回している方が性に合っています・・・。(TT)近日中に一度整理したトンボ成虫の写真をどどーんと掲載予定ですので、ご期待(?)ください!!(笑)

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。