クロスジギンヤンマ♂の飛翔・・・。

土曜日の夕方、仕事後に友人の定点池の様子を見に行きました。


この場所はクロスジギンヤンマの多産地で、5月頭から発生が始まり、7月一杯は確実にクロギンが見られます。ちなみに昨年は、友人曰く8月半ばまで見られたようです。

また、友人がこの池で採集したクロギンのヤゴが10月~11月に羽化したり、クロギンには珍しい同色型♀が何度か出現したという事もあり、非常に興味深い場所です。


そんなこの場所を知り尽くしている友人の情報を元に、現地入りしたのは夕方の17時過ぎ。やはりこの時間は個体数が少ない時間で、探雌している♂は1頭だけ。時折もう1頭が入って来てはファンブル、という事を繰り返していました。

この日の目的は観察をしつつ飛翔写真を撮影する事。そこで早速デジ一を使って撮影開始です!!

クロギン1

が、やはりうまくいきません。(´д`;)真っ直ぐ飛翔するギンヤンマと違い、クロギンは植物の合間をジグザグに、しかもかなりのスピードで飛ぶ為、撮影が非常に難しいのです。

時間も遅くなってきたため、辺りはかなり薄暗くなってきました。ここからストロボを使用します。

クロギン2
クロギン3

が、ストロボを使用すると、シャッタースピードは1/200がマックス。なのでかなりブレやすくなり、撮影難易度がやや上がります。

クロギン4

ピントが合った写真を撮る事は叶わず、

クロギン5
クロギン6

時に植物が被ってしまうというなんとも残念な結果で、この日の飛翔写真撮影は終了となりました。


時刻は18時40分。友人の情報では、そろそろ♀が産卵にやってくる時間です。観察用に捕獲した♂個体を観察して暇を潰していると、18時44分、♀が産卵に入ってきました!

クロギン♀
卵中の♀。

この♀は撮影後飛び上がった所を捕獲、観察した後にリリースすると、目の前で♂にさらわれて行きました。(苦笑)こうしてこの日は終了です。


そして本日月曜日。外は見事に晴れており、夕方は撮影しづらい為、この日は昼頃からまた観察に行ってみました。

現地に着いたのは暑い盛りの13時過ぎ。既に池には3~4頭の♂が探雌・遭遇・ファンブルを繰り返しています。早速デジ一を持って撮影を開始!!たまに雲が被りますが、晴れ間もよく覗く為、条件は整いました!!(`Д´)ノ

クロギン2-1
クロギン2-2
クロギン2-3

今までよりもファインダーには捉えられるようになってきましたが、やはり飛ぶスピードが速すぎます。ピントはそこそこ合ってきたものの、カメラの設定との連携が上手くいかず、良い写真は中々撮れません。

クロギン2-4
クロギン2-5
クロギン2-6

足元にやってきた個体を置きピンで狙ってみたり、遠くを飛ぶ個体をズームで撮影してみたりもしましたが、

クロギン2-7
クロギン2-8
クロギン2-9
流し撮り風。ピントが合わず失敗・・・。
クロギン2-10
クロギン2-11

200枚ほど撮影して、結局ズバッ!!と決まった写真は撮影できませんでした。(´д`。)クロスジギンヤンマ、かなりの難敵です。


色々なトンボの飛翔写真を撮影して思ったのですが、


①ホバリングをする

②直線的に飛ぶ

③向かい風が吹くとそちらに向かって飛ぶ

④狭い範囲から出ない



以上4点が含まれるトンボは撮影がしやすいですね。ギンヤンマ(①、②、③)、サラサヤンマ(①、②、④)、オオシオカラ等のトンボ科(①、④)産卵にやってきたサナエ科(①、③、④)、産卵するアカネ属(①、④)なんかが撮影し易い代表的かと思います。


逆に、


①ジグザグに飛ぶ

②基本的な飛翔スピードが速い

③障害物(植物や木)の周辺を飛ぶ

④飛翔範囲が広い



以上4点を含むトンボは撮影が難しく感じます。アオヤンマ(①、③)、クロギン(①、②、③)、コシボソヤンマ(①、③、④)なんかは特に難しいのではないのでしょうか・・・。


それでもアオヤンマクロギンのシーズンは7月まで続きますし、オオヤマトンボコシボソヤンマはこれから!!頑張りたいものです。(`Д´)ノ


次の記事では、この日見たトンボを纏めて紹介したいと思います、(^^)

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事