スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

Secret

ネ・ア・カ・キターーーー!!!・・・けど・・・。(゜∀゜;)

現在マルタンヤンマ♀狂いの僕ですが(笑)、この日の狙いはずばり伝説上の生き物ネアカヨシヤンマ。(笑)

先日友人が某産地にてネアカを多数確認している為、僕も友人と共に産地へと赴く事になりました。写真撮影は陽が昇ってから行ったため、前半は文章、後半は写真多数の構成になります。(^^)


現地には朝4時40分頃到着。友人は夕方から仕事の為、夕方の黄昏時ではなく早朝の摂食時を狙うという思惑です。ポイントは結構広い為、友人と捕獲できる場所は何処か相談しつつ、二手に分かれて少し離れた場所に陣取ります。

網かカメラか悩んでいては捕獲など到底不可能な為、とりあえずは網に専念する事に。



そしてその時はやってきました。



空が徐々に白み始めた午前5時前、上空を飛び始めるヤンマの姿!!体は大きく寸胴で、翅の先端に黒っぽい縁取り・・・紛れもなくネアカヨシヤンマです!!(゜Д゜;)

しかし問題はその高度。明らかに20m以上の高さを飛んでいます。これでは捕獲できない・・・そう思ってしばらく観察を続けいていると、高度を下げ始める個体が出てきました!!


20mから15m、10m、8m・・・くらいまでは降りてくるものの、僕らの射程距離まではあと一息と言ったところ。飛んでいる個体数は多い時で20頭弱。波がある様で、2~3頭まで数が減る事もあれば一度にどっと出る事もあります。


そんな中、いきなり肩くらいの高さまで降りてくる個体を発見!!友人と共に、網を持ってぬかるんだ湿地の中を走り回ります!!



・・・・・長靴で。((((゜∀゜;)



とにかく足場が悪い上に動きづらい長靴。走り難いったらありません。それでも湿地の上を縦横無尽に飛び回るネアカを追いかけて、




あっちにダッシュ、(゜Д゜♯)==333



こっちにダッシュ、((((==(♯○Д○)



そして息切れ。(○д○。)



膝は既にガックガク、網を持つ手にも力が入りません。時折上空を掠めていくネアカを見ては、捕獲不可能な高さに意気消沈です。

さらに追い打ちをかけるように、スズメバチやアブ達が活動を開始!!僕らの姿を見つけてはしつこく追いかけまわしてきます。そこから逃れるように走り回り、安全マージンを取ってほっと一息・・・と思ったら、後ろから登場する


OSB(゜Д゜)


もう本当にシャレになりません。(´Д`。)


それでもネアカ捕獲のチャンスはまだまだ続きます。射程距離ギリギリの5mほどの高さから7m程の高さを行ったり来たりする個体を発見!!

しかし僕のガックガクの膝では、とても捕獲は出来そうにないという哀しい事態。(苦笑)急いで友人を呼ぶと、ロングネットを持った友人が颯爽と登場!!

狙いを定めてスイング!!一度は届かないかと思った網も、ギリギリでネアカを捉えました!!流石友人!!(^^)

まだネアカ達の飛翔は続いている為、捕獲したネアカは一度ストックコーナーへ。僕はヒドイ息切れを起こしていたため、カメラと網の二刀流に変更です。

とりあえずネアカヨシヤンマが飛翔している証拠写真を捉えるべく、デジ一を空へと向けます!!

ネアカ1

ネアカ4

明らかな寸胴体型に、翅の縁には黒い縁取り。ネアカヨシヤンマです!!(^^)腹部先端の感じから見るに、この個体は♀でしょうか。

ネアカ2

ネアカ3

こちらは♂のように見えます。翅にやや褐色が入っており、飛んでいる姿もカッコイイ!!

そうこうしていると、8m程の高さまで降りて来た個体が、僕の頭上を通過し始めました。急いでカメラを向けます!!

ネアカ5

ネアカ6

翅の付け根に名前の由来となった濃い褐色部が見えます!!ネアカヨシヤンマは漢字で書くと根赤葦蜻蜓‎。嗚呼自分の手で捕獲したい・・・。(´д`。)

ネアカ7

ネアカ8

網が届くかどうかの高さまで降りてくる個体が増えてきたので、また網に持ち替えて追いかけますが・・・時折登場するマルタンヤンマ♀ヤブヤンマに翻弄されたり、OSBにまた追いかけられたり。(泣)

ネアカ9
射程距離ギリギリに来た最後の個体。


肝心のネアカはと言うと、陽が昇りきる午前6時前からどんどんと高度を上げていき、太陽が顔を見せた6時を過ぎる頃には完全に姿を消しました。


結局この日、僕が「捕れる」と判断出来た個体・・・即ちネットチャンスはゼロ。厳しさ・難しさを痛感した次第です。まぁスゴ腕を持つ友人ですら捕獲したのは1頭だったのですから、僕が捕獲するというのも無理な話かもしれません。(^^;) (苦笑)


ネアカタイムが終了したので、今度は友人が捕獲したネアカヨシヤンマを撮影します!!

ネアカ♀側面

これが僕らが伝説上の生き物とまで呼んでいた(笑)、ネアカヨシヤンマです!!(^^)

翅には褐色模様が入り、アオヤンマに似た寸胴体型。配色はヤブヤンマのそれと似通っていますが、複眼には面白い模様が入ります。

ストロボと自然光

こちらがその模様。左が自然光、右がストロボ光です。なんでこんなケッタイな模様をしているのでしょうか・・・不思議です。

ネアカ♀の複眼

こちらはコンデジで接写した複眼。さらに、

ネアカ♀正面やや斜め

正面やや斜めからのカットに、

ネアカ♀背面

お決まりの背面からの展翅写真。そして僕が最も気に行っているカットがこちら!!

ネアカ♀斜めから

側面やや斜めからのカットです。ネアカヨシヤンマの複眼は見る角度や光が入る角度によって大きく色を変えるのです!!スバラシイ・・・。(´∀`)

同じような角度からコンデジで撮影してみると・・・

ネアカ♀コンデジで

非常に艶やかな感じで写りました。もう最高です。 (笑)


ネアカヨシヤンマの撮影を堪能した後は、帰る道すがら良い流水ポイントが無いか少し見て回ります。しかし発見できたのはコオニヤンマだけ。時間がある時に出直しです。


最後に、ヤブヤンマ♀がよく産卵にやってくる定点池の一つへと出向いてみたのですが、空は生憎の曇り空。

マユタテ

発見できたのはこのマユタテアカネリスアカネオニヤンマ等の普通種ばかりでした。これにて終了です。


この日確認したトンボは、クロイトトンボ・セスジイトトンボ・アオモンイトトンボ・アジアイトトンボ・モノサシトンボ・キイトトンボ・ネアカヨシヤンマ・マルタンヤンマ(♀)・ヤブヤンマ・ギンヤンマ・コオニヤンマ・オニヤンマ・オオシオカラトンボ・シオカラトンボ・コシアキトンボ・ハラビロトンボ・ウスバキトンボ・オオヤマトンボ・ショウジョウトンボ・マユタテアカネ・リスアカネの計21種。


友人のお陰でなんとかネアカヨシヤンマ♀の姿を見る事が出来ました。



しかし!!(゜Д゜♯)



ネアカ♀は友人に羽化個体も見せてもらっているのに対し、まだ♂の姿は友人のカメラの中でしか見れていません!!(笑)




という事で、




来週、またリベンジに行きたいと思います。(○∀○;) (笑)




・・・・なんか最近の記事はこの〆方ばかりのような・・・。(苦笑)

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。