若葉マーク珍道中~コシボソ撮影&ミヤマクワガタ登場~

MyBlogのリンク欄に、がっちゃんさんのブログである


がっちゃんの生き物つれづれ日記


を設置させていただきました。(^^)ブログにコメントさせていただいたところ、がっちゃんさんはすぐにレスを下さり、ブログのリンクを快く受諾してくださいました。


がっちゃんさん、ありがとうございます!!m(_ _)m


今回の記事は、がっちゃんさんの記事の影響が非常に大きなものとなっています。(笑)


~~~~~~~~~~~~~


この日は母から「母の車を使って捜索しても良い」、というお許しが出ました。

今までは仕事の往復に使ったり、母が車を使っていない時に条件付き(近場限定)で借りていたのですが、今回は少し脚を伸ばしてみてもOKという事になったのです。


そしてこの日の狙いはズバリコシボソヤンマ。今年既に何度かブログに登場していますが、それはお篭り個体か捕獲した個体のみ。生態写真掲載を身上とする僕にとって、なんとしても「♂のパトロール飛翔写真の掲載」はやらなくてはならない命題!!(`Д´)ノ (違)


さらに、がっちゃんさんのブログである「がっちゃんの生き物つれづれ日記」を拝見していたところ、コシボソ君のスバラシイ写真が掲載されていたのです!!


こ、これはウラヤマシイ!!(゜Д゜;)


という実に単純な理由で(笑)、コシボソヤンマの撮影に出かけてみる事にしました。


まずはコシボソヤンマの棲息地である、加西市にある定点へ。9時頃に現地に到着です。最初にハネビロエゾトンボが産卵にくる(はずの)細流をちらりと覗いてみるものの、空振り。特に気にせず(嘘!)、そのままコシボソが飛ぶであろう場所へ。

現地に着くや否や、すぐさま目の前を通過していくコシボソヤンマ♂を発見!!早速デジ一を構え、戻ってくるのを待ちます!!(゜∀゜)



待ちます!(゜∀゜)



待ちます。(゜∀゜;)




待ちます・・・。(´∀`;)




・・・・・・はい、



戻ってきませんでした。(゜Д゜)



コシボソ♂の飛翔パターンと言えば、


①川の岸沿いを広範囲に渡って探雌する

②数メートルの区間を縄張りとし、その区間を行ったり来たりしながら探雌する。時々その区間(場所)を変える。



というのがオーソドックスなスタイル。二つに共通しているのは、


・川面のかなり低い場所を飛ぶ

・♀が来そうな場所を特に丹念に見て回る



といったところでしょうか。上記の②のパターンであれば撮影に向いているのでしょうが、一昨年・昨年この場所で見たコシボソヤンマは皆①のパターンで、2~3分に一度目の前を通過するといった感じでした。

その為、この日もコシボソが一度通過した後15分近く待ってみたのですが・・・結局何も現れず。

ボケボケオニ

登場したのは水浴びにやってきたこのオニヤンマ1頭のみ。しかもすぐに飛び去ってしまったため、ボケボケの写真しか撮影出来ませんでした。(^^;)

それならばと少し場所を下流側に移し、しばらく待ってみると・・・コシボソ君登場!!早速カメラを構えて撮影に挑みますが・・・

ボケボケコシボソ

被写体がボケた流し撮りに。(゜∀゜;)

この個体も2~3回(長距離を)往復しただけですぐに何処かへ消え去ってしまいました・・・残念。(´д`;)

また別の個体が来たりしないかな~と思い、その場で息を潜めていると・・・目の前でホバリングする大きなトンボの姿が!!急いでカメラを向けてみると・・・

コオニホバリング

まさかのコオニヤンマ。(´д`;)

何処にでもいる上に綺麗な体色でなく、さらに河川中流域にいるトンボをガンガン食べてしまうこのコオニヤンマ。はっきり言ってイマイチです。(苦笑)この個体は数度水浴びをして飛び去って行きました。

ここからまた少し場所替え。さらに下流側へと移動し、コシボソヤンマを探していると・・・目の前の木に小さなサナエが制止しているのが見えました。もしかして・・・と思って捕獲してみると、

オジロ1

今年初確認、オジロサナエ♂です!(^^)この川の上流部に生息しているのですが、今年はどういう訳かその場所を何度見に行っても不発続き。ダメかと思っていたので、これは嬉しい出会いです!!

この1頭だけが下流に流されてきていたのかと思ったら、

オジロ2

正面にもう1頭発見!!光の加減で黒目が大きく見え、非常に愛くるしい顔になっています。敏感なオジロサナエを驚かさないよう慎重に近づき、

オジロ3

アングルを変えての撮影に成功!!

オジロ4
棲息環境を入れて。

この場所、昨年までは木が鬱蒼としていて、典型的なコシボソ環境だったんですね。が、昨年の台風被害で地形が変わり、今やオジロサナエ環境(所謂木漏れ陽環境)となってしまっていたようです。(苦笑)

これからはこの場所でオジロサナエを探した方がいいのかも・・・。

ハグロ1

辺りにはハグロトンボも多数。シーズン真っ盛りといった感じです。

ハグロ2


この後定点周辺をあちこちうろうろしてみたものの、収穫はナシ。11時を過ぎた頃にお篭りポイントでコシボソヤンマ2頭を発見したのですが、それは驚いて飛び上がったところでした。なので写真はありません・・・。(´∀`;)

コシボソの代わりに捕獲できたのは、

ノシメ♂

この場所で初確認となるこのノシメトンボとテネラルなマユタテアカネリスアカネのみ。なんだかなぁ・・・。


ハネビロエゾトンボがいる(はずの)細流も、9時頃、11時頃、12時頃と時間を変えて覗きに行きましたが、いたのは恐怖のマムシのみ。

僕が見に行った場所は友人が多数のヤゴを捕獲した場所(流れ込みの水溜り)ですが、どうも産卵場所はこの場所よりもさらに上流・・・鬱蒼とした場所のさらに奥のようです。

仕方なくビロエゾは諦め、ビオ風池を覗いてみる事にしました。

チョウトンボ1

池では多数のチョウトンボが乱舞していましたが、これといったものはありません。(^^;)仕方なく一度切り上げて家に帰り、休憩する事にしました。が。


この日も非常に暑く、軽い熱中症のような症状が出ていた為の休憩だったのですが、あろうことか昼寝をしてしまい、気がつけば16時過ぎ。(゜д゜;)

慌てて準備を整え再出発です!!


次に向かったポイントは、以前吉村虎太郎氏に教えていただいたコシボソが飛ぶ場所。


・・・・だったのですが、あまりにインパクトのあるお話を多数聞かせていただいた為、コシボソポイントに関してはイマイチ思い出せません。(虎太郎さん、すみません(泣)))

とりあえず某場所の近く、という事は覚えていたので、地図を片手にそちらへ向けて車を走らせます。


その某場所の近くに着いた後は、ポイントらしき川を見ながら車を走らせて行きます。と、突如視界に飛び込む2頭のヤブヤンマ!!

慌てて車を降りたものの、既に2頭のヤブは通り過ぎた後。明らかに捕獲出来る高さを飛んでいただけに、悔しくてたまりません。(´д`。)


まだ飛んでいる個体が通るかもしれないと思い、山道を少し入って行くと・・・



幹が折れて斜め向きになった木に、



・・・・・ぶら下がっているロープを発見。



そのまま凄まじいスピードで後退する僕。(((((((○∀○;)



・・・・・見なかった事にします。(苦笑)



とここで、車を停めていた場所のすぐ近くに池を発見。とりあえず網を持って降りてみたものの、特に何かがいるという訳ではありません。

来た道を引き返そうと、池脇の道を歩き始めた瞬間!頭上でデカイ羽音が聞こえました!そして僕の視界に飛び込んできたのは、明らかにクワガタのようなシルエット!!

無我夢中で網を振ると、一発でネットイン!!出てきたのは・・・

ミヤマクワ1


ミ・ヤ・マ・ク・ワ・キターーーーー!!!!!(゜∀゜)


人生で初捕獲となるミヤマクワガタ♂!!しかも結構な大きさです!!(^^)まさか飛翔中の個体を捕獲するとは思ってもみませんでしたが(笑)、これにはテンションが上がりまくり!!なんせ間近でミヤマクワガタを見たのは二度目なのです。

ちなみに一度目は小学生の頃、友人が山で捕獲してきたものを見せてもらったのです。

・・・・・僕らはその頃と何も変わってません。(((゜∀゜;) (苦笑)

ミヤマクワ2
別アングルから。

以前明石っこファミリーの奥様と話していたのですが(笑)、ミヤマクワガタのカッコ良さは秀逸ではないでしょうか。

ミヤマクワ3
正面から。

色々なクワガタを見てきましたが、ミヤマクワガタほどカッコイイフォルムをしたクワガタはそうそういません。スバラシイイケメンぶりです!!

ミヤマクワ4
さらに別角度から。

連れて帰りたいのは山々なのですが、ミヤマクワガタは成虫の期間が二週間~1カ月程度と非常に短命な種。撮影を楽しませてもらった後、リリースしました。達者でな!!(´∀`)ノ


肝心のトンボの方はアテが外れてしまったので、仕方なく車に乗り直して再びポイント散策。が、走っているのは山道・・・というか峠道。


あっちにクルクル、(;゜д゜)


こっちにクルクル。(゜д゜;)



そして某場所を通り過ぎてしまう僕。(゜Д゜)


慌てて引き返し、これまで見て回った場所に「それらしい場所が無かったか」と思い返しながら、来た道を戻って行く僕。

そして峠道を少し降りた所で、突如溝から飛び上がってくるヤンマを発見!!さらに溝の横には、ヤンマの轢死骸まであるではないですか!!

慌てて車を停め、その場所を見に行くと・・・死骸はやはりコシボソヤンマ♀のものでした。と言う事は・・・と思い、その溝を覗いてみると・・・思いのほか綺麗な水が流れています。

そしてその水面を低く低く飛ぶ姿・・・間違いありません、コシボソヤンマです!!どうやら虎太郎氏に教えていただいた場所を、僕は危うくスルーするところだったようです。(苦笑)

狭い範囲を往復するもの、広範囲を移動してファンブルするもの等、結構な数がいます。早速デジ一を構え、がっちゃんさんのような写真を撮影するべく、挑んだのですが・・・

コシボソ1

コシボソ2
こちらは二頭がファンブル。右上にはハグロトンボも写っている。
コシボソ3


上手くいきません。(;_;)


この場所を訪れた時間は既に17時半を過ぎており、辺りもかなり薄暗い時間帯。溝の中を覗き込んでも、飛んでいるコシボソはしっかりと見えません。

ファインダーを覗けば尚暗くなって見えないという条件では、かなり厳しい物があります。ファインダーに納めるだけで精いっぱいという状況です。(^^;)


そこで、普段Sサイズで撮影しているところをMサイズに変更し、ズームレンズに一杯に写すことは考えず、やや引いた状態で撮影→後でトリミングというセコイ?知恵を使う事に。(笑)さらに安物ストロボを取り付けて撮影してみます。すると、

コシボソ4

コシボソ5

先ほどよりもややマシな写真が撮れました。が、

コシボソ6

コシボソ7


素早く飛び回るコシボソヤンマはファインダー内に綺麗に捉える事すら至難の業。翅が切れていたり、尻尾しか写っていない写真が多数出てしまいました。

それでも150枚ほどシャッターを切った結果、

コシボソ8

コシボソ9

なんとかコシボソか?という写真は撮る事が出来ました・・・なんだかなぁ。(´~`;)

ちなみにコシボソが多数飛んでいた水路は、

コシボソの水路

道路脇にあるただの溝、といった感じです。ですが実際は意外と水が綺麗で掘りが深くなっており、泥の斜面もある・・・という、コシボソにピッタリの環境だったんですね。


18時15分を過ぎた頃にコシボソ達はいなくなった為、また移動。先ほどミヤマクワガタを捕獲した池へと行ってみる事にしました。

ひょっとしたらヤブヤンマがいるかも・・・と思って池に入って見たところ、谷筋に沿って降りてきた5つの影を発見!!しかも皆、肩くらいの高さを飛んでいるではないですか!!網を振りかぶって、



うおおおおおおお!!!!(○Д○;)ノ



と猛追する僕。が、5つの影はするりと上空へ。ただ通過するだけだったのか、はたまた殺気が伝わったのか・・・。(泣)

飛んでいる姿を確認したところ、5つの影の内訳はヤブ♂が3頭、♀が2頭。低い場所を飛ぶと言う事は、まだ捕獲のチャンスはあるはず!!

そう思って池の方を見てみると・・・何やら大きなヤンマ池の上を旋回しているではありませんか。


あぁ~~~、まるでオオルリボシみたいな飛び方だな~~、等と思っていると・・・そのうちの1頭がこちらに向かって飛んできました。


おぉ~~~、ガッチリしててますますオオルリボシみたいだな~~、と思ってよくよく見てみると・・・



本当にオオルリボシでした。(゜Д゜;)



薄暗い中でもはっきりと判るオオルリボシカラー。飛んでいる時は紺色っぽく見えるオオルリボシですが、今回見た影はまさにそれ。上空にフワリと浮き上がったシルエット、その翅はしっかり透明。

そしてヤブヤンマとは明らかに違う飛び方をしていたのです!!


先ほどこちらに向かって来ていたオオルリボシは、僕の眼前6m程の所で大きくグルリと旋回!!僕が知る限り、こんな動きをするのはオオルリボシのみ!!この場所はやや標高があるので、居てもおかしくないというわけです!!


うおおおおおおおおおお!!!!!(◎Д◎♯)


とスイングした網!!すると、なんと見事一発でネットイン!!!



いよっしゃぁあああああああああ!!!!(゜Д゜♯)ノ



と網を地面に叩きつけて確保!!しようとした瞬間、



裏返るネット。(○Д○;)



結果、ネットインしたはずの獲物は空の彼方へ・・・・・・・・



飛んで行きました。(○д○。) (泣)



今年初のオオルリボシ捕獲、となるはずだったのに・・・悔やんでも悔やみきれない瞬間です。

それでもまだ2頭いたはず、と池を見てみると・・・皆何処かへ消えているではありませんか。一体何処に行ったのか・・・。

とりあえずテンパった頭で友人に電話し、この事実を伝えます。その電話中に通りかかった影を捕獲してみたものの、それは残念ながらオニヤンマ

電話を切った後もヤブヤンマ♀は2~3頭飛んでおり、捕獲を試みたものの・・・やや高めの場所を飛んでいた為、網は届きませんでした。そのままトンボ達は皆姿を消したため、この日はこれにて終了です。

本日の池
オオルリボシとミヤマクワガタが出現した山中の池。


この日確認したトンボは、ハグロトンボ・キイトトンボ・モノサシトンボ・クロイトトンボ・ヤブヤンマ・コシボソヤンマ・ギンヤンマ・オオルリボシヤンマ・オニヤンマ・コオニヤンマ・オジロサナエ・シオカラトンボ・オオシオカラトンボ・チョウトンボ・コシアキトンボ・ウスバキトンボ・マユタテアカネ・リスアカネ・ノシメトンボの計19種類。


コシボソヤンマを狙ってみましたが、あまり上手く撮影出来ませんでした。(;_;)また、秋のトンボもちらほらと出始め、季節は既に秋の様相を呈しています。



がしかし!!(゜Д゜♯)



がっちゃんさんから撮影のアドバイスを幾つか頂いたため、次回こそは何としてでも撮る!!撮れる!!・・・・はずです。そしてなんとしてもオオルリボシを捕りたい!!


ですので、


近いうちにリベンジに行けたらなと思っています。(○∀○♯) (苦笑)

コメント

コシボッさん、なかなかの難敵のようですねぇ!
しかしそこはogiさんのこと・・・直にコツを掴んで
最高の飛翔写真をモノにされると思います!!


>裏返るネット。(○Д○;)

くわぁ〜〜〜ッ!!痛恨の・・・(;^^)
自分もそろそろオオルリボシ討伐に行かなければと
思ってるんですがミヤマアカネも気になるし・・・
オオルリは県北、ミヤマは県東(もしくは兵庫)、
1日で見て回るのはちょい困難・・・悩むところです。

大した技術でもないのに、デカデカと載せていただきお恥ずかしい限りです(汗)
OGIさんならたぶん簡単に撮れると思いますよ。

オオルリ君に会いたくなりました。
台風→土砂崩れ→山道封鎖
となる前に一度行ってみようかな。

今度そちら方面に行くときは声掛けさせていただきますので、
どうぞよろしくお願いします。


どんどん行ってください。私が知る場所は誰彼なくお伝えしますよ。
播州にも探せば良い場所はあると思っております。
この間は播州から近いT高原でオオルリボシが滑空してましたんで、観光客がいる中を一人網を持って一頭を捕獲しました。途中、小さな子供を連れた家族連れがシオカラなんぞをとろうとしてましたので、優しい私(嘘)は、徘徊するオオヤマをすくってプレゼントしたのであります。
まだルリボシはいませんでしたが楽しみです。
余談ですが、T高原のルリボシは他で採取されるそれと較べて何故か大型なんです。長年、採集(必ず逃がします)してきましたが、傾向は変わりませんでした。

>デカ

コシボ君、正直かなり手ごわいです。(^^;)ホバリングの時間が短いタカネ君も難敵でしたが、今回はそれ以上に思えます。ただ前回は訪れた時間がやや悪いように思えたので、今度は時間を変えて行ってみようと思っています。(^^)

最高の飛翔写真に乞うご期待!!です!(笑)

オオルリボシもミヤマアカネもこれからシーズンですもんね!!(^^)ですが低標高地のミヤマアカネは9月以降が最盛期ですし、時期的にはオオルリボシ討伐が良いかと思うのですが・・・実際どうなのでしょう?

近々オオルリボシ捜索に行ってみる予定です!!

>がっちゃん様

ででーーんと掲載させていただきました。(^^)(笑)近いうちになんとかリベンジに行き、頑張って撮影したいところです。

そういえば昨年オオルリを見に行った際、各ポイントが見事に土砂崩れを起こしていてゲンナリしました。(苦笑)台風が連続上陸するシーズンになる前に見に行く方が良さそうですよね。(^^;)今年こそはガッツリと飛翔写真を・・・!!

> 今度そちら方面に行くときは・・・
是非ご一緒したいですね!!今後ともよろしくお願いいたします!!m(__)m

>虎太郎様

播州地方、結構探していたつもりだったのですが・・・いやはや、まだまだツメが甘かったようです。(汗)早くマイカーを購入して、ポイント散策に出たいところです。(>_<)

なんと、T高原では早くもオオルリボシが滑空ですか!!これは今後が楽しみですね!!
オオヤマを初めて見たであろうお子さんは、さぞかし驚かれた事でしょうね・・・なんせデカイですし。(^^)(笑)

>T高原のルリボシは・・・

なんと、何か秘密があるのでしょうか??ルリボシもお気に入りのヤンマなので、今年は是非T高原にも採集・観察・撮影に行きたいと思います!!

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事