8月27日特集1~ヤブヤンマの産卵観察~

今日は先日観察したヤブヤンマ♀の産卵の様子をご紹介したいと思います。(^^)


捜索時の記事にも書きましたが、この日産卵にやってきたのは3頭。観察時間は11時半~13時頃だったので、長時間粘ればもっと多数のヤブ♀が見られたと思われます。

ヤブ産卵1

こちらがメインアクトレスとなった1頭目。湿地脇に出来た水溜まりの縁に飛来し、湿土に降りたって産卵を始めました。腹部先端をしきりに動かし、卵を土の中に産み付けていきます。

上の写真は段差になった部分の下側に降り立ち産卵をしているのですが・・ここで隣にいた友人が「あの場所マズイで」と一言。

どういう事かと思いながら観察していると・・・段差の隙間から突如アカテガニが登場!ヤブヤンマ♀に襲いかかります。(゜Д゜;)

しかし間一髪で難を逃れたヤブ♀は、段差の斜面へと移動。

ヤブ産卵2

再び落ち着いて産卵を始めました。

ヤブ産卵3

ある程度産卵すると少しずつ場所を変えるのですが、この個体はストロボがいくら光っても意に介した様子がありません。非常に良い性格の個体に巡り会えたようです。(^^)

さらにこの♀、僕らの方にも近寄ってきたかと思うと・・・

ヤブ産卵4

友人の足の間で産卵を再開。(笑)望遠レンズを使っている僕らは写真が撮りにくい為、これには思わず苦笑い。この後少し移動し、

ヤブ産卵5

一端落ち着いたかと思うと、

ヤブ産卵6
ヤブ産卵7
ヤブ産卵8
ヤブ産卵9

横着にも体を回転させながら産卵していました。まるでコシボソヤンマ♀のようです。(^^;)

ヤブ産卵10

さらに数度場所を変えて産卵を続け、

ヤブ産卵11
ヤブ産卵12
ヤブ産卵13

遂には日向ギリギリの所まで移動。石に掴まりながら、体を回転させて産卵していきます。これで満足したのか、この個体の産卵は終了。元気に飛び去って行きました。


1頭目が飛び去ってから程無く、2頭目のヤブ♀が登場。

ヤブ産卵14
ヤブ産卵15

この個体、産卵中は何かに掴まりたいのか、必死になって落ち葉を掴もうとしている姿が見られました。

ヤブ産卵16
ヤブ産卵17

フワフワ動く落ち葉を掴んでも体が安定するはずもなく、なんだか見ていて悲しくなります。(笑)しかしこの個体は産卵のスパンが短く、降り立つ→体を回転させながら産卵→移動を繰り返していました。


この2頭目の個体が飛び去るのとほぼ同時に、3頭目の個体が登場です!

ヤブ産卵18

しかしこの個体は非常に性格が悪く(笑)、すぐ僕らから距離を取る上、撮影しにくい場所ばかりに陣取ります。さらにストロボには驚いて飛び上がり、

ヤブ産卵19

変な場所へと移動してしまう始末。そして再び飛び上がっては落ち着きなく飛び回る為、捕獲して観察させてもらうことにしました。(笑)

ヤブ♀捕獲

壮年期にさしかかったところでしょうか、複眼はやや青みがかった色をしていました。1頭目の個体が一番青かったように思います。

しっかりと産卵の様子を観察出来た為、ヤブヤンマ♀の撮影はこれにて切り上げです。


次の記事では、3年目にしてようやく念願叶ったオオルリボシヤンマの産卵の様子を記事にしたいと思います!(^∀^)

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事