スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

Secret

春のトンボ、続々と発生中

今回の記事では、最近のトンボ観察の内容を2つ纏めてご紹介したいと思います。


~4月20日(土)~


前日夜遅くまで音源製作をしており、また仕事が午後からという事で爆睡していた昼前。友人から


「(たつの市の定点で)サラサヤゴ捕獲!」


の一報が入り、飛び起きた僕。(笑)しかも少し時間が取れるとの事だったので、羽化状況を観に加西市の定点へ行くことになりました。

現地に着いたのは11時40分。気温はやや低め(15~16度)ですが曇りだった空にも少し晴れ間が覗き始め、良い感じです。早速ビオ風池を覗いてみると・・・すぐに友人が何かを発見!!

0420-1.jpg
今回は標準レンズ+デュフューザー(ケンコー・影とり)を付けて撮影。中々の写り具合!

本格的な春到来を告げるトンボ、フタスジサナエです!しかも・・・

0420-2.jpg

0420-3.jpg

探してみるとあちこちで羽化していました。中には狭い区間で複数頭羽化している場所もあり、このポイントの個体数の多さが窺えます。

試しに羽化殻が多く付いていた区間で数を数えてみると・・・僅か幅2mちょっとの狭い区間で30個越え!池自体はかなり小規模(ビオトープサイズ)なのですが、軽く100頭は出ていると思われます。

0420-4.jpg
あちこちにあった羽化殻。

ただ羽化殻の様子から、一斉に羽化していると言うよりはややバラけた印象を受けました。

0420-5.jpg

0420-6.jpg
処女飛翔直後。寒さで動きにくそう。

0420-7.jpg

0420-8.jpg

他には何か出ていないか、と探してみましたが、残念ながらフタスジのみ。空が再び曇り始めたとはいえ、他の種を見れなかったのは少々残念でした。

0420-9.jpg

仕事の時間が迫ってきた為、この日は13時前に早々と切り上げました。


友人の車に戻ってから、友人が件のサラサヤゴを見せてくれました。

0420-10.jpg

うーん・・・変なフォルム・・・。(゜∀゜;) (苦笑)特に腹部の側棘はギザギザしており、一体何のためにあるのか判りません。

(ヤゴにしては)長い触角は、地中に潜った時に役立つのでしょうか?なんにせよ、こんな変な(失礼!)フォルムから、どうやったらあんな綺麗なトンボが出てくるのか・・・生命の不思議です。



~4月22日(月)~



この日は朝一から揖保川へアマゴ釣りに行きましたが、どの場所にも先客がいた為か、リリースサイズが4匹釣れただけ。午後からは予定を変更し、トンボを求めて定点を回ってみる事にしました。

ちなみに一週前にもアマゴ釣りに来ていますが、掛けバラシ7発(良型イワナ2匹含む)、釣果は17,5cmが1匹だけと散々な釣果だったので、更新していませんでした。(苦笑)

アマゴ釣りの記事は大漁だった日に纏めて更新しようと思います。(^^;)


たつの市の定点に着いたのは13時半。まずは友人に教わった場所&捜索方法で、サラサヤゴを探してみますが・・・やはりそう簡単には出てきてくれません。

友人曰く1頭はリリースしたそうなので、最低でもその個体は見つかるはずと思い40分かけて探したものの、結局見つからず。やはり探し方の問題なんでしょうね。

仕方なく諦め、周囲を散策すると・・・

0422-1.jpg

1頭のサナエが登場!かなり成熟度合いが進んでいます。胸部を確認するため回り込もうとしたのですが、

0422-2.jpg

横から登場した今年初確認のシオヤトンボ♂に追い払われてしまいました。というかこのシオヤ・・・既に成熟していますね。(苦笑)

先程追い払われたのはフォルム的におそらくタベサナエ。ならばきちんと撮影して確認すべく、周囲を探すと・・・

0422-3.jpg

今度は未成熟なサナエが登場!が、近付こうとしたところで樹上に飛び上がってしまいました。こちらはおそらくフタスジサナエと思われます。とはいえピンボケ&背面では判断しかねますね。(´∀`;)

この後は池の縁でホソミオツネントンボを1頭確認(風に乗ってすぐに高飛び)した他、水辺から飛び上がるクロイトトンボも確認。

これにてこの場所を切り上げ、先日友人と多数のタベサナエを確認した池に行ってみました。


到着早々、あちこちから飛び上がる未熟なサナエ達。が、皆近づく前に樹上に飛び上がってしまいます。それでも粘って、

0422-4.jpg

なんとかフタスジサナエである事が確認できる写真を撮影出来ました。どうやら各地で順調に発生しているようですね。

池の奥を流れる川の方にはダビドが棲息している為、こちらはどうかと見に行くと・・・目の前に降り立ったのは、

0422-5.jpg

まさかのアサヒナカワトンボでした!しかも複眼の様子から、羽化からはかなり日数が経過しています。というか、既に水辺で活動している事にかなり驚きました。


ここでの成果に満足し、最後のポイントへ。友人曰くクロギンが既に出始めているという池へ行ってみることにしました。

池の周囲を歩き始めたところ、

0422-6.jpg

すぐにシオヤトンボを多数発見!これは期待出来る、と奥へ歩みを進めてみると・・・

0422-7.jpg

0422-8.jpg
これぞシオヤベンチ。(違)


うじゃうじゃいました。((((゜∀゜;)


ここ数日で一気に羽化したのでしょう、

0422-9.jpg
輻射熱を得るための格好。まるで洗濯物・・・。

0422-10.jpg
おそらく約20頭は写っているはず。(笑)

周囲はシオヤだらけ。いくら普通種でも、この時期に多数が乱舞する姿を見るとテンションが上がります!!(^^)

一頻りシオヤと遊んだ後、池を覗いてみると・・・

0422-11.jpg

ありました、クロギンことクロスジギンヤンマの羽化殻です!既に多数発生しているようで、池の周囲で21個の羽化殻を発見しました。GWが楽しみです。(^^)

釣りと違って良い成果が出て満足出来た為(笑)、そろそろ帰ろうかとしたその時、僕の目に飛び込んできたのは・・・

0422-12.jpg


クロスジギンヤンマキターーー!!!(゜∀゜)


時刻は夕方の16時過ぎにも関わらず、クロギンが羽化しているではないですか!しかも、

0422-13.jpg

すぐ傍でもう1頭発見!こちらは♀のようです。多産地とはいえ、夕方に羽化を目撃出来るとは思っていませんでした。

0422-14.jpg
この個体、羽化直後にして既に複眼に青みが。

が、既にほぼ羽化している♂個体を強風が襲い、足場にしている羽化殻が外れてグラグラに!慌てて成虫を指に移動させた後、すぐ傍の木に静止させてやります。

0422-15.jpg

やはりヤンマは最高ですね・・・ようやくトンボの時期が来たのだと実感できます。(´∀`)

0422-16.jpg
なんとも愛嬌のある顔。

大満足の観察となり、終了しようと車に引き返す最中・・・

0422-17.jpg

こんなぶら下がり状態の羽化殻も発見しました。何もこんな場所で羽化しなくてもねぇ・・・。(´∀`;)気になったためにこの周囲も羽化殻を捜してみると、どういう訳か水辺から離れた場所で7つ見つけました。

この日見つけた羽化殻の合計数は28個となり、既に多数が羽化している事が判りました。今度こそ本当に終了です。(苦笑)


この日(22日)確認したトンボは、アサヒナカワトンボ(透明翅♂)、ホソミオツネントンボ、クロイトトンボ、フタスジサナエ、タベサナエ、シオヤトンボ、クロスジギンヤンマの計7種。

昨年のことを考えると、この時期にこの観察数はかなり良い状態だと思われます。(^^)


さて、この記事を書いている時点(4月24日深夜)で、既にもう1回分の観察記事ストック(4月22日分)があります。(苦笑)それは友人のサポートの元確認できた、姫路市産ムカシトンボの羽化!!(゜∀゜)


そして幸せを呼ぶ青いゲスト(トンボではありません)も登場したこの記事は、写真数がかなり多めになる予定です(まさかの連続写真もあります!)。近々更新予定ですので、もうしばしお待ちください。(^^;)

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。