ムカシトンボの羽化観察~青いゲストも登場~

友人から「(姫路市のポイントで)ムカシトンボの羽化始まったよ~」の連絡を受けたのが木曜日。そして土曜日の捜索時、是非観に行きたい!と話した所、仕事後そのまま同行してくれるという事に。(笑)

という事で、昼過ぎまでの短時間ではありますが、ムカシトンボを求めて姫路市のポイントに行って見る事になりました。(^^)


現地に到着後川(の中?)に降り(入り?)、羽化個体や羽化殻を探して行きます。川の流れを意識しながら丹念に見て行きますが・・・中々見つかりません。

僕が先に見つけられるように、という事で僕が選考していたのですが、僕が通り過ぎた場所を見ていた友人が「羽化中おった・・・かな?」の一言。


んなアホな!??(゜∀゜;)


と思いつつ戻ってみると・・・

0423-1.jpg

川からかなり離れた場所にある木の幹に、確かにムカシトンボが・・・。感動して写真を撮りつつ、何か違和感を感じた僕ら。

そう、この個体は羽化不全だったのです。(´д`;)どうやら殻から出てきた直後に何らかの原因(今回は低温と考察)によって殻から出られなくなってしまい、そのまま体が出来上がってしまって死んでしまうと言うものです。

ここまで来るのに6~8年ほど掛かっているはずなのに・・・自然は厳しいですね。(泣)無言で土に埋めてやっている友人が印象に残りました。


幸先悪いなぁ・・・と話しつつ、しばらくすると・・・僕が通り過ぎた所を見ていた友人がまた「羽化殻あった!」の一言。

またやってしまったか!と思いながら戻ってみると・・・

0423-2.jpg

ありました、ムカシトンボの羽化殻。川から離れていたため、僕はスルーしてしまっていたのです。何のために目を皿のようにして探しているのか・・・。(泣)

羽化殻を回収しつつ(僕が忘れる事を見越して友人が持ってきてくれたタッパを頂いて収納・・・苦笑)、また探し始めて数分が経過した頃。またしても友人が「あったで。」の一言。

今日はこんなのばっかりか!(泣)と気落ちしながら向かうと・・・

0423-3.jpg

川から離れた倒木の下に付いていました。

0423-4.jpg

赤丸の位置に羽化殻があるのですが・・・こればっかりは見逃しても仕方ないと思えるレベルでした。(苦笑)何故友人はこんなところにある羽化殻を見つけられるのか・・・。(゜∀゜;)

0423-5.jpg
ムカシトンボ環境。


ここからさらに沢登りを続け、どんどんと上流へ。そしてまたしても、川から離れた場所にあった石の裏を覗き込んでいた友人が、嬉しそうに手招き。何かなと思って行ってみると・・・

0423-6.jpg


定位個体キターーー!!!(゜∀゜)


羽化殻かと思いきや、なんと定位個体(=これから羽化を始める個体)ではありませんか!!こんな貴重なチャンスを逃すわけにはいきません。早速ヤマビルが這う地面に体を倒し(笑)、カメラのアングルを探ります。

0423-7.jpg
これから羽化が始まる!!

が、アングルを探しているうちに・・・

0423-8.jpg

早くも背中が裂開!!急いでカメラを石で固定し、連続写真撮影を開始します。

0423-9.jpg
標準レンズを35ミリまでズームし、デュフューザーを取り付けてストロボON。

ようやくまともに構えられたので、ここからは連続で羽化写真(ノートリミング)を掲載したいと思います。(^^)ただ捜索時間の関係から、制止期から起き上がって腹部を抜くまで、と決めての撮影です。

0423-10.jpg
0423-11.jpg
0423-12.jpg
0423-13.jpg
0423-14.jpg
0423-15.jpg
0423-16.jpg
0423-17.jpg
0423-18.jpg

制止期がかなり長く、40分ほど。ムカシトンボの羽化観察は初めてなので、これが長いのか短いのかは判断が付きません。途中痺れを切らして何度か移動しそうになりましたが(苦笑)、

0423-19.jpg
0423-20.jpg

ようやく起き上がりました!が、腹部を抜くのにかなり手こずっている印象です。

0423-21.jpg
0423-22.jpg
0423-23.jpg
0423-24.jpg
0423-25.jpg
0423-26.jpg
0423-27.jpg
0423-28.jpg

4分近くかかってようやく腹部を抜き終わりました。

0423-29.jpg
この場所を離れる前に撮影。

腹部を抜くのに随分時間がかかっていた為、予定より長く居座ってしまいました。(^^;)それでも貴重なシーンを観察することが出来たので良しとします。


この場所を離れたところで、

0423-30.jpg

ちょっと変わった野草を発見。友人曰くサツマイナモリというそうです。そして、

0423-31.jpg

さらに変わった花を発見。何気なく撮影したこの花は、調べたところによるとオチフジというようです。貴重かもしれないねーと話していたのですが、なんと兵庫Aランクの超・貴重種でした。写真は撮っておくものですね。(苦笑)

0423-32.jpg
葉の模様も独特。

トンボ捜索に戻ると、友人の独壇場は続きます。

0423-33.jpg

またしても僕がスルーした場所で羽化中個体を発見する友人!!やはり目の付けどころが違います。

0423-34.jpg
羽化中の♀と、次の個体を探す友人。

ちなみにどんな所にいたのかと言うと・・・

0423-35.jpg

こんな感じです。写真の左の方に写っているのがお分かりいただけますでしょうか?(^^;)川からは7~8m程離れているのですが、こういった場所で羽化するんですね。

そして・・・

0423-36.jpg

今度は道を引き返す途中、先程は通っていない倒木をまたいだ瞬間、♂個体を発見する友人!思わず「絶好調(笑)」。全くもってどんな目をしているのか・・・。(苦笑)

0423-37.jpg
斜めの角度が丁度良かったよう。


一気に羽化を観察した個体がいた場所まで戻ってきたので、確認してみると・・・

0423-38.jpg

もうしっかりと翅が伸びていました。どうやら腹部を抜いた後は順調だったようですね。(^^)


成果が出た事に満足しながら山を降りていくと・・・友人が「オオルリ!!」の一言。羽化観察をしていた最中は見逃してしまった僕ですが、

0423-39.jpg

今度は割と近い場所に止まってくれました!!しかもこの子はサービス精神旺盛(?)で、僕らの周りであちこちに止まってくれます。

0423-40.jpg

か、かわええ・・・。(゜д゜)マルタン♂と同じような紺色をしたこの子は、日本三大鳴鳥に数えられるほどの美声の持ち主。そしてこの見た目!!

普段は高山の木々の先端に制止するらしく、バズーカクラスの望遠レンズが無いと撮影出来ないそうですが・・・

0423-41.jpg

0423-42.jpg

この日は僕が所有する300ミリレンズでもこんな感じ。運が良かったようです。(^^)地味な色の♀が近くにいたようで、あちこち場所を変えながら囀るこの子。ソロリソロリと追いかけては撮影していきます。

0423-43.jpg
日陰に入ると急に地味な色に。これも保護色?

0423-44.jpg

0423-45.jpg
キリッ!

0423-46.jpg

十分に撮影を堪能したところで、山頂に向けて飛んで行きました。また撮影しに来たいものです。(´∀`)


オオルリが去った後、先程はスルーした場所を下山しつつ見ていく僕と友人。また僕が先行していたにもかかわらず、

0423-47.jpg

友人が前日羽化したと思われる個体を発見!!もう随分体色が出ています!!そして左横には羽化殻・・・?

0423-48.jpg

角度を変えて成虫を撮影・・・したのはいいのですが、ここで写真左に写っている羽化殻(?)に違和感を感じた僕。

0423-49.jpg

もう一枚撮影したところで、違和感はピークに。近づいてよく見てみると・・・

0423-50.jpg


中身、入ってました。(((゜∀゜;)


なんとまさかの定位個体だったようです!!成虫を見つけた友人も、これには思わず苦笑い。羽化殻だと思って油断したそうです。そりゃさすがにねぇ・・・。(´∀`;)

結果的に先程撮影した写真は、「前日羽化した個体」と「これから羽化する個体」が同時に写った貴重な写真となりました。(苦笑)

そしてさらに友人が発見したのは・・・

0423-51.jpg


・・・え~っと、一応ミルンヤンマの羽化殻だそうです。(笑)昨年羽化した個体の物のようですが、どうすればこんな引っ掛かり方をするのか・・・完全に謎です。


非常に満足のいく成果となったため、この日はこれにて終了となりました。


友人のサポートにより、無事ムカシトンボの羽化写真を撮影する事に成功しました!!(^▽^)写真枚数は51枚の大ボリュームになってしまい、更新するために3回に分けて記事を書く羽目になったのは蛇足です。(苦笑)

もうすぐすれば成虫が飛びまわる時期がやってくるので、今度は飛翔写真を撮りたいと思います!!(゜Д゜♯)ノ

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事