初の徳島遠征Withたまきちさん~なんとか目的達成?~

徳島に行ってきました!!(゜∀゜)


人生初となる徳島での捜索は中々に内容が濃いものとなりましたので、その模様を書いていこうと思います。


朝・・・というか夜中の2時。たまきちさんが家の前まで迎えに来てくれ、いざ出発!・・・したのはいいのですが、明石海峡大橋を渡り淡路から鳴門に入る辺りで、急に


僕のお腹がうずしお状態に。(((゜∀゜;)


仕方なく高速を降りた後、二度もコンビニに寄ってもらう事になってしまいました。たまきちさん、すみませんでした・・・。そしてお食事中の方、すみません。(苦笑)

夜中1時半に朝食として素麺なんか食べるからこんな事になるんですね・・・慣れない事はするもんじゃないです。(´д`;)


なにはともあれ、5時半頃にポイント周辺に到着。既に空は明るくなってきていますが、まずはミナミヤンマの羽化直後個体がいないか、ネットで調べ友人に確証を貰った某ポイントに入ってみます。

が、どういう訳かここは空振り。この場は一先ず諦め、成虫が活動する時間帯に再訪する事に。周辺にはポイントが多数あるようなので、たまきちさんの過去の記録&記憶を頼りに、車を走らせてみる事にしました。

しばらくして、雰囲気のいい沢の入り口を発見!早速羽化個体&羽化殻を探して入ってみると・・・

徳島0608-1

いきなりミナミヤンマの羽化殻を発見!ちなみに見つけてからしばらくは、小ぶりなオニヤンマだと思っていました。(苦笑)

※友人にミナミヤンマの羽化殻をもらっていたのですが、その殻よりも大きかったせいです。後で友人に「渡したやつは最小サイズ」と聞き、家に帰ってから納得しました。


この沢では合計7つの羽化殻を発見、まずまずの成果です。そして沢から出た時、たまきちさんが上空(およそ30m)を舞うミナミヤンマを発見!すぐに姿を消してしまいましたが、いる事が判り俄然やる気が出てきました。

しかしミナミヤンマを本格的に探すには時間が早すぎます(7時前)。そこで近くにある湿地に行こうとしたところ、

徳島0608-2

車を停めていた場所で、お気に入りの蝶であるアサギマダラを発見!これは嬉しい!!(゜∀゜)そして、

徳島0608-3


野生の猿も発見。((((゜Д゜;)


元々猿が多い場所とは聞いていましたが、移動中も多数の猿を目撃しました。なんだかなぁ・・・。(´д`;)


ここから湿地を探してみますが、その道中で谷津田のような湿地のような場所を発見。様子見がてら降りた際に、友人が電話をくれました。そして様々な有力情報を聞いている最中、


いきなり目の前を通過するネアカヨシヤンマ♂。(゜Д゜;)


そう、兵庫や岡山で伝説レベルであるネアカが出たのです。最早僕はパニック状態。(笑)電話しているにも関わらず


ネ゙ア゙ガァアアア!!(゜Д゜#)


と絶叫してしまいました。いつもながらうるさくてすまん・・・。(苦笑)

ひとまず網を持った状態で湿地へと入る僕とたまきちさん。友人からはさらに情報を教えてもらいたかったので、僕の希望で電話を続けていると・・・たまきちさんの後方5mほどを通過するネアカ

これはいかん、という事で電話を切ってくれる友人。いつもながら本当にすまん・・・。(苦笑)

そして臨戦態勢になった僕を嘲笑うかのように、かなり離れた場所(高さはまさかの約2m)を飛ぶネアカ!湿地のぬかるみの中では走る事もままならず、結局捕獲は叶いませんでした。

ネアカ♂を捕獲した事がないというたまきちさんも悔しそう。これはいつかリベンジせねばなりません!(゜Д゜#)

徳島0608-4
湿地にやってきたヤマサナエ♂。当然だが、本州の個体と何も変わらない。(苦笑)

徳島0608-5
ネアカが飛び回った湿地の様子。兵庫の産地と少し雰囲気が似ている。

ネアカを求めて走り回った後、友人が気遣いのメールをくれていた事に気付きました。いや、本当にすまん&ありがとう。(´д`;)


この場所を後にし、目的の方の湿地周辺へ。が、この湿地は降りやすい場所がなく、腰を痛めている僕らにはかなりきつい場所でした。

仕方なくミナミヤンマのポイントまで引き返す為に入った空き地で、事件は起きます。捜索スケジュールを相談する事に夢中になりすぎ、


20cm程の段差から車が落下。(゜Д゜)


そして動かなくなってしまったのです。頭が真っ白になる僕とたまきちさん。そもそも何故空き地のど真ん中に、こんな大きな段差があったのか・・・。ひとまずなんとか動かせないか試してみますが、ピクリとすら動きません。

が、ここからは地元住民の方々の優しさに救われました。ジャッキを貸していただいたり、高さを稼ぐための木の板を多数調達していただいたり、一緒に押していただいたり(僕は腰をガッツリ痛めてしまったりもしました・・・泣)。

結果、2時間かかって車は無事に生還!皆さんから拍手を頂き、嬉しさのあまり思わず絶叫。涙が出るかと思いました・・・。

お世話になった徳島の皆さん、本当にありがとうございました。(´д`。)


時刻は既に10時を過ぎ、かなり際どい時刻。急いでミナミヤンマを目撃した場所へ向かうと、

徳島0608-6

徳島0608-7

いました、ミナミヤンマ♀です。早朝よりも低くなっているとはいえ、それでも15mほどの高さを飛んでいます。

徳島0608-8

徳島0608-9

徳島0608-10

そしてこの個体、しばらく摂食した後、一度7mほどの高さまで降りてきたのです!網が届くかも・・・と期待したのですが、そのまま旋回して山の中へ消えていきました。

友人から聞いていた通りだったので、これには思わず苦笑いです。

徳島0608-11

しかし、周りには初見種であるトラフシジミ(たまきちさん一発同定!)や、

徳島0608-12
ボロボロのモンキアゲハ。

徳島0608-16
沢から出たときに確認。

ジャコウアゲハ♀等、普段あまり目にする機会がない蝶もみられるので、退屈することはありません。

しかし僕らが見たいのはミナミヤンマ。どの場所だと確率が高いかを考えた結果、最初に訪れた場所の道路上が怪しいと睨み、移動する事に。

が、その前に沢の方が気になったので、何気なく入ってみると・・・

徳島0608-13


シコクトゲオトンボキターーー!!!(゜∀゜)


四国でしか見られないシコクトゲオトンボ、あっさりと発見できました!!

徳島0608-14

徳島0608-15
顔。

最初に訪れた場所が多産地だと友人から教わっていたため、この沢にはあまり期待せずに入りましたが・・・あっさりと発見出来、少々拍子抜けです。


とりあえずシコクトゲオを見れた、という事で、最初の観察ポイントへ。

徳島0608-17
最近よく目にする輪っか状の虹。この日は特に鮮やかだった。コンデジで撮影。

陽もしっかりと登っており、果たして見られるのか?と不安に感じていましたが、頭上8m程の所を飛ぶミナミヤンマ(♂2、♀1)を発見した為、これならなんとかなるかもという期待が灯ります(すぐにいなくなってしまいましたが・・・)。

そして道路上でたまきちさんと二手に別れ、網を構えて待つことしばし。なんとミナミヤンマ♂が、肩口くらいの高さを飛びながらこちらに向かってくるではありませんか!!

が、ここから、


空振り、(゜Д゜;)


空振り、(;゜Д゜)



空振り。(゜Д゜)


ゆっくり飛んでいるのかと思いきや、なんと目の前でカクンと直角に曲がるのです!!しかも目の前に来た瞬間からギアを上げ、スピードもかなり速いのです!!こんな動きをするトンボは本州では見た事がありません!!

通り過ぎてしまった後全速力で追いかけましたが、僕よりも少しだけ速いんですよね・・・腰を痛めているとあっては、マトモに網を振る事も叶いません。万全の状態でもかなり高難易度なのは容易に想像がつきます。(泣)

そもそも初見種は緊張のあまり力んでしまいますし、捕れる要素がこれっぽっちも見当たりません・・・。(苦笑)


たまきちさんも、お仕事の後殆ど寝ずにやって来ている上、先ほどの事件。さらに腰を痛めている、というトリプルパンチ状態で、網さばきにいつものキレがありません。

それでも時折やってくるミナミヤンマを追いかける僕らですが、中々捕獲出来ず。昼には終了しないといけない為、焦りばかりが募ります。


飛来に少し間が空いたタイミングで、シコクトゲオが多産するという沢に入ってみる事に。すると・・・。

徳島0608-18

徳島0608-19

徳島0608-20

あちこちから飛び立つシコクトゲオトンボ♂達!!噂に違わぬ個体数の多さに、驚きを隠せません。まさに普通種レベルです。

そしてシコクトゲオと共にアサヒナカワトンボ透明翅も多数発見したのですが、

徳島0608-21

皆一様に、白粉が腹部途中で途切れて腹端にまた白粉、という形になっていたのです。これはこの地域特有のものなのでしょうか・・・?


シコクトゲオの観察兼日陰での休憩を終え、再びミナミヤンマが来る場所で待つ事しばし。坂の下の方から、またミナミ♂が登ってきました!!時間的にもこれが最後のチャンス、と気合を入れなおしたところで、坂の下から車が登場。

そして、ミナミ♂を蹴散らすように走り去るKYな車。ウザイ、ウザすぎます・・・。(´Д`;)とは言ってもここは公道なので、僕らの行動の方がイレギュラーなんですよね。(苦笑)


くるっと姿を翻したミナミ♂を追いかけて、下り坂を駆け下りる僕。その目線の先には、網を構えて臨戦態勢のたまきちさんが!!

僕が外したとしても大丈夫かもしれない、と思いつつも、網をフルスイング!!ここからは景色がスローモーションのように見えましたが


腹部の先を僕のネット(布の部分)が直撃し、(゜Д゜;)


驚いたミナミヤンマ♂が、飛び上がろうと上空へ。


たまきちさん、すかさず網をフルスイング!!が、


空振りした網から風圧が発生、クルクルと回るミナミヤンマ、


何故かそのまま


地面に落下。(((゜∀゜;) (笑)


慌てて網を被せる僕とたまきちさん。そして、


徳島0608-22
たまきちさん、撮影協力感謝します!!


ミ・ナ・ミ・ヤ・ン・マ・キターーーーー!!!!!(゜∀゜) (違)


決して巧い捕獲とは言えませんでしたが(笑)、それでもミナミヤンマがこの手に存在する事には変わりありません!!(゜Д゜♯)

徳島0608-23
ミナミヤンマ♂の顔。

オニヤンマにやや近い種ではありますが、複眼の緑色はオニとは全くの別物でした。

徳島0608-24

カラーリングといいフォルムといい、トンボ界No.1のイケメンかもしれません。(^^)

徳島0608-25
震える手を押さえつけて撮影した背面写真。


極度の緊張状態から開放され、思わず2人揃って地面にへたり込んでしまいました・・・ここまで長かった・・・。(´∀`。)

徳島0608-26
突如登場したコヤマトンボ。ミナミと比べると、捕獲は超が付くほど簡単だった。

徳島0608-27
この日やたらと目立っていたモンキアゲハ。携帯で撮影。

ミナミヤンマのシーズンは本来、5月中~下旬から羽化スタート→6月中~下旬、梅雨の合間に未熟個体が摂食飛翔(時に群飛)→7月頃から繁殖シーズン→8月頭に没姿、と記憶していますが、この日見た個体は(上空にいた個体を除いて)皆一様に成熟していたように思います。

沢の上を飛んでいたのは明らかに探雌でしょうし、捕獲した♂個体もガッツリ成熟していました。この日はまだ6月上旬だったので、時期的には少し早いとばかり思っていましたが、今年のミナミヤンマは少し時期が早まっているのかもしれません。(^^;)

なんとか目的のミナミヤンマを見る事が出来たので、13時前に終了となりました。

徳島0608-28
家に帰ってから羽化殻を並べてみた。下段右端が友人に貰ったもの(最小サイズだそう)。

今回発見した羽化殻ですが、整形せず反った状態でこの大きさです。友人が整形後プレゼントしてくれたものと比べてみると、結構サイズにばらつきがあるような印象ですね。

なんにせよ貴重な資料となりそうなので、大切に保管したいと思います。(^^)


この日確認したトンボは、アサヒナカワトンボ・シコクトゲオトンボ・シオカラトンボ・シオヤトンボ・ハラビロトンボ・ヤマサナエ・ミナミヤンマ・ネアカヨシヤンマ・コヤマトンボの計9種類。


たまきちさん、お疲れ様でした&ありがとうございました!!m(_ _)m 次回はマルタン捜索でご一緒しましょう!!(゜∀゜)



さて、早くも「徳島を再訪したい」という欲求が溜まってきている今日この頃です。


近いうちに絶対リベンジに行きます!!待ってろよネアカ&ミナミヤンマ!!(゜Д゜♯)ノ

コメント

先日はお疲れ様でした!

いや~本当に色々ありすぎて疲れましたね・(笑
翌日からジャッキを回しまくったせいで筋肉痛になり
ました・(笑)しかし色々な刺激もあり、楽しい捜査でした^^ 

徳島リベンジの際は僕の分も無念を晴らしてきて
下さい!その他、是非現地で確認して頂きたい件等も
ありますのでまたメールしますね^^

ミナミヤンマって徳島にいるんですね。
てっきり沖縄の方にかいないって思ってました。
岩手に住んでる自分には遠い存在ですね…。
やっぱしオニヤンマに似てますね。
少し小降りにした感じですかね。

>たまきちさん

先日はお疲れ様でした。(^^)

>ジャッキを回しまくったせいで筋肉痛になり

実は僕も、あれから腰の痛みが徐々にヒドくなりまして・・・。特に昨日の仕事は痛みで地獄でした。(苦笑)やはり時間が経ってからくるもんなんですね・・・月曜までに落ち着くか心配です(県北遠征予定なので)(苦笑)。

捜査自体は非常に楽しかったので良かったですよね。やはり近畿では見られない景色を見るとテンションが上がります。

>徳島リベンジ

Xデーは7月1日に決まりました!!我が親友も休みが取れたそうなので、二人でガッツリ捜索してきます!!
メールもお待ちしていますね。(^^)

>PADDLEさん

> ミナミヤンマって徳島にいるんですね。

一応、今現在は徳島が北限とされています。飛び方を見ると判るんですが、どうも彼らには「棲息域を広げよう」というアグレッシブな感じが全く無いんですよね・・・。(苦笑)淡路島にも似たような環境があるそうなので、いつかは淡路島でも見られるといいのですが・・・。

> やっぱしオニヤンマに似てますね。

生で見ると、オニヤンマっぽい、という程度で、実際には全く違いましたよ!!顔はオニヤンマに似ている感じですが、もっとスマートでカッコいいというか・・・オニはゴツすぎるというか・・・(笑)。
腹部の黒も相まって、オニをトラックとするならばミナミはレーシングカーのようなカッコ良さがありました。(^^)是非生で見ていただきたい!!

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事