「北海道旅行」と言う名の遠征~2日目/エゾ属&蝶祭り~(改)

今回は北海道旅行2日目の捜索の様子を書こうと思います。

ただ、いかんせん北海道で撮影した写真が多すぎる為、出来る限り文章は省略して写真メインで書こうと思います。(^^;)

でないといつまで経っても記事更新が出来ませんしね・・・。(苦笑)


宿泊先で美味しい朝食を食べた後車をとばし、前日と同じ場所(広瀬先生に教えて頂いたポイントです)に到着したのは朝の9時半。10時過ぎに雨が止んだので車から降り、気温21度の中捜索開始です!!


まずは前日、キバネモリトンボ♂を捕獲した場所へ行ってみると・・・

1,キバネモリ♀捕獲個体

キバネモリトンボ♀が飛来!!一発でネットに収まりました。(^^)

2,キバネモリ♀やらせ
雨も止んだのでデジ一持参!!やらせ写真。

この後♂のキバネモリも捕獲しつつ、周囲をウロウロ。すると、

3,フタスジチョウ

兵庫県では見られない北方種、フタスジチョウが登場!!流石北海道ですね。そして池の傍では、

4,コキマダラセセリ♀

こちらも兵庫県では見られない北方種、コキマダラセセリの♀に、

5,コキマダラセセリ♂

♂個体も。コキマダラセセリはかなりの個体数が確認できました。

6,クロヒカゲ

こちらは兵庫でも見られるクロヒカゲ。あちこちで見られます。そして、

7,アカマダラ夏型

最初はサカハチチョウかと思ってスルーしていたこの蝶。なんか雰囲気が違うな~と思って1枚だけ撮影しておいたのですが、その正体は北海道限定のアカマダラ(夏型♂)でした。やはり遠征先では色々と撮影しておくものですね。(^^;)

8,エゾスジグロシロチョウ夏型♀

こちらも同じく北海道限定種、エゾスジグロシロチョウ夏型の♀に、

9,エゾスジグロシロチョウ夏型♂

夏型の♂です。明らかに「北方種」っぽい香りがするので撮影していたのですが、危うくスルーするところでした。無知とは恐ろしいものです・・・。(苦笑)


チョウを撮影している合間もエゾトンボと戯れていたのですが、そうこうしている内に徐々に空も明るくなってきました。

そこで、池の畔でトンボを探してみると・・・

10,キタイト♂1

北海道限定種、キタイトトンボ♂が登場です!!前日は雨の為デジ一で撮影出来なかったので、ここぞとばかりに撮影しようとしたのですが・・・

11,キタイト♂2

この1カットを撮影した後、何処かに消えて行ってしまいました。いかんせん小さいんですよね・・・足場も最悪でしたし・・・。(泣)

とりあえずキタイトが見れたので、お次は・・・とウロウロすると、

12,,エゾイト♂1

狙い通りエゾイトトンボを発見!!が、この個体は凄く敏感で、少し近づいただけで池の中央へと飛んで行ってしまいました・・・。


→広瀬先生から、この個体はルリイトトンボである事を教えていただきました!!やっぱり北海道のイトトンボは難しい・・・。(^^;)


この辺りで友人に経過報告連絡をした後、一度池を離れます。エゾキバネモリ以外のエゾトンボ属を探す為、池の周囲の林や草むらを捜索してみました。

まず最初に登場したのは・・・

13,コエゾゼミ♂

・・・コエゾゼミなんですが、やたらウルサイなぁと思ったら足元の草に制止していました。なんだかなぁ・・・。(^^;)

そして腰の高さくらいある笹藪に分け入って入って見たところ、明らかに小さなエゾ属が上空を飛び回っていたのです!!そのうちの1頭が落下するように飛来し、かなり離れた笹に制止!!

これはもしや・・・とレンズを向けると、

14,コエゾ♀制止

これは間違いなくコエゾトンボ♀ではありませんか!!まぁこんなズボラな止まり方をするエゾ属なんてそうそういません。(笑)チャンスをものにすべく、笹藪の中を無理やり分け入っていき、網をスイング!!

15,コエゾ♀捕獲個体


コエゾトンボキターーー!!!!!(゜∀゜)


北海道限定のエゾトンボ属であるコエゾトンボ、見事捕獲です!!(^^)

16,コエゾ♀複眼

他のエゾ属と比べると、複眼はやや水色が強い印象です。とても綺麗ですね。

17,コエゾ♀背面
背面。ややずんぐり??

18,コエゾ♀やらせ
恒例のやらせ写真。この後数点撮影した所で飛び去ってしまった。

目的の1種だったコエゾを撮影出来た為、意気揚々と笹藪から出てきた所で、

19,飛翔ルリボシ

草むらのはるか上空を飛ぶルリボシヤンマを発見!流石北海道です。この後近くに来た個体を確認の為に1頭捕獲しましたが、やはりルリボシでした。イイジマはいずこ・・・。

そうこうしていると、今度は草むらの間へ飛びこんでは、勢いよく飛び出すという行動を繰り返しているエゾ属を発見!!この動きはもしや!と思い、網をスイング!!

20,コエゾ♂捕獲個体


コエゾトンボ♂キターーー!!!(゜∀゜)


♀に続いて♂も捕獲、コエゾトンボです!!(^^)その大きさは明らかに他のエゾ属より小さく、

21,コエゾ♂背面
小さい・・・。

背面から見るとこんな感じでした。尾部付属器も出っ張りが二か所あって特徴的です。

22,コエゾ♂複眼
やたらと緑味が強い複眼。

23,コエゾ♂
恒例のやらせ写真。

24,コエゾ♂やらせ1
真横から。♀と違ってスタイリッシュ?

捕獲した後草むらを見ていると、あちこちで同じような飛び方をしたエゾ属が見受けられました。確認の為に捕獲した所コエゾだったので、やはりこの「湿地の草むらを縫うように(飛びこんでは飛び出てくるように)飛ぶ個体」はコエゾトンボとみて間違いなさそうです。

明らかに飛び方が違うので(というかかなり小さいので)、見間違えする心配は無さそうですね。

25,コエゾがいた場所

こちらがコエゾが出たり入ったりしていた草むら(というか笹藪)です。この場所は草丈が腰くらいあるので、捜索はかなりしんどかったです。(^^;)

ちなみに足場も悪くグズグズで、僕の周りには常に大きなアブが6~7頭たかっている状態でした。我ながらよくやるなぁ・・・。(苦笑)

26,コエゾ♂の尾部付属器
特徴的なコエゾトンボ♂の尾部付属器。

コエゾを複数頭確認できたので、この場所を離れます。晴れ間も見え始めた為、池の様子を見に行くと・・・

27,北海道のミヤマカラス

道端でミヤマカラスアゲハが吸水していました。ただ兵庫の個体より明らかに青みが強く、その美しさは秀逸です。

池の近くまで行くと、

28,エゾイト♂2

植物の上でエゾイトトンボ♂が休んでいました。♀も探してみたものの、残念ながら見つからずです。代わりに、

29,オオヒカゲ

池横の木に制止するオオヒカゲを発見!!こちらも兵庫県では見られない北方種なので、地味にテンションが上がります!!

30,多分エゾ♂
木のすぐ横では当たり前のようにエゾトンボ♂がホバリング中。

31,多分エゾ♂2
上写真と同じ個体。飛び回る範囲はかなり広かった。


この時点でかなり満足していたのですが、それでもまだ捜索を続けます。池の奥の方はどうなっているのか、と、ウェーダーで太ももまで泥に埋まりながら奥へと進むと・・・

32,北海道のオオルリ♂

オオルリボシヤンマ♂が複数頭登場!!と言っても兵庫で見慣れているので、それほど驚きはありません。(苦笑)それよりもやはり、

33,エゾイト♂3

エゾイトトンボでしょう!!この個体は特に良い色合いをしていて、美しいですね。(^^)

34,エゾイト♂4
別角度から。

そしてこの日一番?マークだったのが、

35,コサナエ♂

このコサナエです。友人に確認した所、北海道では普通に棲息しているサナエのようですね。(苦笑)北海道はサナエが少ないイメージだったので、コサナエの個体数の多さには驚きました。

36,コサナエ連結
こちらは連結。

産卵も目撃したのですが、兵庫県でも見られる種なので今回はスルー。再び池を離れ、さらに周囲をうろうろしてみます。するとまた明らかに飛び方の違うエゾ属がいたので、捕獲してみると・・・

37,おそらくタカネ♀

タカネトンボ♀(多分)でした。見た目や生息域からタカネだと判断したのですが、モリトンボタカネトンボはそっくりなようですね。これもおそらくはタカネトンボ、としか言えないのが辛いところです。(^^;)

38,エゾ属が飛ぶ場所
この草むらではコエゾトンボ、タカネトンボ(♀)、エゾトンボが入り乱れて飛びまわっていた。ルリボシヤンマも多数。


この辺りで時間を確認すると、早くも13時過ぎ。家族と合流する時間が迫って来ていた為、これにて終了・・・しかけたところ、

39,メスグロヒョウモン♀

車の横で素晴らしい色のメスグロヒョウモン♀を発見!!♀を見るのは初めてだったので、あまりの美しさに驚きました。

数点写真を撮影し、これにて終了です。



さて、トンボポイントでの単独捜索記事はこれにて終了です。

ただこの後、家族と共に訪れた場所でもその他の昆虫(クワガタや蝶等)で随分楽しめたので、次はその内容を更新したいと思います!!(^^)


・・・はやく更新しないと8月捜索の記事が溜まっていく・・・。(´д`;)

※この記事は8月12日更新

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事