スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

はじめまして。ムラサキシタバを8月初旬に目撃されたのですか?早いですね。秋の蛾のイメージがあります!!

>カトカーラ様

カトカーラさん、Myblogへのご訪問&コメントありがとうございます!!(^^)

> ムラサキシタバを8月初旬に

発見は8月頭ですね。友人からも少し早いイメージだ、と言われましたが、そこはやはり北海道だから・・・なのでしょうか?(^^;)夏真っ盛りの8月でも少し涼しい(最高気温27度)でしたし・・・。

専門がトンボなので、あまり蛾は出てこないかもしれませんが(苦笑)、今後もMyBlogをよろしくお願いします!!(^^)

ムラサキシタバは飼育すると7月には成虫になるみたいですが野外では何故か見られるのは一般に八月終わりあたりみたいですね。貴重な写真ですね!!

もしかして昨日ダムでお会いした方ですか? 間違ってたらすいません・・

コメントの投稿

Secret

「北海道旅行」と言う名の遠征~3日目&4日目/蝶多数~

お盆休みを利用し、北海道旅行の内容を更新中の今日この頃(8月13日)。


流石に膨大な写真を整理するのに疲れてきました・・・。(゜∀゜;)(苦笑)


とはいえ記事を書きたいのも事実なので、今回も極力文章を減らし、写真メイン(50枚)で書いていこうと思います(それでも凄い長さになりました)。(^^;)

また、この日訪れた場所は何かのポイントという訳ではなく、家族でぶらっと立ち寄った場所です。ですが産地保護の事を考え、一応場所や経路は伏せておこうと思います。



~~~~~~~~~~



三日目の宿泊先である富良野に向かう最中、母の提案で何気なく立ち寄った森林公園もどきのような場所(駐車場)。そこは中々に衝撃的な場所でした。

1,コエゾゼミ
コエゾゼミらしく逆さに制止。

北海道なのでコエゾゼミがいるのは当然なのでしょうが、

2,コエゾゼミ2

大阪のクマゼミ感覚で見られるのはやはり驚きです。そして、

3,ミドリヒョウモン
ミドリヒョウモン。横にいるのはヨツスジハナカミキリと思われる(友人同定)。

4,ミドリヒョウモン2
ミドリヒョウモンはあちこちで見られる。

藪の中で咲いていた花にはミドリヒョウモンが多数群れていました。

5,コエゾゼミの抜け殻
木にはコエゾゼミのものと思われる羽化殻が多数。

蝶を撮影する傍ら、セミの羽化殻の数に驚いていると、

6,コエゾゼミ羽化

親父が羽化中のコエゾゼミを発見!

7,コエゾゼミ羽化2

家族でしばし観察した後(笑)、僕は更なる獲物がいないかうろうろしてみます。

8,コエゾゼミ草に制止
普通に葉っぱの上に制止するコエゾゼミ。

こういう光景を見ると、北海道だなぁ~と実感出来ます。(笑)

9,オオヒカゲ
この日も登場、オオヒカゲ。

この時点で割と「立ち寄ったかいがあったなぁ」と思っていたのですが、この駐車場に生えている木々を見る限り、明らかにクワガタが来そうな感じなのです。そこで着眼点を樹上に向けて・・・

10,ミヤマクワ発見!


いきなりミヤマクワガタ♂キターーー!!!(゜∀゜)



曇り空とはいえ日中、しかも場所は駐車場!!(笑)興奮を押さえつつ、軽く木を蹴飛ばしてみると・・・ボトボト!!という音と共に、ミヤマクワガタ♂が落ちてきました!しかも2頭です!!

・・・コエゾゼミも落ちてきたのは御愛嬌でしょうか。(苦笑)

11,ミヤマクワ♂

立派なアゴを持ったこの個体、

12,ミヤマクワ♂サイズ

間近で見るとかなりのサイズ!!70ミリはあろうかという大物でした。これには家族もビックリ。もう1頭は、

13,ミヤマクワ♂2頭目

兵庫県でも見られるような普通サイズでした。ただ先ほどの個体が大きすぎて、随分小さく見えてしまいます。(苦笑)

まだまだ色んな昆虫が見られるかも、と樹上観察を続けていると・・・

14,エルタテハ

北方種であるエルタテハが登場!!翅を開いた所を撮影出来なかったのが悔やまれます。そして、

15,ミヤマクワ♂3頭目

またミヤマクワガタ♂が登場!!この場所、どうなっているんでしょうか・・・?(^^;)さらに、

16,ノコギリクワガタペア

小歯型とはいえノコギリクワガタの♂と♀です!!この場所はクワガタの宝庫のようです。このすぐ後に、

17,コムラサキ!

コムラサキを発見して「おお!!」となったのですが、この個体が翅を開くよりも先に・・・

18,コムラサキとミヤマクワ♂

またしてもミヤマクワガタ♂を発見!!しかもその後ろには♀らしき影も見える上、樹液にコムラサキが集まっているではありませんか!!もう完全にパニック状態です。(笑)

しかし、ミヤマクワガタよりもコムラサキを綺麗に撮影したいと思い、カメラを構えて待ちます。すると、

19,コムラサキとミヤマクワ♂2

ずっと翅を閉じたまま吸密していたこの個体が、

20,コムラサキとミヤマクワ♂3

ついに翅を開いてくれました!!その色合いは息をのむ程素晴らしく、感激です。(^^)・・・背景にずっとミヤマクワガタ♂が写っているのが地味に凄いところです。(苦笑)


しばらくコムラサキを撮影していると、

21,ミヤマクワ♀

よく見える位置にミヤマクワガタ♀が出てきてくれました!!これ、やらせではないんですよね。流石北海道!!(・・・なのか?)

が、この状況になって、♂は初めて「近くに♀がいた」事に気付いたよう。そそくさと、

22,ミヤマクワ交尾前

♀を捕まえにかかりました。(笑) もっと早く気づくだろう普通・・・。(´∀`;)


この後もこの駐車場をうろうろし、

23,この日最後のミヤマクワ♂(8頭目)
あえてノートリ。こんな感じで棲息している。

合計でミヤマクワガタ♂を8頭、♀を2頭、ノコギリクワガタ♂♀(1頭ずつ)を発見する事が出来ました。何気なく立ち寄った場所の、しかも駐車場でこれほど楽しめるとは・・・衝撃です。

ただこの近くをうろうろしていた何組かのファミリーは、皆頭上のクワガタの存在には気付いていませんでした。特に網を持っていたファミリーは、一体何を探していたのでしょうか・・・少し残念な気持ちになってしまいました。(´~`;)


この場所を満喫した後、一路富良野へ。途中立ち寄った道の駅で食べた「いももち(甘辛ダレ/100円)」と「ジャンボコロッケ(野菜入り/150円)」は絶品でしたし、

24,イトウ

設置されていた水槽に、普通にイトウが泳いでいる辺りは「やっぱり北海道」と言わざるをえません。

25,サカハチチョウ

トイレの壁にくっついていたのはサカハチチョウ夏型♂。兵庫なら北に行かないと見られないのに・・・。(苦笑)


そうこうしながら、夕方前に宿泊先に到着。中庭には多数の花が植えられていた上、林が隣接した割と良い環境です。

これなら目標としていたあの蝶が見られるかも・・・と思うといてもたってもいられなくなり、荷物を置いてすぐに出陣!!休憩中の家族からは「よくやるねぇ~」の声がかかりますが(笑)、早速カメラだけを持って花畑をうろうろしてみます。

すると・・・

26,クジャクチョウ登場!
発見時。ノートリ。



クジャクチョウキターーーーー!!!!!(゜∀゜)



北海道に来るにあたり、最も観察したかったチョウであるクジャクチョウ、遂に登場です!!周囲の植物を傷めないように慎重に分け入って行き、

27,クジャクチョウ裏

どんどん接近します。この地味な翅の裏面を見ると、表面の鮮やかさを想像するのは難しいですね。(^^;)

28,クジャクチョウに接近1

翅を開いてくれ、逃げないでくれと念じつつ、にじり寄って行き・・・

29,クジャクチョウに接近2

素晴らしいカットが撮影出来ました!!

30,クジャクチョウに接近3
画面いっぱいのクジャクチョウ♂。


まさかホテルの中庭で見られるとは思っていなかったので、上がったテンションそのままに撮影していたところ、この個体だけで100枚以上撮影していました。このせいで整理が大変になったんですよね・・・。(苦笑)

31,クジャクチョウに接近4

クジャクチョウ撮影をガッツリ楽しんだ後、その他のチョウに目を向けると・・・

32,オオウラギンスジヒョウモン

あちこちでオオウラギンスジヒョウモンが見られました。ただ既に兵庫県で見ていたので、物珍しさはありません。

33,オオウラギンスジヒョウモン2

が、そんな中、明らかに違うヒョウモン系が飛来。

34,ウラギンスジヒョウモン
♂個体。

撮影して家で確認した所、ウラギンスジヒョウモンでした!!(^^)全国NTに指定されている貴重種で、兵庫にも棲息しているもののまだ撮影した事が無かったので、これは嬉しいところです。

35,ウラギンスジヒョウモン2
こちらは♀個体。

勿論蝶ばかり追いかけていた訳ではなく、

36,ノシメトンボ♂

37,ノシメトンボ♀

トンボも撮影していたのですが・・・この場所はやたらとノシメトンボが多いだけで、それほどトンボは見られなかったんですよね。

38,アキアカネ♂

辛うじてアキアカネが数頭見られた他、ホテルの駐車場にてオオルリボシヤンマ♂を捕獲した程度です。♀もいたので、近くに池があるのかもしれません。

ある程度散策した後、敷地の外れにある林へ。その中で1頭だけ雰囲気の違うトンボがいたので捕獲してみたのですが・・・

39,ヒメリスアカネ♀?

これはヒメリスアカネ♀で合っているのでしょうか?よく見られたノシメトンボ♀と比べると明らかにノシメ斑が薄く、特徴はリスアカネそのもの。ただここは北海道なんですよね・・・。わからん。

40,ノシメトンボ♀(比較用)
こちらは普通のノシメトンボ♀。やはりノシメ斑が濃い。

夕飯の時間も近づいてきたので、3日目の捜索はこれにて終了です。


最終日の朝、宿を出発する前にもう一度中庭に出てみると・・・

41,オオウラギンスジヒョウモン2

当たり前のようにオオウラギンスジヒョウモンが来ていました。そして・・・

42,クジャクチョウ再び!
遠!

またまたいました、クジャクチョウ!!どうもこの場所、クジャクチョウお気に入りの 場所なのかもしれません。

43,クジャクチョウ再び!2

前日は♂1頭でしたが、

44,クジャクチョウ♀

45,クジャクチョウ♀2

この日は♀も登場!!運が良かったのかもしれません。(^^)そして今回失敗だったのが・・・

46,ヒメシジミ

こちら。(おそらく)ヒメシジミ♀です。足元を多数のシジミが飛んでいる事は前日から気付いていたのですが、特に気に留めなかったんです。

が、出発する前に「やっぱり念の為1枚だけ撮っておこう」と撮影したのが、上の1カットです。

家に帰ってから知ったのですが、ヒメシジミは兵庫に棲息していないんですよね・・・ちゃんとしっかり撮影しておけば良かった・・・。(´д`。)

47,エゾオオマルハナバチ

こちらも適当に撮影した1枚、エゾオオマルハナバチです。詳しい事は判らないのですが、ひょっとしたら北方限定種なのでしょうか。(^^;)

48,ハルゼミの仲間?の羽化殻
林の中の木には羽化殻が。エゾハルゼミ辺り?

食事は微妙だったものの、過ごしやすい部屋と中庭で楽しめたこのホテル(笑)を出発し、家族と共に富良野をウロウロ。そして立ち寄った美瑛では、1パック300円の農家直送(直売)絶品サクランボを味わいつつ(笑)、

49,美瑛の空とアキアカネ

アキアカネを多数観察できました。そして、

50,ムラサキシタバ?

こちらはおそらくムラサキシタバではないかと思うのですが、どうでしょうか?富良野ラベンダー畑のお土産屋の壁面に制止していたのですが、撮影していたら周りに白い目で見られたのが痛かった・・・。(苦笑)

→友人の同定により、ムラサキシタバである事が判りました。(^^)頑張ったかいがありました・・・。


さて、4日間を使って撮影した昆虫達の写真は以上になります。確認した種は、


トンボ:15種類

シオカラトンボ・ヨツボシトンボ・ウスバキトンボ・エゾトンボ・タカネトンボ・コサナエ・ルリボシヤンマ・オオルリボシヤンマ・アキアカネ・ノシメトンボ(以上兵庫にも棲息)・エゾイトトンボ・キタイトトンボ・コエゾトンボ・キバネモリトンボ・ヒメリスアカネ(?)


チョウ:20種類

キベリタテハ・エゾシロチョウ(以上撮影出来ず)・ナミアゲハ・ミヤマカラスアゲハ・ヤマキマダラヒカゲ・クロヒカゲ・ジャノメチョウ・サカハチチョウ・コムラサキ・ミドリヒョウモン・メスグロヒョウモン・ウラギスジヒョウモン・オオウラギンスジヒョウモン・コキマダラセセリ・(以上兵庫にも棲息)・アカマダラ・オオヒカゲ・クジャクチョウ・エゾスジグロシロチョウ・エルタテハ・フタスジチョウ


その他:ミヤマクワガタ・ノコギリクワガタ・コエゾゼミ・ムラサキシタバ・スジコガネ(友人同定)等


こんな感じになりました。新しく確認できたトンボの種類数こそ少ないですが、北海道ならではのエゾトンボの群飛や、面白い飛び方をするコエゾトンボ・キバネモリトンボの観察等、非常に充実していたように思います。

特に2日目に目撃した、交尾態のエゾトンボ達が皆一様に同じ方角に飛び去って行く様は壮観でした。(^^)

また、最近観察を始めたチョウも様々な種を見る事が出来、改めて昆虫の魅力を再確認出来た旅行となりました。


最後になりますが、素晴らしいポイントを教えてくださり、また、僕の面倒な質問にも細やかに答えてくださった広瀬先生。


本当にありがとうございます!!m(_ _)m


さて、北海道の記事で残っているのは2つ。富良野&美瑛/旭山動物園と、旭川ラーメンの老舗・青葉(旨かった!)訪問です。


昆虫の写真は出てきませんが(笑)、もう少し北海道記事にお付き合いください。(^^)

コメント

はじめまして。ムラサキシタバを8月初旬に目撃されたのですか?早いですね。秋の蛾のイメージがあります!!

>カトカーラ様

カトカーラさん、Myblogへのご訪問&コメントありがとうございます!!(^^)

> ムラサキシタバを8月初旬に

発見は8月頭ですね。友人からも少し早いイメージだ、と言われましたが、そこはやはり北海道だから・・・なのでしょうか?(^^;)夏真っ盛りの8月でも少し涼しい(最高気温27度)でしたし・・・。

専門がトンボなので、あまり蛾は出てこないかもしれませんが(苦笑)、今後もMyBlogをよろしくお願いします!!(^^)

ムラサキシタバは飼育すると7月には成虫になるみたいですが野外では何故か見られるのは一般に八月終わりあたりみたいですね。貴重な写真ですね!!

もしかして昨日ダムでお会いした方ですか? 間違ってたらすいません・・

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。