スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

Secret

ミヤマアカネ捜索withトンボ刑事~捜索内容は良かったが~

この日の前日。仕事後にデカのブログを見に行くと、


「兵庫県に潜入予定」


との表記が!(゜∀゜)


これは行かんといかん!狙いはあの場所でアイツだ!と予想を立てつつデカと連絡を取り、翌朝早速向かう事に。そして現地に到着すると、奥には明らかに専門家と思われる方が。そして手前の方にはデカファミリーが。

奥におられる方のお邪魔にならないように、と子供達と共に下流の方から入川し、デカファミリーと談笑・・・したのですが、


僕はこの時の行動をこの日の晩に後悔し、のたうち回る事になるのです。(苦笑)



それはさておき、ヤツはいますか?とデカに訪ねると「あんまり良くないですね~」との返答が。それでも皆で探せば見つかるはず、と探し回ると・・・

1006-1.jpg

いました、「ヤツ」ことミヤマアカネです!我々はアカネの中でも特にこのミヤマアカネがお気に入りなのです!(^^)

1006-2.jpg
ブレッブレ。

が、このペアは超が付くほど敏感で、すぐに高飛びしてしまいました。

それでも、

1006-3.jpg

1006-4.jpg

1006-5.jpg

良い時間になったのか、あちこちで♂が見られるようになってきました。そして、

1006-6.jpg
割とピンズバ?打水の瞬間のナイスカット。

この日困り者だったのはこのマユタテアカネ。小さくても気が強いらしく、何度もミヤマアカネ撮影の邪魔をされました。

1006-7.jpg

というかマユタテは標高も関係ない上、川でも棲息出来るんですね・・・。(´∀`;)

マユタテのラッシュにめげずにミヤマアカネを撮り続けていると、あちこちでハネビロエゾトンボが見受けられました。

折角なのでカメラを向け、

1006-8.jpg

1006-9.jpg

1006-10.jpg

全くホバリングしてくれないこの個体の往復飛翔を数点撮影したところで・・・

1006-11.jpg

なんと目の前で制止しました!これ幸いと忍び寄り・・・

1006-12.jpg

1006-13.jpg

お気に入りであるビロエゾ♂の休止写真をゲットです!相変わらずカッコイイトンボですね。(´∀`)

1006-14.jpg

1006-15.jpg

この個体はしばらくするとまた往復飛翔し始めたため、

1006-16.jpg

1006-17.jpg

1006-18.jpg

先程よりも良い写真を何点かゲットした後に捕獲。シーズン終盤ですが、まだまだ綺麗な個体でした。(^^)

リリース直後、マユタテに追い払われていたのが気になります・・・どれだけ強いんだマユタテ・・・。(苦笑)


ビロエゾを堪能した為、デカの所へ戻ると・・・マクロレンズでの撮影を堪能・・・・・・いえ、苦労しておられる所でした。(゜∀゜;)

いかんせんこの場所のミヤマアカネはとにかく敏感で、しかもデカのマクロは90㎜。最低1m、出来れば10cm程まで寄らないと「マクロらしい写真」は撮れません。

1006-19.jpg

1006-20.jpg
個体数はそこそこ確認。

そこで、とにかく性格の良い個体を探してみたところ・・・

1006-21.jpg

この子が今日イチでした。(^^)飛び上がってもすぐに戻ってきてくれる上、

1006-22.jpg

1006-23.jpg

どんな角度からも撮影可能です!

とはいえ僕は300㎜ズーム、1.5mまで寄れば十分なのです。ズームレンズって楽なんですね・・・。(^^;)

そうこうしていると、時刻は既に11時半前。仕事のため、11時45分にはこの場所を出なければなりません。

なんとか産卵まで撮影したいと思っていると、デカが再登場した連結態を発見してくれました!

1006-24.jpg
♂に追われる連結態。

1006-25.jpg
こんな感じで制止。あちこちアカネだらけ。

このペアは再び飛び上がって草むらの方へ。静止したところで素早く忍び寄り、

1006-26.jpg

1006-27.jpg

交尾態の撮影に成功です!(^^)さらにこのペア、すぐに産卵を始めてくれました!ここからはただひたすらこのペアをストーキングです。(笑)

1006-28.jpg
この写真を見ると水は案外汚い。水質よりも周辺環境重視?

1006-29s.jpg

1006-30.jpg

1006-31.jpg

1006-32.jpg

1006-33.jpg

1006-34.jpg

打水の瞬間を狙ってシャッターを切りますが、動きが細かいのでどうしても直前・直後の写真や、

1006-35.jpg

飛び上がって体勢を立て直している写真が増えてしまいます。(^^;)それでも、

1006-36.jpg

1006-37.jpg

1006-38.jpg

やや逆光ではあるものの良い角度の場所で産卵してくれた時に、

1006-39.jpg

1006-40.jpg

1006-41.jpg


ピンズバ写真をゲットです!!(゜∀゜)・・・逆光ですが・・・。(泣)


この写真を見ると、♀は打水というよりもレキの隙間に腹部を挿し込み、卵を産み付けようとしているのがよく判ります。

1006-42.jpg
♂達は水辺でチャンスを伺っているが、産卵しているペアに飛び掛る事は少なかった。

時間ギリギリでなんとか良い写真が撮れた!と満足出来たため、そろそろ撤収か・・・と考えていると。突如目の前で産卵し始める・・・


ビロエゾの♀。(゜Д゜;)


この時期でも♂が元気に往復飛翔していたので♀も来るんだろうな、とは思っていましたが、まさかこんなに日光ガンガンの場所で産卵を始めるとは、完全に予想外でした。

すぐさまカメラを向けますが、2~3回打水するとすぐに上流に上がってしまいます。さらに、1分もしないうちに・・・

1006-43.jpg

近くの木にぶら下がってしまいました。疲れたのでしょうか・・・。


産卵再開まで待っている時間も無かった為、やむなく終了です。


デカ、短い時間でしたが楽しかったです。またデジ一並べてご一緒しましょう!!(^^)


この日確認したトンボは、アオイトトンボ、ミヤマアカネ、コノシメトンボ、マユタテアカネ、ノシメトンボ、ハネビロエゾトンボ、ウスバキトンボの計7種。

短時間でしたが、中々に充実した内容になり満足です。(^^)



で。(゜∀゜;)



冒頭に記載した、「晩にのたうち回った」原因ですが・・・。


それは、この日の晩に「神戸のトンボ」様のブログを拝見した際におこりました。そう、僕らが訪れていたポイントが、「神戸のトンボ様」様ブログ、「新・トンボ歳時記」に登場していたのです!!(゜Д゜;)


つまり、僕が(勝手に)師匠と呼ばせていただいているA先生こそが、あの時奥におられた方だったのです!!


晩に慌ててメールさせていただいたところ、やはりA先生だったと直接伺いました。もうショックで堪りません・・・。(´д`。)


A先生、ご挨拶もせず賑やかに捜索してすみませんでした。m(_ _;)m次回お会いした時こそ、色々なお話を聞かせてください!!(>_<;)



さて、次の記事では、近場をうろうろした内容を(出来るだけ早く)更新しようと思います。(^^;)

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。