曇天午後からのアカネ捜索~やはり条件悪し~

この日は休日(晩に大阪に移動)なのに悪天候という事で、ゴロゴロしていたのですが・・・


こんな事でいいのか、自称トンボ家!?(゜Д゜#)ノ


と思い直したのがお昼前(遅)。時間的には厳しいと解っていながらも、ひとまずフィールドに出てみる事に。


一ヶ所目、加西市の(秋限定)定点池に到着したのは12時半。曇天の中池の畔をうろうろしてみると・・・

1008-1.jpg

ノシメトンボが産卵していました!これ幸いとカメラを向けます!!が・・・

1008-2.jpg

曇天の為にシャッタースピードが上がらず、ブレた写真を量産してしまいます。そして割とすぐに連結を解いたこのペア、

1008-3.jpg

♀は単独産卵を開始し、

1008-4.jpg

♂は警護飛翔。

1008-5.jpg
腹端の卵は割と写ってくれたが・・・

・・・ところが。♀を警護していたはずの♂個体、なんと事もあろうに・・・


マユタテ♂に追い払われてしまいました。(゜∀゜;)


♀を警護している最中に、自分より小さなマユタテに追い払われるとか・・・情けないにも程があります。

そしてやっぱりマユタテアカネ強し・・・。(笑)


他にもアカネがいないかうろうろしてみましたが、やはり曇天のせいか成果はありませんでした。一応マイコアカネの♀を捕獲したのですが、コンデジを忘れた為に即リリース。(苦笑)

1008-6.jpg
獣の糞に集まっていたキタキチョウ。判りにくいが7頭が固まっていた。

それならばと、マイコアカネが多産する近くの池に行ってみる事に。池に入ってすぐ、

1008-7.jpg

マイコアカネを発見!やはりこの場所はテッパンです。(^^)

1008-8.jpg

1008-9.jpg

角度を変えつつ何点か撮影し、さらに別個体を探してみると・・・

1008-10.jpg

1008-11.jpg

1008-12.jpg

池の湿地状になった場所の縁で♂を何頭か発見です。

マイコアカネはどうも湿地状の環境を好むようで、

1008-15.jpg

こういった状態の場所でよく見かける気がします。兵庫県に点在する幾つかのポイントでは、例外無く(上写真のような)水質が良くて浅い場所があるので、この環境が一つの鍵になるのかもしれません。

あとは開けた場所の、植物が多い場所でよく見かける気がします。

1008-13.jpg

1008-14.jpg

ある程度撮影出来たのでマイコアカネは満足。一度帰りかけたものの何故か突然晴れてきたので、思いきって小野市まで足を伸ばし、カトリヤンマを探してみる事にしました。

が、林の中を2頭の♂が過ぎ去っただけで、産卵に来る♀の姿は無し。さらに姫路に戻りながら二ヶ所の定点を見に行ったのですが・・・

1008-16.jpg

ボロッボロ(苦笑)のメスグロヒョウモンと、

1008-17.jpg

1008-18.jpg

ナツアカネが数頭いただけでどちらも空振りに終わってしまいました。時刻も夕方にさしかったので、これにて終了です。


この日確認したトンボは、アオイトトンボ、オオアオイトトンボ、ノシメトンボ、マイコアカネ、マユタテアカネ、リスアカネ、ナツアカネ、カトリヤンマ、ウスバキトンボの計9種類。


少々物足りない気もしますが、まぁ曇天で午後からであれば十分かもしれません。(^^;)


家に帰る道中、

1008-19.jpg


車のメーターが7万キロに!(゜∀゜)


まぁ僕が乗り始めたのは5万7千キロ辺りからなので・・・って、


およそ10ヶ月で約1万3千キロ走ってます。(゜Д゜;)


まぁトンボ家はこうなりますよね、皆さん!!(笑)既にオイル交換は3回、エレメント類やフィルター等も交換している為、維持費が結構キテマス。(苦笑)


それでも!!2013年トンボシーズンも、残すところあと2カ月程度なので、今後はマダラナニワトンボ捜索に迷入アカネ捜索を軸に、お気に入りアカネ属の捜索に力を入れていきたいと思います!!(゜Д゜♯)ノ


・・・カトリヤンマは??(苦笑)

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事