一乗寺の老舗・珍遊訪問~京都散策~

この日は以前から行ってみたいと思っていた、友人イチオシの京都の紅葉スポット・宝泉院へ。がしかし、


今回の記事はラーメン!!(゜Д゜;)


はい、僕のブログを訪れてくださる皆さんは、トンボかラーメンか釣り記事を期待してくださっていること、僕は知っています!!(違)

なのでそのご希望にお答えするべく(?)、ラーメン記事を書いて行きます!!(笑)

京都散策(宝泉院)の内容は、プラスαで書きますね。(^^;)


この日訪れたラーメン屋は、ラーメン激戦区である京都・一乗寺にある超老舗・珍遊。とは言いつつ、ラーメンというより中華そばのお店ですね。

店に到着したのはピークが過ぎたであろう20時過ぎ。店のすぐ近くのコインパーキングが提携駐車場というのは非常にありがたい、と思いつつ入店すると、狙い通り席は空いていました。


メニューを見て即中華そば(大)を注文し、更に「てりやきチャーシュー丼(300円)」もオーダー。セットで少しお安くなるのは嬉しいなぁ、等と思いながら待っていると、待望の中華そばが運ばれてきました!

珍遊中華そば
珍遊・中華そば。背油多め、ネギ多め、麺固め。自分好みに出来るのが嬉しい!

散策で冷え切った空腹の体に嬉しいこのボリューム!!上の写真を撮影している最中に、店員さんが丼も運んできてくれたのですが、僕が写真を撮っている事に気づくと、きちんと撮影出来るまで待ってくれたのです!

なんと心優しい店員さんでしょうか。(´∀`)お忙しいのにすみません。急いで携帯を置いて、スープを一口・・・



・・・・うんまいぜよ!!!!(゜Д゜♯)



醤油がしっかりと口に残る、コクのあるキリッとしたスープ、これは間違いなく鶏ガラ系スープでしょう。ですがこのキリッとしたスープに確かな旨みをプラスしているのは、たっぷりとトッピングされた背油。この背油の甘みが、口の中をうまく纏めてくれるんですね。

そして麺。これぞ中華そばの麺!と言えるやや細めのしっかりした麺は、スープにしっかりと絡みつつも吸いすぎず、きちんと麺の味を口の中で味わう事が出来ます。

さらに昔ながらの味付けであるメンマは食感が歯切れよく、ウデ肉を使っているというチャーシューは口の中でほどけるような食感でありながら旨みはしっかり。実に良いバランスです。

スープに浸した海苔でネギを包んで食べると、これまた何とも良い味わいに!いや、旨いですね。


さらに・・・


てりやきチャーシュー丼

こちらがてりやきチャーシュー丼。ラーメンの合間に食べてみると・・・


こっちもうめぇぜよ!!!(゜Д゜♯)


やはりしっかりと醤油の味を感じる柔らかなチャーシュー、これにマヨネーズが絡むと驚愕の美味しさです!!適度に散らしてある千切りキャベツも、実に良い繋ぎ役として働いてくれています。

この丼を口の中に書き込みつつ、もう麺がなくなってしまったラーメンのスープを口に含むと・・・


幸せすぎる。(゜∀゜。)


中華そば(並、背油少な目・ネギ多め・麺普通)を食べていた彼女も、この丼の味に舌鼓。中華そばも丼も、女性目線でも美味しかったようです。(^^)


店員さんの接客も凄く良く、「昔ながらの中華そば屋」といった感じの店内の雰囲気も◎。唯一気になったのはタバコの煙ぐらいでしょうか。

中華そばの味としては、久しぶりに上の下です。非常に満足のいく一杯でした。(^~^)是非また再訪したいと思わせてくれるクオリティですね。


さて、珍遊を訪れる前に嵐山周辺を散策し、さらに宝泉院にもちゃんと行っていますので(笑)、その内容はこの続きに書きたいと思います。(^^)


嵐山では・・・

嵯峨とうふ 稲1

折角嵐山に来たのだから、と、生湯葉がリーズナブルに食べられるお店・「嵯峨とうふ 稲」へ。ちなみにこのお店、よりによって僕らが訪れる前日にTV番組(おじゃ~マップ、だったかな?)によって紹介された為か、訪れた時はまさかの22組待ち。

即座に諦めて別の店を探そうかと思ったのですが、順番待ちの名前を書いて散策している人が多くいたせいでしょう、驚くほどのスピードで店員さんが名前を読んで行きます。

これなら・・・という事で名前を書いて待ってみたのですが、30分もしないうちに店内に入れました。(^^)


そして頂いたのが上写真の膳、「生湯葉あんかけご膳」です。生麩の田楽や胡麻豆腐の天麩羅、ワラビ餅、白味噌汁など、かなりハイレベルでしたが・・・

嵯峨とうふ 稲2

メインの湯葉あんかけ丼も勿論美味!!非常に上品な味付けで、とても満足できました。


昼食を食べた後は・・・


まさかの食べ歩き。(゜∀゜♪)


屋台風の店である「嵐山 コロッケ王国」で売っているコロッケを3つ、草もちを1本食べ、所々で試食をツマミ食いしつつ、お土産には西利の漬物に「嵐山さくら餅 稲」の桜餅を購入。

この時食べたコロッケ(豆腐コロッケ、湯葉すきコロッケ、チーズフォンデュ風コロッケ)のうち、チーズフォンデュ風コロッケがとんでもなく旨かった事に驚愕し、家に帰ってから食べた古代米の桜餅の旨さにも驚愕!

いや、嵐山には美味しいものが沢山ありますね。近いうちにまた行きたくなりました。(^^)


そして、陽が落ちる頃に宝泉院へ。友人に道順を教えてもらっていなければ、諦めて帰っていたかもしれません(苦笑)

宝泉院1

宝泉院に続く薄暗い道には、友人の前情報通り「花灯路」のぼんぼり(?)が並んで足元を照らしていました。

そして・・・

宝泉院2
メインの大樹。

宝泉院3

この見事な大樹が、僕らを出迎えてくれました。(^^)

宝泉院4
写真のどの位置に大樹を捉えるかによって、見える景色が大きく変わる。

ちなみにこの時の気温は氷点下2度か3度程度。とんでもない寒さでしたが、この静謐な空間にいると、そんな事も忘れてしまう程でした。

宝泉院5
これが正しい見方(と思われる)。まるで一枚の絵画のよう。

ゴツイカメラ+三脚を持ち込んで忙しなくバタバタしているカメラ野郎が正直かなり鬱陶しかったのですが(苦笑)、その人がいなくなってからは落ち着いて撮影できました。

手持ち撮影(上写真達はシャッタースピード1/6~1/2)の割にはよく撮れたな、というのが正直な感想ですが・・・。(苦笑)

宝泉院6
宝泉院を出てすぐの暗闇にある紅葉を何気なくストロボで撮影したら、中々綺麗な色合いに色づいていた事が判明。(苦笑)


友人から貰った情報のおかげで、しっかりと京都を堪能する事が出来ました。


機会があればまた訪れたいと思います!!(^^)

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事