神津島遠征!!その②~雨ニモ負ケズ~

2日目。雨音が気になる中、朝4時50分に起床して5時20分頃に出発。前日はエサのアジを釣ることが出来なかったのですが、大旦那さんがアジを分けてくださいました。これで、夢の3キロカンパチに挑戦することが出来ます!!

前浜桟橋に到着すると、かなりの強風と横殴りの雨、にもかかわらず、先端は既にスマガツオ狙いの人で一杯です。少し下がった場所に陣取り、親父はジギング・僕は泳がせ釣りのセッティングをします。が、泳がせ用のナイロンラインを巻いたリールや長い竿は持ってきていなかったので、仕方なくジギングタックルを流用しました。

早速第一投!と思ったら、いきなり強風に煽られて浮き止め糸にラインが引っかかり、ミスキャスト。これでは釣れません。何度かやり直して、ようやく潮に乗せることができました。すると開始から30分ほどして、スマガツオの群れが回ってきました。昨日の昼よりもハイなペースで、スマガツオがどんどん釣り上げられていきます! 遠投マウス、恐るべし

と、エギングロッドを流用してジギングをやっていた親父にもヒット!前日のジギングロッドよりも柔らかい竿でファイトしている為、昨日よりも楽しいとか(笑)。上がってきたのは、前日と同じサイズのスマガツオ。今度は竿が折れてはいかん・・・と、僕がタモ網で掬うことに。無事一発で網に収まり、一安心です。

処理を終えた親父がジギングを再開すると、またすぐにヒット!!横でボケ~~っと泳がせ釣りをしていた僕は、羨ましいと思いつつ泳がせ釣りを続けます。親父のスマガツオをタモ助した後、何とか釣りたいという一身で頑張ります。

しかし周りではカツオ、カツオ、カツオ。とにかく釣れています。しかも隣で遠投マウスを投げていた地元のオジサンの竿には、1キロくらいのカンパチまでヒットしているではありませんか!!(゜д゜) もう僕の心は折れかけ。いい加減、ジギングに切り替えるか・・・などと、親父と余所見をしながら雑談していると。

僕の視界の端で、ウキがズボッ!!と消しこまれました。気づくと同時に一気に走るライン!!そのまま手元までガツンッ!!という大きな衝撃!!この間、わずか1秒。

なすすべも無く逃がしてしまいました(´Д`。)。

横で見ていた大旦那さん、「ああ~、今のはカンパチだな。それも2.5キロはカタイよ。」

・・・もはや茫然自失(゜Д゜)。

そう、泳がせ釣りとは、活きの良い小アジを針に付けて泳がせ、大物(フィッシュイーター)を狙う釣り方。当然エサはそれなりに大きく(今回のアジは約20cm)、いくら大きな魚でもエサの小アジを呑み込むまで時間がかかります。それに大抵のフィッシュイーターは、アジをガブ!っと加えた後、一気に走ります。そして泳ぎながらゆっくりとアジを呑み込むのです。

なので、ウキが消しこむと同時に、糸を出してやらないとダメなのです。僕は余所見をしていたため、エサのアジを食い逃げされてしまったのでした・・・。

その後しばらくカンパチを狙うもアタリは無かったため、やむなくジギングに変更。すると、水面を引いていた3投目でヒット!!活性が高かったのか、ヒットした瞬間に水面をジャンプしました。やはりヒットすると楽しいですね(苦笑)。 横で釣っていた親父にも再びのヒット!ダブルヒットです。

僕は素早く取り込んで(勿論ゴボー抜き)手早く血抜きを済ませた後、親父のスマガツオをタモで掬います。そしてすぐに自分のスマガツオの腸を抜き、すぐさま釣り再開。そう、遅れた分を取り返そうと必死なんです(笑)。しかし朝のラッシュはここまで。完全に出遅れてしまったのが敗因のようです。

宿に戻って朝食を食べ、しばし休憩。睡眠時間が足りなかったため、昼過ぎまで寝ることにしました。

一足先に港に行っていた親父を追いかけて、雨のあがった15時頃に釣り再開。カンパチを狙ってジギングをやりますが、なんの反応も無いまま日没。そして、日没とともにまた強風&横殴りの雨のコラボ。かなり効きます・・・。

しかし、雨に負けていては釣れません。日没と共にエギングに切り替え、向かい風10mの中必死に3.5号(墨族・アジ・アカキン)のエギをシャクリます。すると、小型のアオリイカが追いかけてきました!こんな状況だと、とにかく顔を見たいもの。必死にアピールしてヒットまで持ち込みました!
上がってきたのはトンカツサイズ。この悪状況の中なんとかアオリの顔を見れたのでホッとしつつリリースします。

すると、横でエギをシャクっていた親父に、待望のヒット!! 前日僕が釣ったものよりも大きく、天候状態も悪いため、慎重にタモ網でランディング。無事網に収まったのは、500g強のアオリイカでした!!
そしてしばらくして、僕のエギを追いかけてくるイカを発見!中型のアオリです。これはなんとしてでも仕留めたい。そう思い、必死にエギをイカにアピール。すると見事ヒット!!親父のものよりも小さいですが、キープできるサイズです(^^)。

アオリイカ2日目 Blog
左・親父が釣った500g強のアオリ。右・僕が釣った400gのアオリ。

この後さらに雨が強くなり、風も強くなってきた為納竿。翌日は悪天候が予想されていたため、今回の釣りはこれにて終了です。

よねきに戻って風呂に入り、楽しみな夕食タイム!!本日の舟盛はこちら。↓

舟盛 2 Blog

前日に若旦那さんが釣ったというイサキと共に、クロムツの姿造りもあります!!中央にはアオリイカが盛られ、左端にはクロムツの湯引きまで。本当に豪華です(^^)。 翌朝にはこのクロムツのアラが、アラ炊きになって出てきました。もう本当に最高です。旨すぎて朝からご飯を3杯も食べてしまいました(笑)。

翌朝は予報通りの大荒れ。神津島の雨量は、午前7時までの1時間で52ミリという豪雨を記録したそうです。そんな中釣りをされていた方々は、5キロオーバーのメジロ(ワラサ)やカンパチ、シマアジなど高級魚をワンサカ釣っておられたようです。 もう脱帽ですね。

翌朝10時半出港の大型船「かめりあ丸」に乗り、神津島を後にしました。

神津島外観 Blog
左上・かめりあ丸。右上・神津島多幸湾。雨の影響で水が濁っている。
左下・船上から見た神津島。雲に覆われていた。右下・かめりあ丸甲板にあったナゾのステージ。

今回乗った大型船かめりあ丸は、全長が102.87m、総重量3751トンという、正真正銘の大型船です。昔は2021人もの人を乗せることが出来たようですが、今は船室改造により旅客定員638人となっているようです。航海速力は17.5ノット。時速換算だと30キロを程度です。

なので、今から僕らは横浜まで、7時間半の船旅なんです。(´д`)(笑)。もう慣れたものなので時間を持て余すことはありませんが、中には退屈になる方もおられるのでしょう。船内には暇つぶし道具が売っていたりします。

船の中 Blog

左上の写真は、ジェットフォイルのチョロQ。記念に買う方も多く、結構売れているんだとか。右上はポケット人生ゲーム。初めて見ました。高いです(笑)。ちゃんとルーレットも付いているようです。

左下の写真は、部屋にあったティーセット。コーヒーかと思ったら・・・

煎茶でした(´Д`)(笑)。紛らわしいなぁ。

右下の写真は、今回利用した特一等船室。紹介されていたページで見た印象よりも随分狭かったのですが、住めば都。中々快適でした。テレビがあったので、プロ野球パ・リーグのCSを見て時間を潰しました。

そして伊豆大島を出る頃には晴れ間が出てきて、もうベタ凪状態。こんな穏やかな太平洋を見るのは初めてです。

東京湾入り口 Blog
東京湾入り口の夕焼け。シャッタースピード1/2000、絞り値7.6、ISO感度64で撮影。

18時に港に着いて駅に移動、19時半の新幹線で姫路に帰りました。到着したのは22時40分。移動におよそ半日かかりました。しかし、まだ魚の処理が残っています・・・(苦笑)。

せっかくなので、スマガツオを並べて写真撮影してみました。

スマガツオ Blog

さすがにこれだけ並ぶと気持ちいいですね。1本は親父が持ち帰った為、計7本。クーラー重かった・・・。

魚と釣具を処理して、今回の神津島釣行は無事終了です。最終的な釣果は、アオリイカ400gが3杯(リリース5杯)、スマガツオ(1本約500~600g)が4本。

これらは後日料理していただきます。

2日目・3日目は悪天候に見舞われましたが、結果的には楽しい釣行となりました。次回神津島は11月!(笑)楽しみです!!(^^)

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事