楽しい釣魚料理~アオリイカ&スマガツオ~

今日は仕事の後、神津島で釣ってきたカツオとイカを料理しました。

まずは1品目。アオリイカ料理はこれがないと始まらない、アオリイカのお刺身!!

神津イカ刺身 Blog

タレは2種類用意。まず1つは当然ワサビ醤油。やはり抜群ですね!!(^^)モチモチとした触感に、特有の甘み。臭みは無く、旨みのみといった感じです。

もう一つのタレとは、韓国風。オリジナルレシピなのですが、ゴマ油・醤油・酢・砂糖を1:2:1:1~1.5の割合で合わせ、そこにニンニクを少し。好みでネギやショウガを入れたこのタレに、イカを2分ほど浸けてから食べます。これだけでご飯がすすみまくり!!お酢は黒酢だとなお良し!です。

味的には、韓国料理フィエ(イカフェ)に似ていますが、もっとサッパリしていて、しかもすぐに出来る。機会があれば一度お試しください(^^)。

続いて2品目、味噌炒め煮。

みそ炒め煮 Blog

こちら、アオリイカのナンコツ(目の部分)とカラストンビ(口の部分)、触腕の部分を使用します。そう、触腕以外は捨てられる事が多いこの部分、実はとても美味しかったりします。

作り方は簡単。捌いた時に残る頭部(腸とゲソを切り分けた部分)から目を取り除き、半分にカットしてよく洗います。カラストンビは、クチバシの部分の付け根を押し出すようにすると、クチバシ部分のみがあっさりと取れるので、残った付け根の部分を使用します。触腕は吸盤を包丁でこそげ取り、短く切って下処理は終了。

これらにはまとめて酒を振りかけておきます。

フライパン(もしくは浅い鍋、)を火にかけ、イカを軽く炒めます。そこに薄口醤油・味醂・酒・砂糖(1:1:1:1)を入れ、アルコールをしっかり飛ばし、そこに水で溶いた味噌を投入。後は煮汁が減るまで煮込むだけ。

分量は完全に目分量です(笑)。僕は大雑把な性格なので、変わった料理以外は分量を量りません(笑)。

この料理もご飯が進みます!(^^)

そして最後もご飯が進む料理(笑)、カツオの角煮。

角煮 Blog

言わずと知れた、カツオ料理の定番です。僕のレシピでは、まず昆布だし・酒・砂糖(+ショウガ)を沸騰させた所に、熱湯をかけて臭みを飛ばしたカツオを投入して20分ほど煮ます。そこに醤油・味醂を加え、足し水をしながら煮弱火で込むこと約1時間。最後にまた味醂を入れて照りを出して出来上がり。
こちらも目分量です(笑)。

なので、作ってる最中に

あれ?薄い・・・(゜д゜?)醤油+砂糖を足そう。」

これで味が濃くなってしまう事もしばしば(苦笑)。味を含んでしまう煮つけなどは、濃い味付けを薄くするより、薄い味を濃くしていく方が楽なので、大抵薄めから作るようにしています。今回は失敗せずに作れました(^^)。

今回は簡単な料理3品でしたが、時間がある時にしっかりと作りたいものです(^~^)。

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事