スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

Secret

沖縄旅行という名の遠征~in小浜島~

久しぶりにガッツリトンボ記事更新です!!(゜∀゜)


今回の記事では、7月10日~7月13日に家族で訪れた沖縄旅行での、ごくわずかな時間だけ行えた捜索の内容を書いていきたいと思います。(^^)800枚を超える写真の整理がようやく終わったので・・・。(苦笑)


なお、今回登場するトンボは一種を除いて捕獲に成功。手元で観察後全てリリースしています。ですが写真は極力デジ一で撮影した自然体のもののみにしようと思っております。

~~~~~~


台風の影響で今回の旅行は中止になりかけたのですが、飛行機は無事飛ぶとの事だったので、家族揃って関空へ。が、


すんごい風雨。(゜Д゜;)


石垣島行の飛行機(定員およそ170名の小型タイプ)に乗り窓から外を見ると、横殴りの豪雨となっていました。こんな状態で大丈夫かーと思いながら離陸したものの・・・案の定飛行機は大揺れ

普段は液晶モニターで説明される救命胴衣の着脱を、添乗員さん達が実演していたのがかなり気になるところですが(苦笑)、飛行機は無事に石垣島に到着。沖縄周辺は台風通過後だったので、強風ではあるものの好天でした。

食事(八重山そば)したり土産物屋を覗いたりした後、タクシーで港まで移動し、売店で購入したカットパイナップルを食べつつ船に乗船。うねりが残っており少々揺れましたが、家を出てからおよそ9時間、ようやくこの日の目的地(というか宿泊先)である小浜島に到着です。(^^;)


ここから夕飯(18時)までは自由行動だったので、僕は当然のように目星をつけていた池へダッシュ!!この時点で既に時刻は15時半頃、急いで(移動のためバラしていた)網をセットしつつ、カメラを構えて池に入ると・・・

2014-07-10-1.jpg


いきなりコシブトトンボキターーー!!!(゜∀゜)


その名の通り腰が太く見える小さなトンボ、コシブトトンボ君です!!(^^)いきなり登場した、美しい水色の複眼をもつ南方種にテンションが上がる僕ですが・・・ここで一つ気になる事が。

持参していた沖縄のトンボ図鑑によると・・・そう、コシブトは小浜島での記録が無いんですね。小さな島だけにちゃんとした捜索が成されていないのか、ここ1~2年で定着したのかは定かではありませんが、小浜島にはコシブトトンボが多数いた、とだけ記しておこうと思います。(^^;)

2014-07-10-2.jpg
小さい割に目立つ体型と複願。

テンションの向くままにバシバシ撮影しまくった後、視界に飛び込んできたのは・・・

2014-07-10-3.jpg

タイリクショウジョウトンボです!!(^^)こちらも南方種、本土のショウジョウとよく似ていますが、捕獲して確認したところ、複願の後部が青っぽくなっているんですよね。不思議なもんです。

そしてさらに、

2014-07-10-5.jpg

ボケている上にブレまくってしまいましたが、産卵も観察する事が出来ました。(^^)

この後も南方種の登場はどんどん続きます!!続いては・・・

2014-07-10-4.jpg


ハラボソトンボキターーー!!!(゜∀゜)


兵庫のシオカラ感覚で飛び回るのは、ハラボソです!!やはり名前の通りお腹が細く、ひょろっとした印象でした。

縄張り争いでは超パワフルでしたが・・・。(゜∀゜;)


そしてさらに、

2014-07-10-6.jpg


ヒメキトンボキターーー!!!!!(゜∀゜)


沖縄本島には棲息していない為、なんとしてもこの日に見つけたかったトンボ、ヒメキトンボです!!小さなボディに鮮やかな橙色。特に翅の色づき方がすごくいい感じです!!

そんなヒメキの周りを飛び回って邪魔をしてくるのは・・・

2014-07-10-7.jpg

ヒョロッとしたハラボソ君。(゜∀゜;)さっきはテンションが上がったのですが、他の種を撮影するときは少々お邪魔虫ですね・・・パワフルすぎます。(^^;)

2014-07-10-8.jpg
ハスに映えるタイリクショウジョウ君。

池の縁を歩きつつ、奥の方へ進むと・・・

2014-07-10-9.jpg

アオビタイトンボがあちこちから登場!!兵庫県でもごく稀に迷入種として観察される種ですが、

2014-07-10-10.jpg

その名の通り額が青いんですね。まぁパッと見はシオヤトンボみたいですが(笑)、顔を見ると流石南方種!!といった感じです。

池の周囲をうろうろしていると、

2014-07-10-11.jpg

草むらからコシブトトンボ♀が飛び出してきました!!やっぱり腰は太いんですね。そして、

2014-07-10-12.jpg

こちらはタイワンソテツシジミ(かな?)。あちこちで見受けられました。さらに、

2014-07-10-13.jpg

未成熟なヒメキトンボ♂も登場!!やはり成熟するまでは、水域よりも草むらの方が良いんですね。あくまで想像ですが・・・。(苦笑)


この時点で既に小浜島を満喫していた僕ですが、すぐ近くにもう一つある池にも行ってみることに。すると・・・

2014-07-10-14.jpg


ヒメトンボキターーー!!!(゜∀゜)


小さいうえにかなり素早く、この写真を含む3枚しか撮影できなかったものの、ピントがきちんと合っていてホッとしました。(^^)勿論捕獲には失敗し(苦笑)、手元での観察はかなわなかったものの、姿を見ることが出来て良かったです。

未成熟なこの個体しか発見できなかったのは何故なのか・・・分かりませんが・・・。(苦笑)


池の方はコシブトアオビタイパラダイス(時々タイワンウチワヤンマが突っ込む)という構図が出来上がっていたので、池横の植物の中を物色していると・・・

2014-07-10-15.jpg


リュウキュウベニイトトンボキターーー!!!(゜∀゜)


本土のベニイトよりも淡い色合いのリュウキュウベニイト♂が登場です!!台風通過直後の強風に飛ばされないよう、草むらの中に隠れていたようです。・・・時間帯によるものかもしれませんが。(^^;)

2014-07-10-16.jpg
複眼は黄緑色。

2014-07-10-17.jpg
写真中央付近にいるのがお分かりいただけるだろうか?


気温34度&湿度90%越えという汗だく環境の中、随分と色んな種に楽しませてもらえたため、後はオキナワチョウトンボを探すぞー!!と意気込んだ僕の足元に・・・


2014-07-10-18.jpg


・・・?(゜∀゜;)


超小さなイトトンボを発見。この直後、突風に煽られて飛ばされてしまったのですが、この角度ではヒメイトトンボなのか、コフキヒメイトトンボなのかの判断が付きません。

ちなみに、ヒメイトトンボも小浜島には棲息されていないとされていますが、この辺りは翌日はっきりすることとなります。

2014-07-10-19.jpg
今回の旅で特に気に入ったヒメキトンボの写真をもう一枚。

時刻は早くも17時前。両親から17時半には戻るように言われていたため、戻る支度をしている最中・・・急に視界に飛び込んできたのは、強風に飛ばされるヒラヒラとした姿!!

慌てて網を構え、今年のベストスイングで捕獲したのは・・・


2014-07-10-21.jpg


オキナワチョウトンボキターーーーー!!!!!(゜∀゜)


最後の最後でようやく姿を見ることが出来ました、オキナワチョウトンボです!!(^^)腹部に卵を抱えている♀だったため、上の1枚を撮影後すぐにリリースです。邪魔してごめんよ・・・。

じっくり観察することはできませんでしたが、初めてみるその翅の美しさは衝撃的でした。個体数が少なかったのは、時間帯によるものだとすぐに察しがついたので、オキナワチョウトンボの生態写真撮影は翌日朝に持ち越しとし、これにて終了としました。


翌日も短時間ながらトンボと触れ合えたので、続けて更新したいと思います!!(^^)

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。