スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

Secret

ナツアカネ特集~コンパクトデジカメの挑戦~

僕が撮影に使ってるカメラはコンデジ、いわゆるコンパクトデジタルカメラです。

カメラを始めたのは中学3年の頃。と言っても、貯めたお小遣いでコンパクトデジタルカメラを買い、そのカメラで釣魚・風景・愛犬を撮影していただけですが(^^;)当時使っていたのはNicon COOLPIX2500。旧モデルシリーズ特売で、2万8千円で購入しました。電子ズーム機能は3倍まで、有効画素数は200万画素、マクロ撮影は不可(レンズから30cm以上)。そう、当時のコンデジは、今の携帯電話よりも撮影能力が遙かに低いものだったんですね。

高校生の頃は携帯のカメラを愛用。今年5月まで、ずっと使っていました。
そして6月、トンボを撮影するために今のコンデジを中古で購入。Nicon COOLPIX P5000です。価格は1万5000円。や、安い・・・。
昆虫採集に持って行くには、このカメラサイズが限界と思われます。貴重品と一緒にウェストポーチに入れられる、ギリギリのサイズなんですね。網を振り回すので、一眼レフを首から提げておく訳にはいきません。

しかし!COOLPIX P5000は普通のコンデジ。ズームも3・5倍まで。しかも、トンボのような小さな標的を撮影しようとすると、大抵ピンぼけになってしまいます。

ではどうするか?(゜д゜?)

答えは簡単、ギリギリまで近づくんです!なので飛翔しているトンボは撮れません(笑)。だから最初の1匹は確実に捕獲して撮影し、制止するトンボは2匹目以降、制止している姿を狙います。

ネキトンボ Blog
10月12日、ネキトンボ雄。樹上のトンボまで約4m。

しかしこれが難しい。なんせ相手は広い視野を持つ素早いトンボ。迂闊に動くと逃げてしまいます。それに、樹上に静止するネキトンボなどは、運が良い時は低いところにも静止しますが、大抵は高い場所。上の写真も、多少ズームを使っています。

なので、時には腕を伸ばし、時には木によじ登り、時には草むらに身を埋めて待ち、時には地面を匍匐前進のように進みます。これでトンボに少しでも近づくわけですが、撮影直前に逃げられる瞬間の悲しさったらありません(´д`。)(笑)。草むらに身を埋めていると、恐ろしいほど蚊の餌食になる訳ですから・・・。

そんな苦労のかいあって、最近は少し良い写真が撮れるようになってきました。今回のターゲットはナツアカネです。

ナツ 1 Blog

まず1匹目は手持ちで撮影。この真っ赤な♂のナツアカネが見たかったんです(^^)。まさにアカトンボ!!

一方、こちら♀。↓
ナツ2 ♀ Blog

この個体を見ると、やはり以前ハチ北で捕獲したのはアキアカネのようです。
この個体はお腹に卵を持っており、大きく膨れています。

さぁ、ここからは生態写真と呼ばれる、自然な状態での撮影です。当然望遠レンズやスピードライトなどは持っていない(というか装備できない)ので、明るい時間・割と近めの距離限定、気合・根性・筋力がものをいいます(笑)。

ナツ3 Blog

草むらの影から近づき、じっくりと時間をかけて距離を縮めて撮影。しかし、池の畔なので足場は悪く、一歩間違えればドボンです。でも諦めません!!(笑)。

ナツ4 Blog

今度は斜め下から。足元に生えていた背の高い草の根っこを踏み台として利用し、腕を突き出して撮影。もうここまでくると手ブレとの勝負ですね。手の関節から足の先まで、ほぼ全身が伸びきった状態で撮影しているので、当然ながら息は出来ません(笑)。この体勢を保てるのは、せいぜい30~40秒程度。体がグラついて、驚いたナツアカネは飛んでいってしまいました・・・(苦笑)。

でも大丈夫。トンボというのは一度離れてしまった後でも、危険が無くなったと判断すると同じルートに戻ってきたり、同じ場所に再び静止します(縄張り)。今回も例外ではなく、戻ってきてくれました。その間に、体勢を立て直しておきます。

ナツ5 Blog

最後になんとかカメラとの距離が30cmほどのところまで近づけたので、綺麗に撮影することが出来ました。

手元で撮影した写真も良いのですが、やはり生態写真も良いですね!!デジタル一眼レフ+望遠レンズがあれば、こんな苦労をしなくてもいいのでしょうが・・・これはこれで楽しかったりするので、まあ良しです(笑)。

早く一眼レフを購入して、カメラ二刀流でいきたいものです(^^)。

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。