伊丹市昆虫館へ②~たまには蝶も良し~

せっかく写真に撮るのなら綺麗な個体を撮りたいと、狭い通路を行ったり来たり。はっきりいって邪魔だったと思います、来場していた皆さんすみません・・・(苦笑)。

昆虫館4 Blog
写真上2枚・スジグロカバマダラ。今回1番多く撮影したのがこの種。気に入りました。左下・タイワンシロチョウ。
右下・クロテンシロチョウ。何匹かに1匹は、こうして個体識別番号が翅に書かれています。


そのかいあって、納得のいく良い写真が割と多く撮れました。タイワンシロチョウは低いところを飛んでおり、撮影自体は容易だったのですが・・・美しい個体を探すのに時間が書かてしまいました。写真の個体は白というより、黒と黄色の方が目立ちます。う~ん、素晴らしい3トーンカラー。

これで一通り撮影したので(もしくは試みて失敗、見つからない種が1種(カバタテハ))、撮影に失敗した種・ツマベニチョウと、ツマムラサキマダラの♂を探してみることに。勿論、探している最中も撮影は続けます。吸蜜板にはオオゴマダラが集まっていました。リュウキュウアサギマダラも1匹混ざっています。

オオゴマダラ&リュウキュウアサギマダラBlog

コノハチョウももう一度狙います。コノハチョウは翅の内側が特に美しいため、翅を開くのを待つのですが・・・なかなか思うようにはいきません。と、近くを飛んでいた個体が木の葉の上に制止。これはチャンスです!制止した瞬間は、しばらく翅を開いたり閉じたりするのがこの蝶。しかし、制止した場所は意外と高く・・・

と、とどかん!(`д´;;)

と、友人が葉の先端部分を軽く引っ張り、撮影できる高さにしてくれました。足場が多少揺れても逃げる素振りはありません。なんとか撮影に成功しました。

コノハチョウ Blog

茶褐色~藍色の何とも言えない地の色に、眩いばかりの橙色のライン。粘ったかいがありました。

そして次に、通路のカーブ付近に多くいるツマベニチョウに狙いを絞り、木の下で待ちます。すると、上の方を飛んでいた個体が蜜を吸うために降りてきました!

ツマベニチョウ Blog

この種も翅の内側が美しい蝶の一つです。ずっと高いところを飛んでいたので、降りてきた1個体を集中的に撮影しました。

そして残るは、ツマムラサキマダラの♂と、カバマダラ。カバマダラはまだ一度も遭遇していません。ツマムラサキマダラも、遭遇するのは♀ばかりです。

出口付近をうろうろしていると、眼の前をカバマダラが通過!!しかし早い。あっという間に撮影不可能な距離のブッシュへ逃げ込んでしまいました。その体色はハッキリ言って地味で、頑張って追いかける気にもなれません(笑)。

そこで、ツマムラサキマダラの♂に狙いを定め、再び通路をウロウロしていると・・・

ツマムラサキマダラ Blog

いました!!ツマムラサキマダラの♂。翅の内側の藍色がとても素晴らしい蝶です!残念ながら正面を向いて制止したので、翅を一杯に広げた写真は撮影できませんでした。しかしながら、体~翅の白い斑点といい、翅の内側の藍色と言い、本当に美しい蝶です。

これにて温室の蝶探索は終了。200枚以上の写真を撮影しました。


昆虫館を出た後、野鳥の観察が出来る昆陽池公園の畔に行ってみると、なにやら普段あまり見かけない顔が。

コクガン Blog

家に帰って調べても判らず、Yahoo!の質問箱にて質問したところ親切な方が教えてくださいました。

その回答によると、この鳥はコクガン。天然記念物(絶滅危惧種)だそうです。この子は怪我をして迷い込んだところを職員の方々に保護され、現在昆陽池公園で放し飼いにされているとか。2002年に保護されてから、ずっとここに住んでいるようです。
かなり偉そうに威張ってて、近くにいたカモ達のボス、といった風格がありました(笑)。

本日はこれにて終了。
普段と違って今日は蝶を追いかけてみましたが、愛好家が多いのも頷けます。とにかく綺麗な種が多いので、カメラ撮影にはうってつけですね。

またデジタル一眼レフを装備して、訪れたいものです(^^)。


 

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事