マイコアカネ発見!~ひっつき虫にご用心~

今日も加西・加東市へ、トンボ採集に行ってきました!月末は採集に行けそうにないため、今月はこれで〆となりそうです。狙うはオオキトンボ&マイコアカネ。そして、前回は♀を捕獲したカトリヤンマです。今回は♂が撮れるといいなぁ・・・。

まずは、前回カトリヤンマを捕獲した場所‐を通り過ぎ、その先にある池群を目指します。カトリヤンマは夕方狙いの為、先にコノシメトンボ・ノシメトンボの♂やオオキトンボを狙ってみることにしました。

と、到着した僕らの目に最初に飛び込んできたのは、いつものトンボではありません。

なんとアサギマダラが木の上を飛んでいたのです!蝶を意識的に見るようになる以前から、僕ら(特に友人)のお気に入りです。これはなんとしても捕獲したい!と思ったのですが、残念ながらあっという間に山の中へ消えて行きました。残念・・・。

池の畦道に入ると、何やら赤いトンボが。友人と1匹ずつに狙いを定め、二人とも捕獲に成功。

ネキ・ジョウジョウBlog
手前・ネキトンボ、奥・ショウジョウトンボ

ショウジョウトンボネキトンボでした。とにかく赤いこの2種。ネキトンボはいわゆる「アカトンボ」アカネ属ですが、ショウジョウトンボはアカトンボではないんですね。むしろシオカラトンボに近い種類です。しかしこの体色は・・・2種ともアカトンボに見えますね(笑)。

その他、この場所ではオオアオイトトンボコノシメトンボ(♀)を捕獲したものの、コノシメトンボの♂やオオキトンボはいません。航空写真で見た別の場所へ移動してみました。

が、次のポイントではマユタテアカネナツアカネのみ。最近気にし始めた蝶も、キタテハキチョウモンシロチョウなど普通種ばかり。やはり絶滅危惧Ⅰ類に分類されているオオキトンボは、そう簡単には見つかりません。

足元に注意しながら歩いていると、あちらこちらにキノコが。

キノコ2 Blog

左側の写真のキノコは、傘が大きく変な色・・・。右側のキノコはさらに変な色、これはもうどう見ても毒キノコですよね(笑)。そろそろキノコの専門書が欲しくなってきた今日この頃です(^^;)。

航空写真のポイントは思うような結果が得られなかった為、一旦普通の地図をみて、山の中へ。しばらく車で走ると、中々雰囲気の良い池を発見。これは期待出来そうだ・・・と、畦道を歩きます。道の脇にはマツの木。そして、期待通りにまずはナニワトンボ♂がお出迎え。
何度も捕獲しているため、撮影せずに逃がしました。一応準絶滅危惧種なんですけどね(苦笑)。

ナニワトンボを見てテンションが上がっていた僕の視界の端で、アカネ属が飛び立つ姿を発見。直感が「まだ見たことのないマイコアカネだ」と告げています!ほぼ反射的に網を振り、一発捕獲に成功!出てきたのは・・・・

マイコBlog

やりました、やはりマイコアカネでした!!
色々とアカネ属を捕獲してきましたが、このマイコアカネは今回が初めて。とにかくどの池にもいなかったので、感無量です。どうやら多くのトンボを捕獲してきたため、パッと見である程度種類判別が出来るようになってきたようです。新種の場合は、もはや直感が頼みかもしれません(笑)。
胸部の模様が、かなり特徴的です。

マイコ2 Blog
マイコアカネ正面

名前の由来となったのは、この額面。マイコさんの白粉のように、額が白っぽい事からこの名前がついたとか。白いというより青っぽくて、とても綺麗な種です。

友人も2匹マイコアカネを捕獲。この他、この池では他にギンヤンマアジアイトトンボ等を捕獲。池の中央を黒っぽいトンボが飛んでいたのが気になりましたが・・・あれはなんだったんだろう・・・。

そして、ここでも多くのキノコを発見。

キノコ1 Blog

なんだかどちらも食べられそうな雰囲気。キノコガイドブックは、もはや必需品になるかもしれません(笑)。

そして・・・次に行った池が最悪でした。

野草が繁茂している中を歩いて行った為、嫌な予感はしていたんですが。

ノシメ斑のあるトンボが多数いたので、捕獲して確認してみると、ノシメトンボ・コノシメトンボの♀でした。どういう訳か、オスは全くいません。その他に確認できたのは、ノシメ斑のあるマユタテアカネの♀や、リスアカネ等。

そして。出口付近まできた僕らは、脚元をおそるおそる確認。すると、

両脚にひっつき虫がビッシリ!! (~ロ~;)


今回被害にあったひっつき虫の正しい名前は、アレチヌスビトハギ。漢字で書くと荒地盗人萩。もう名前からして嫌になりますが、北アメリカ原産の帰化種です。

これがとにかくひどい。ジャージの黒が見えなくなるくらい、両脚にビッシリと着いていたのです。

表面がザラザラしているため、一気に剥がそうとすると手を切ります。仕方なく1枚ずつ剥がす作業を黙々と続け・・・

1時間近くかかりました(゜д゜;;)。

もうあの池には二度と近づきません(`Д´)(笑)。

ひっつき虫のせいで大幅に時間が経ってしまい、気がつくと夕方。急いでカトリヤンマポイントへ向かう事にしました。

ポイントに着くと、前回は一面稲穂だった場所が、刈り取りを終えていました。カトリヤンマは、このような稲穂刈り取り跡地の土の中に卵を産みます。僕は刈り取り後の田んぼで飛翔してくるのを待っていたのですが、その間に畦道を歩いていた友人が2匹のカトリヤンマ(♀)を捕獲!

なので、友人の提案で、僕も畦道を丹念に歩いてみることに。すると、生い茂ったイネの隙間から、ガサガサッ!という音が聞こえてくるではありませんか!!そう、イネの隙間で産卵していたカトリヤンマが、イネの間から出てくる音です!!すぐ上で網を構える友人。そしてなんなく捕獲。

カトリ Blog

今回は木に制止させてみました。黄緑色の複眼と胸部が、とても美しいトンボです。

しかし、この♀のカトリを求めて飛んでくるはずの♂が、全く飛んできません。この後、このポイント内をしっかり見て回ったのですが、友人が♀を捕獲しただけでした。

今回はこれにて終了。

捕獲・確認したトンボは、オオアオイトトンボ・アオイトトンボ・アジアイトトンボ・アオモンイトトンボ・ナツアカネ・マユタテアカネ・ヒメアカネ・リスアカネ・マイコアカネ・ナニワトンボ・ノシメトンボ・コノシメトンボ・ネキトンボ・ショウジョウトンボ・ウスバキトンボ・カトリヤンマ、同定したのはギンヤンマ・シオカラトンボの、計18種。

マイコアカネを含むアカネ属が多種見られ、夏トンボの生き残りと思しき種も確認出来ました。

カトリヤンマノシメトンボマイコアカネを加えて洗い直した結果、捕獲・確認したリストは計54種に。

ひっつき虫の被害はもうこりごりですが、10月のトンボ採集を締めくくる良い1日となりました。今年の目標である55種へは、あと1種。シーズン的にはオオキトンボか、オナガアカネ等の迷入種を狙うか・・・正直厳しいですが、頑張りたいところです。(^^)

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事