学園祭でのライブ~舞台上の裏事情~

昔の人は言いました。

虎穴にいらずんば虎児を得ず。

ようするに、多少は危険をおかす(リスクを背負う)覚悟がないと、良い成果は得られないぞという言葉ですね。ですが、最近ふと思ったのです。

君子危うきに近寄らず。

こちらは、人格者は身に慎みを持ち、むやみに危険な場所へは踏み込まないという言葉。

これって、思いっきり矛盾してませんか??(笑)。
いやまぁ、突っ込んだところでどうにかなるわけではないというのは解っているんですが、もう突っ込まずにはいられない。
両方共に中国から伝わった言葉だそうで、虎穴~は漢時代班超という人が、君子~は、孔子が言った言葉(ハッキリしていない)だそうです。

時代が違うので何ともいえませんが、こんな相対する言葉が出来るというのは、昔から人という生き物は自分の考えこそが一番ダーーー!!と思っていたのでしょうか(笑)。


全く本文に関係の無い事を書きましたが(笑)、久しぶりのブログ更新です。一週間前の小浜ライブは写真がまだ届いていないため、後日に回します(^^;)。
トンボ採集にも行けず、釣りにも行けず。それもそのはず、仕事があったり、音源製作があったり、ライブがあったりといた一週間でした。その中でも、今日は大阪音大の学園祭。なんか話の流れで出演することになったので、行って来ました(笑)。

前回と同じCRONOバンドでの出演ですが、今日は前回とメンバーが違います。前回は休みだったギターのTuckが復帰、そして彼の後輩も参加。Tuckは僕と大学の同期で、仲の良かった友人でもあります。

彼の特徴は、なんといっても早弾きフレーズの多彩さと、特徴のあるビブラート。ただ早いだけではなく、非常に味のあるプレイを聴かせてくれます。彼のギタープレイが聴きたい方は、ライブもしくはCDを(以下略)(笑)。
随分と久しぶりに会いましたが、腕は鈍っていませんでした!もうバリバリ。それでも仕事の具合でギターを触る時間が減っているとの事。こればっかりは難しいものです。

リハ室にてリハをやった後、久しぶりにTuckと顔を会わせたので、メンバー全員で雑談。雑談。雑談・・・・。

っておい、ステージスタンバイまであと1時間切ってるよ!!(゜Д゜;;;;)

普通のバンドのライブなら問題ないのですが、なんせ僕らはV系バンド。ヘアセットやらメイクやら衣装チェンジやらがあるのです。そして今日のスタッフは、メイクで来てくれたKさん一人。対して、メンバーは4人。間に合わない・・・。

仕方なく、自分で出来ること(ヘアセット等)は自分でこなし、メイクだけお願いすることに。しかしそこはさすがにプロ。短時間でメンバー全員のメイクを済ませてくれました。Kさん、いつもすみません。

そして屋内ステージの方に行くと、結構人が。学生食堂の2階を改造して作ったステージで、出入りが激しいためにお客さんは30人~80人といったところでしょうか。準備し、早速ライブ開始。決められた動きをこなしつつ、曲を演奏して行きます。
棒立ちは格好悪いので、とにかく動きます。まぁ、今日は首のストレッチも済ませているので、鞭打ちにはならないはず(笑)。

と、演奏中にTuckから目の合図。ポジションチェンジです。曲にノリながら移動。そして移動は無事完了。と、ここで

目に大量の汗がぁぁぁぁぁぁぁ(゜Д゜;;;;;;)

ステージは照明(主に白熱球のでかいやつ)が直に来るので、もうメチャクチャ暑いんです。しかもステージ上で激しい動きに、長袖。もう汗で前が見えません(笑)。しかし必死に目を開けます。おそらく充血涙目になっていた事でしょう・・・(苦笑)。

そして、一難去って(目は痛いままなので去ってませんね)、また一難。Tuckとまたポジションチェンジして元の位置に戻ると、何かを引っ張る感触。

シールドがグチャグチャだぁ~~~~~(+Д+;;;)

ベースとアンプの間にボリュームペダルを設置していたのですが、シールドがグチャグチャに絡まったせいでペダルが少し浮いていたのです。必死になって戻すのはちょっとみっともないので、その場でアクションするフリをしてクルクル。わざとシールドを蹴り上げて角度を変え、なんとか解きました(苦笑)。

そんな動きをしながらお客さんを見ると、ガンガンノッてくれる人・割とノッてくれている人と、おそるおそるノる人。そして興味なさそうに白けている人、席を立つ人。様々です。まぁV系イベントやワンマンライブ等ではないので、それも仕方ありません。逆に席に座りに来る人や、座っていた人が立ち上がってノリだすと、楽しいものです(^^)。

そんな感じで、無事にステージ終了。CRONOが事前に配っておいたアンケートを回収し、一緒に見てみます。
個人に対してのコメントを記入する欄があったので、そこを見てみました。

「(バンド全体をくくって)カッコよかったです、またライブ見に行きたいです。」

ありがとうございます。こういった意見をもらえると、とても嬉しくなりますね(^^)。

「(CRONOの欄に)無料配布CD、帰ったら聴いてみます。カッコよかったです!」

この意見も、演奏者側としてはとても嬉しいです。アレンジのしがいもありますし。

「(Tuckの欄に)神。」

Tuckのライブでのギタープレイは、まさしく神です(笑)。この日もいいプレイを聴かせてくれました。バッキングのノリも良かったし、ソロはいつ聞いても上手い。

「(僕の欄に)ホスト的な感じがする。

っておぃい!!!!!なんで僕だけホストなんじゃぁァぁぁァぁああぁァあァ!!!(゜Д゜;;)(笑)。

とまぁ、お客さんは他にも色々と感想を書いてくれていたのですが、なぜか僕はホストっぽく見えていたそうです(泣)。お願いですからプレイに関すること書いてください・・・・(哀)。

こうして今日のライブは終了。色々と災難(自業自得?)もありましたが、無事に楽しむことが出来ました。

また多くのお客さんに喜んでもらえるよう、練習に励みたいものです(^^)。(勿論ギター!!!)

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事