神津島遠征再び!!~初日は負の連鎖~

また行って来ました、神津島!!前回10月に訪れた時は、アオリイカスマガツオをGetしましたが、果たして今回はどうか?

が、いきなりやらかしてしまいました。

前日に東京に移動する際、荷物が多いため、母に駅まで車で送ってもらい、改札に入る直前。いつも靴先(踵周辺)に当たる、ロッドケースの感触が無い。無いんです。はい。


今から僕は釣りに行くんですよ!?(゜Д゜;;

まさか車内にロッドケースを忘れるとは。我ながら信じられません。しかし、新幹線の時間は迫っています。母は僕を送り届けた後、すぐに家に向かっています。自分の竿は諦めて、親父の竿を借りることにしました。・・・無念。

翌朝、出発前に神津島行きジェットフォイルの運行状況を確認すると、「条件付入港」の文字。離島なので、天候によっては欠航になる事もあるんです。事実、昨年の11月は、初日に船が欠航だったせいで、2泊の予定が1泊になってしまったりもしています。

恐る恐るジェットフォイルに乗り、無事神津島に入港できるよう祈ります。と、伊豆大島を過ぎた辺りで突然の放送。強張る僕と親父。しかしそれは、入港予定地が多幸湾から前浜港に変更という、「無事神津島に入港出来ます」というアナウンスでした。本当に良かった!

12時半に到着してみると、意外と海上模様は穏やか。しかし相変わらずの強風です。まぁ釣りは出来るだろう・・・と思って海を除いてみると、何やら魚影が。しかも小魚を群れで追いかけています。早速18gのメタルジグを付けて海へ。3回シャクッたところで、いきなりガツンとヒット!!25cmほどのメッキでした(^^)

メッキ Blog

メッキと呼ばれる魚は他にもロウニンアジカスミアジの幼魚がいますが、体表の縞模様、尾鰭の色(先端付近の黄色~黒色部)等から、ギンガメアジの幼魚である事が判明しました。幸先の良いスタートです。

青物を狙うために先端付近に移動し、本格的にジギングを開始。今回のタックルは、竿がメジャークラフトKGエボリューションKGS-902ML。ロッドケースを僕が忘れたため、親父がジギング用に貸してくれました。そしてリールが、シマノNewナスキーC3000。軽くて小型、なのにパワフルと、ショアジギングにはうってつけのリールです。ラインは道糸がPE1・5号、リーダーはフロロカーボンの4号を電車結びで直結。ラインシステムは面倒なので組みません。

早速開始。付近では地元の方が遠投マウスを使ってカツオを狙っています。回遊魚だけに、回りだすと周りで一気にバタバタと釣れだすので、周囲に気を配りつつシャクリます。と、水面に小魚を追いかけるカツオらしき魚影!!いきなり回ってきたかと思い、表層を引くためにイワシカラーのバイブレーションに変更。水面直下を高速引きしていると、来ました!!ガッツン!!という強い衝撃がロッドを襲い、凄まじい勢いでドラグが唸ります!!

しかし様子がおかしい。確かに物凄く引いているのですが、なんかやたらと竿が振動するんです。カツオというのは判っているので、それ自体はおかしいことではありません。カツオはビビビビ・・・という振動を、引き込みと共に竿に伝える魚。とはいえ、振動の様子が明らかに変なのです。

5分ほどかかって寄せてきて、その違和感の招待に気づきました。なんと尻尾にかかっていたのです
こりゃよく引くワケだ・・・しかもデカい。前回釣った35cm・700g前後とは随分違います。ざっと見で50cm、2キロ弱ほどでしょうか? これはなんとしてもGetせねば!

流石に抜き上げるのは無理と判断、タモ入れを試みます。親父は離れた場所でエギング中なので、助けは呼べません。

しかしここは神津島。しかも入港が危ぶまれるような日です。当然波は高く、うねりもあります。そんな状況で、片手でカツオの強烈な引き(しかもスレ)を止めタモ網を出すというのはどういうことか??

当たり前のように針ハズレ。(゜Д゜;;

やはり無理があったようです。タモ入れに2度失敗した時点で、勝負は決していました。海に元気に帰っていくカツオ。嗚呼、逃がした魚は本当にデカかった・・・(哀)。

再びルアーをキャストしていると、遠くにいるはずの親父がトボトボと歩いてくるのが見えます。どうしたんだろう?そう思っていた僕に、冷水を頭からぶっ掛けたような衝撃が。

親父「エギングロッドが折れた・・・あと昼飯、カラスにやられた・・・

な、なに~~~~~!!????(゜д゜;)

僕はロッドケースを忘れているので、当然所持ロッドはゼロ。対して親父は、僕に貸してくれたジギングロッドと、エギングロッド(メインと予備)2本の、計3本。晩に僕がエギングをする際は、予備の竿を借りることになっていました。つまり、メインが折れてしまった以上、竿は一人1本。ジギングロッドでエギングをしなくてはいけなくなりました・・・。

そして昼ご飯の弁当&サンドイッチは、全てカラスにやられたとの事。・・・意識すると、余計にお腹が・・・(泣)。

なんとかショックから立ち直り、波の穏やかな反対側でジグをシャクリます。すると、ゴツンッという手応え。アワセを入れるものの空振り。再びシャクると、またゴンっという反応。今度はヒットです。しかし、何やら重いだけ。全く引きません。巻き上げている最中に何度かゴンゴンッという抵抗は感じるので、魚ではあるようです。こりゃエソでも釣れたかな・・・なんて気落ちしつつ、浮いてきた魚を見てビックリ。

シマアジ Blog

なんと超・高級魚シマアジでした!(゜゜)しかしまたしてもスレ、胸鰭付近にジグが掛かっていました。アタックして失敗した所を、引っ掛けた形になったようです。
大して引きを感じなかったのは、先ほど振り回されたカツオの強烈な引きのせいで、腕が麻痺していたようです(苦笑)。大きさは33cmとやや小ぶりですが、大好物が釣れたためテンションはかなり回復!!

しかし、クーラーを含めた荷物は桟橋根元付近。そこでやはり・・・

桟橋の根元まで猛ダッシュ!!(`д´)

シマアジは無事活け〆にすることが出来ましたが、僕の息はもう死にかけ。運動不足を実感しつつ、戻る時はクーラーを先端まで持っていくことにしました(苦笑)。戻る前に、釣具屋に竿を見に行くという親父に、遠投マウスを買ってきてくれと頼んでおきます。

そして釣具屋に行った親父が戻た15時過ぎ、先端付近でカゴ釣りをしていた人にカツオがヒット!!どうやら回遊してきたようです。早速僕は遠投マウスを、親父はジグをセッティングし、カツオ狙い開始。するとすぐにガンッというアタリが!そのままのスピードで巻き続けていると、遠投マウスの後ろの水面から、カツオが飛び出してきました!そして舞い込む竿先。ヒットです!

やはり先ほどバラしてしまったカツオより遥かに小さい。でも10月に釣ったものより、やや大きくなっています。これは問題ないだろうと思い、一気に抜き上げ。その場で血抜きを済ませていると、ジグをシャクっていた親父にもカツオがヒット!! 前回竿を折ってしまった事や、手持ちの竿が1本ずつしかない上での「エギングロッドでのジギング」なので、これは僕がタモで救うことに。

そして、短い時合いを逃さないように僕もすぐにキャスト。するとまたすぐにヒット!!こちらも10月のよりもやや大きいくらいのサイズ。すぐに血抜きを行います。しかし、時合いは僅か15分ほどだったようで、次の1投からアタリは無くなり、周囲もあまり釣れていないまま時合いは終了してしまいました。

16時半頃、周囲が薄暗くなってきたためエギングに変更しようかと悩んでいると、水面にキビナゴの群れが。そしてそれを追いかけて、カンパチの大群が桟橋の下にやってきました!!しかも大きさは2キロクラス(60cm程)。すかさずジグを投げますが、反応なし。そこで、リップレスシンキングミノーを投入。

ヒラ打ちさせた後フォールさせると、下から物凄い勢いでカンパチがガブリ!!

一気に竿がギュギュン!!

そして一気にブチッ!!!

え? ブチ??(゜д゜?)


・・・・ラインを切られました・・・(~д~)。

元々カンパチを釣るには細めの4号、しかもラインシステムは無し。しかし今回のラインブレイクの理由はそこにはありません。ついさっきまでカツオを釣っていたため、ドラグをかなりキツめにしていたのです(無駄な横走りを止めるため)。カンパチは根に突っ込む魚なので、ドラグを出さずに釣るのが定説ですが、それはあくまで底付近でヒットした場合。しかもカンパチの強烈な初撃を止めるには、ドラグと竿を使っていなさなければなりません。 今回はそれが出来ずに切られたと言うわけです。さらに、リーダーは疲労して傷だらけだった事に、後で気づきました。なんと情けない・・・。

というか持って行かれたルアー、1600円もしたんですが・・・(哀)。

この後カンパチはどこかへ行ってしまい、姿を見ることなくオサラバ・・・。


日が暮れたので、根元近くでエギング開始。

が。ロッドケースを忘れ、デカカツオをバラし、良型カンパチをバラし、高級ルアーを持っていかれ、親父の竿が折れ、昼飯をカラスに奪われた今回の負の連鎖は、まだ終わっていなかったのです。お気に入りのエギである墨族・オレンジ/アカキンをセットして、第一投。


ブンッ!!プチ!!!! ~ポチャン。

まさかのイキナリ・ラインブレイク(。。)。ショックは隠せません・・・。

気を取り直して、今度はアジ/アカキンをセレクト。前回の釣行から実績をつけた、お気に入りのエギです。


第二投!!

ブンッ!!プチ!!!! ~ポチャン。


・・・まさかの続・ラインブレイク。(。。)。もうハッキリ言って立ち直れません・・・(泣)。どうやらリーダーが弱っていたようです。2.5号のフロロに取替え、再開。今度はきちんと海の中へ。

17時頃、民宿よねきの若旦那さんが桟橋へ。エギングをすると言って、桟橋の真ん中付近で竿を振っておられました。

アタリが全く無いまま、刻一刻と時間は過ぎていきます。18時頃、様子を見に来てくれた若旦那さんから衝撃の言葉。


若旦那「どうですか?」

僕「いや~ダメです。エギ2つ無くしただけです・・・」

若旦那「それはそれは・・・こっちに来て釣られてみてはどうですか?型は小ぶりですが」

僕「あ、釣れたんですね?(^^)」

若旦那「ええ、500~600くらいですけど5杯。」


んな!???? (゜Д゜;)) 5杯ですと!!????

神津島におられる方や、神津島常連の方は皆知っているのですが、よねきの若旦那さんは、無茶苦茶腕が良いんです。それはもう、一緒に釣りをすれば釣果が大変な事になるくらい(苦笑)。

若旦那さんが「ここ釣れますよ~」と教えてくれた場所へ行き、早速キャスト。すると2回目のシャクリでまさかのヒット!! 釣れたのは500g強のアオリイカでした。若旦那さん、恐るべし・・・そしてありがとうございます(笑)。

この後何度かアタリはあったものの、強風の影響もあって釣れず。宿に帰ることにしました。宿泊先はもちろん、民宿よねきさんです(^^)。というか、ここしか考えられません!!なんせ夕食はこの舟盛!!↓

よねき1 Blog

この日はスマガツオの活け造りと、アオリイカの刺身。さらに、イセエビが解禁になったとの事で、丸々1匹のイセエビが!! もう最高としか言いようがありません。とても美味しく頂きました(^^)。


翌日は4時半に起床し、5時半に桟橋到着。明るくなる頃から、カツオカンパチを狙います。親父はその前に、エギングにて600gのアオリイカをゲットしていました。

明るくなり始めた午前6時頃、隣のルアーマンにカツオがヒット!!どうやら回遊してきたようです。カンパチも同時に狙うため、今日はジグをチョイス。18gのムーチョルチア(ピンク)です。

そしてシャクっていると、すぐにガツンとヒット!! 前日に釣ったものより大きそうです。手応えは十分。というか腕が痺れます。

た、たまらん・・・(´д`)・・・。

浮いてきたものが良型だったため、タモでGet! 

カツオ1 Blog

今神津島で釣れているカツオは、大半がこのスマガツオです。勿論、僕らが前日に釣ったのもこのスマガツオ。釣った瞬間にキビナゴを吐き出したこの個体、大きさは44cmもありました。というか体高がすごい。重さは1.3キロほど。本当によく引きます。

と、隣で親父が大きく竿を曲げました。どうやらカツオではないようで、親父は強烈な引きを楽しみながらファイトしています。浮いてきたのは、良型のカンパチでした!! 勿論タモで取り込み。48cm、1・5キロありました。

そしてタモ助が終えた僕は、すぐにジグをキャスト。するとまたすぐに表層でヒット!!

が、随分と軽い。竿の感触からカツオであることは間違いないのですが、それにしても軽すぎます。何故だろうと思いながら巻き続けていると、水面に魚影。

なんと、こちらに向かって泳いでいたのです。軽いはずですね。しかし、姿が見えてからが大変。急に方向転換して走り回り、ようやく止めたと思ってタモを出したら、また走る。片手1本で5度の締め込みになんとか耐えた後無事にタモに治まったのは、これも40cmオーバーのスマガツオでした。

結局、また20分ほどで時合い終了。桟橋・先端付近には多数の釣り人がいましたが、あがったカツオは全部で4本のみでした。う~ん、ラッキー。

2日目朝 Blog
2日目早朝の釣果。

朝食の後仮眠休憩を取り、昼頃にまた出撃。しかし、昼間は中々釣れず。昼過ぎに来た短い10分ほどの時合いに、遠投マウスで38cmのスマガツオを釣ったのみ。そしてそのまま日没。親父はエギングを、僕は根魚を狙って、キビナゴを使って探り釣りです。

しばらくすると、何やら大きなアタリが!しかし中々掛かりません。5度目のトライで、ようやくフッキング! かなり引きます。良型のガシラ(カサゴ)でしょうか? 重々しい引きを楽しませてくれます。思わず「親父、タモ!」と叫ぶのですが、その時親父から返ってきた返答は、「すまん、イカヒットした!(笑)」でした(笑)。

アオリ Blog
親父が釣ったイカ。小さく見えますが、一応500gありました(笑)。

写真が載りきらないため、次に続きます!!(^^)

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事