欲しい物と必要な物~先行投資~

先日、仲のいい元ベース科の先輩と家で飲み会をやりました。

飲み会と言っても一対一。内容は雑談4割、仕事4割、それに付随する相談2割、といった感じでしょうか。近所のスーパーにて酒と鳥肝を購入。それに加えて、先輩が鴨ローストを持ってきてくださったので、ツマミはバッチリです。(^^)

・・・僕の家に帰ってくる前に、既に行きつけの居酒屋でかなり飲んだ後だったりするんですけど(笑)。


ツマミの鳥肝は、
①酒を振りかけてざっと湯通しした後、水分を落とす
②熱したフライパンにゴマ油・サラダ油をひき、おろしニンニク(少量)を入れて熱する
③軽く焦げ目が着くまで焼き、醤油・砂糖・酒・オイスターソースを混ぜたタレを絡ませる

以上3項目で出来上がりです。所用時間は10分弱。これが旨いのです・・・(´д`)先輩にも「こりゃ旨い!」と好評でした。

勿論先輩持ち込みの鴨ローストも抜群。ナイスなアテがあるとやはり良いですね。


ある程度食べた後、ブログに載せようという事になり、デジカメで撮影。

酒!Blog

写真右奥に写っているグラスは、高校生の時に沖縄の琉球ガラスショップにて購入した泡盛グラスです。柄といい質感といい、お気に入りの一品です。ラベルが写っているお酒は、昨年城之崎で購入したゆず酒。旨かった・・・・。


さて、タイトルの通り、必要機材購入(称した散財(゜д゜))を長い間検討していました。そこで、必要性の高いものから順に購入する事にしたのです。
と言いますのも、先日の記事にも書いた通り、僕にとって大きなプロジェクト=CD制作が進行中なんですね。その際に、今まで使っていた機材を+αでパワーアップさせる必要があったのです。


決して散財の言い訳をしているのではありません!!(゜д゜;)(笑)

まず本日購入したのがこちら。

ヘッドフォン1 Blog


SONYの業界標準ヘッドフォン、MDR―CD900STです。

ヘッドフォン2 Blog

このヘッドフォン、各録音スタジオに必ず置いてあるアイテムです。アレンジの際に大切な音のバランス(ミックスバランス)。それを、全くのフラットな状態で聴かせてくれるんです。

要は、低音補正等が加わらないため、これを使ってバランスを整えれば、どのスピーカーでもバランスの問題がなく聴ける、というわけです。


では僕は今まで、どうやってミックスバランス調整をやっていたのか?
実は、iPodに付属しているイヤフォンと、家庭用コンポスピーカーに接続して調整していたんです。(゜д゜;)
最初は何度か失敗しましたが、スタジオでMDRのバランス・スピーカーバランスを耳に記憶させ、それを元に家のスピーカーで音源を調整。
色んな場所にCDとして持って行き、バランスを確認。


こういった地道な作業を苦労しながら繰り返していた僕に2年前、僕の打ち込みの師匠は仰いました。


最初の機材は少し悪目がいい。上手くて良い機材を持った人の音に、少しでも近づけようと努力するはず。だから今は悪い機材で足掻け!良い機材になった時、他の奴とかなりの差が出来るぞ

と。
他の人と差が出来たかは判りませんが、おかげさまで、それなりの技術を得ることが出来たように思います。(^^)
このヘッドフォンと今ある機材以外に、どういったものが必要なのか?考えてみた結果、

デスクトップPC用ワイドタイプの液晶ディスプレイ
打ち込み用簡易デスクトップスピーカー
ギター音色を変える、ソフト音源(アンプシミュレーター)
携帯型HD
音源のクオリティアップのための、ソフト音源(主にオーケストラ系マルチ音源)
NIKONデジタル一眼レフカメラ
メバリング用高性能スピニングリール


・・・え?機材以外の不要物が混ざってる?

いや~気のせいですよ。気のせい。だって全部音源制作には必要・・・


・・・すみません嘘です二つ‘欲しい物’を書きましたごめんなさい(´Д`)

一眼レフと新リール欲しいんです・・・あ、いや、精神的にプラスに働くという意味では必要なものかも・・・(゜∀゜;)(笑)

⑥の一眼レフと⑦のリールは「今必要な物」ではないので諦めるとしても、その他は必要なものなんですね。

まず①の液晶ディスプレイ。
現在デスクトップでは、19インチスクエア・ノングレアタイプ(中古で1万円)を使っているんですが、中古のせいで解像度・輝度が低く、応答速度も遅い。しかもスクエアタイプなので、画面の扱いが不便なんです。

以前夏ごろに書いた記事でご紹介しましたが、MIDI編集の時は「編集用メインウィンドウ」に加えて、「シンセラックウィンドウ」というものを画面サイドに呼び出します。そして、フレーズをいじりながら音色の変更・調整などをします。

この時、スクエアタイプの画面では狭すぎて、画面サイドにシンセラックウィンドウを呼び出しただけで画面がかなり埋まってしまうんです。(´д`;)かなり細かくデリケートな作業が何時間も続くため、極力ストレスがない状態で作業をする、というのが鉄則なんですね。

目の疲れを考慮してノングレアタイプ(ツヤが無いタイプ)を選んでいたのは幸いでしたが、
解像度と輝度が低いせいで(画面を凝視するため)疲れます。そう、あるCMのように


目の奥がズーンと重い(○_○)

なんて事になっていては集中できません(苦笑)。

応答速度やコントラスト比などは、今販売されている物ならほぼ影響が無いので、やはり解像度・輝度・ワイドタイプという点に拘って選びたいと思います。

続いて②のデスクトップスピーカー。これは、以前音の調整をやっていた時のようにコンポに繋げばいいんですが、いちいちヘッドフォンから繋ぎ換えたり、コンポの正面の位置まで移動していては、作業が捗りません。

ならずっとヘッドフォンで・・・という風に思われるかもしれませんが、4時間を超えたあたりから耳が痛くなってしまい、作業に集中できなくなるのです。その点、デスクトップスピーカーがあれば、ヘッドフォンを使用する時間が短くて済みます。

やはりこの2つが、今最も「欲しい物」であり「必要な物」、そう思います。(゜_゜;)


続いて③、アンプシミュレーター系ソフト音源。これはいわゆる「あると便利」グッズです。愛用のギターエフェクターBOSS GT3を使用して録音すると、当然ながら録音後に音色(主に歪みの種類など)を調整できません(Eqなどは別ですが)。歌が入った後や、フォークギターが入った後等、音色のタイプを変更できるこのアンプシミュレーターがあれば便利なんですね。まぁ優先順位は低めでしょうか。


その④、HD。今は主にUSBフラッシュメモリと、旧式HDを使用しています。

が。この旧式HD、デカイし重いんです・・・。本体だけでネットブックくらいの重さがあり、なお且つ電源ケーブルに接続しないと動かない。ほんの少しでも動くと機能停止

はっきり言って超・不便です。(゜д゜;)

中古で4500円で買った安物なので、早めに新しくて軽いHDを購入した方がいいかもしれません(^^;)。


その⑤、ソフト音源。これが一番の大物であり難関。
値段もピンキリで、安い物は2万程度、高い物は桁が変わります。音色に拘るなら当然購入しておきたいところなんですが、いかんせん各メーカーから発売されているため種類が多く、どの音源が「良いもの」なのかが判断しづらいのです。大半が外国製ですし。

操作を覚えるのに多少時間がかかったりするので、本当に悩んでいます。(T_T)


ここからは番外編「欲しいもの」、⑥のNIKONデジタル一眼レフ。やはり今使用しているコンデジでは、今年のトンボシーズンにやや不満が残ります。沖縄に行って珍しいトンボを沢山写真に収めたいのですが、採集が禁止されている種も多い為、性能の良いカメラを買う必要性があるんです。

まぁあくまで「自分の趣味」なので、これは地道にお金を貯めるしかないんでしょう・・・(哀)

そして⑦、メバリング用のリール。
僕が今使用しているリールは、大半が6年以上前に買ったものです。
エギング用リールのエーギーやジギング用のNewナスキー、船用のイッツICVは3年以内に購入したものですが、つい先日、10年ほど愛用し、メバリングにも使用していたリール「NAVI1000」が壊れてしまったのです。こうなると一斉に寿命が来たのか、どんどん愛用リール達は壊れていきます(゜Д゜)。ベール部分(ネジ部意外の場所)がグラグラになったせいで、クラッシュがおきまくりです・・・。

そもそもジギング用のリールと船用リールも、壊れたから新しいのに買い替えたんですよね・・・うぅ・・・(泣)。

しかしながら、財産は有限。散財を繰り返していてはあっという間に大変な事に。


なんだか半ばから愚痴みたいになってしまいましたが(苦笑)、今は「欲しい物」は我慢しつつ、「必要な物」であり「欲しい物」であり「趣味・実務が伴う物」に絞って、周辺機器をパワーアップさせたいと思います!!(`Д´)ノ

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事