スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

Secret

New Guitar完成!!

新ギター Blog

ついにNewギターが完成しました!!(^^)

昨年春頃からRevive Guitarsにて製作中だったのですが、途中仕様変更などを含む様々なトラブルを乗り越え、ようやくの完成です。一応ストラトキャスターなんですが、ところどころ「拘りポイント」として手が加わっています。

ボディーカラーはダークブルーマイカ(ラメやや荒め)、車の塗装に多いカラーです。写真では光量の関係で黒っぽく見えますが、れっきとしたラメ入りブルー。まぁ実際、お店で店長から受け取る際に


「店長、これ黒・・・(゜Д゜;)」

店長「え?オーダー通りラメブルーのはずやけど・・・」


なんて事を言ってしまった僕だったりします(苦笑)。電球の下などで見ると黒っぽいのですが、明るいところに持っていくとオーダー通りの色になっていました。あぁ良かった・・・。ピックガードにはホワイトのパーロイドタイプを使用し、メリハリを出しています。


実は一号機もRevive製で、2年程前に作っています。しかし使用頻度がかなり高いため、それ1本では予想のほかダメージが大きく、1年半使用した時点でリフレットを行なわないといけない状態に。そこで、一号機の負担を減らすために二号機を製作・・・となったのです。

ちなみに一号機もストラトキャスター・・・もどき(笑)。というのも、一号機は厳密に言うとストラトキャスターではないのです。

My ギター一号機 Blog
〈一号機の略式写真、昨年1月末に携帯で撮影〉

ボディーカラーはインカシルバーというちょっと変わった色のこのギター、まずは写真左上のヘッド。これはオリジナルシェイプで、模造紙にオリジナルシェイプを書いて店長に渡し、その通りにカットしてもらいました。トンガってます!!
そして右上。アバロンを使用したオリジナルシェイプのインレイ。暗いところでもよく見える!!(笑)

下は配線部分とピックアップ。ストラトなのにピックアップセレクターが縦向き!!これが一番の拘りです。さらに、ピックアップは2ハムバッカー。この時はカッティングの際に邪魔という理由で、センターピックアップを取り付けていません。そして、ボリュームバランスを取るために、2ボリューム・1トーン、コイルタップスイッチをつけるというやや変則セッティングにしています。ジャックもサイドジャックです。

ここまででもすでに「ストラトもどき」になっていますが、一番変わっているのが、


ストラトなのにブリッジ直付け。(゜∀゜;


そう、ストラトといえばトレモロユニットを搭載しているのが当たり前。ですが僕はあえてテレキャスターと同じ心臓部にしたのです。これによって、ストラトボディでありながらテレキャスターの様なギターとなっていたのが、僕の一号機です。

フロントピックアップも、テレキャスター用のジョーバーデンという物を使用しています。最近乗せ替えを検討していますが(苦笑)。リアにはディマジオのDP187。元はDP181だったのですが、パワーアップの為に187に乗せ換えたんですね。その際外したDP181は、今回のNewギターに搭載しています。

そのNewギターのピックアップはこうなっています。↓

ピックアップ Blog

フロント・センターは、店長オススメのUthaというメーカーのシングルコイル。お店で試奏させてもらった際、コシがあってジャキっとしていたので、気に入りました。リアには、一号機に搭載していたDP181を。このハムバッカーを搭載した時点で、厳密にはもうストラトではないような・・・(苦笑)

ヘッドとネック Blog


ヘッドは、ストラトキャスターのラージヘッド・タイプ。これを見ると「う~ん、ストラト!!」と思うのは僕だけでしょうか??(^^;)(笑)そしてネックですが、今や貴重なハカランダ指板!!一号機はインレイ加工の事もあって無難なローズウッド指板にしたんですが、今回はドットインレイの店長オススメネック(21フレット)にしました。触り心地、バツグンです。

配線部 Blog

配線部は、普通のストラト。1ボリュームに2トーン、5点スイッチ・・・

と見せかけてセレクターは縦向き!!(゜Д゜;

一号機から継承したポイントです。通常の斜め向きだとカッティングの際に手が当たりやすいんです。でもこれで万事解決!!・・・というかこの向きに慣れすぎて、斜め向きセレクターでは素早いスイッチングが出来ません・・・(苦笑)。

加工する工房に店長がこのギターを持っていった際、「店長、ピックアップの向きおかしいですよ!」と言われたそうです(笑)。

そして↓これも一号機からの継承です!!

ヒール部 Blog

ネックジョイント部分(いわゆるヒール部分)です。通常のデタッチャブルジョイントでは、ハイポジションを弾く時に指にストレスがかかる。そこで、手が当たる場所を緩やかカーブにカットすることで、ストレスを軽減するのです。

実際この加工があるのとないのとでは、ビックリするほどの差があるんですね。家にあるストラト(2ハム)と弾き比べるとかなり大きな差が・・・。

ボディ材は一号機も二号機もアルダーを使用しています。やや軽くて頑丈、コシのある音を出してくれるので気に入っています。


肝心のサウンドなんですが、アンプ直でもエエ音してます。(´д`) ですが、エフェクターで歪みを作るとなると少し時間がかかりそうです。かれこれ数年ギターを弾いていますが、シングルコイルメインのギターを持つのはこれが初めてなんで(笑)。

セッティングに慣れてきたらデモ音源を載せるつもりなので、また聴いてみてください(^^)。


さて、明日から福井・若狭町の三方五湖周辺まで演奏に行ってきます。いつもお世話になっている大森さんとコンサートなんですが、福井県は今雪がすごいそうですね・・・(゜д゜;)

きっちり防寒対策をして向かいたいと思います!!(`Д´)ノ

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。