トンボシーズン開幕に向けて~ヤゴ大漁!その2~

一頻り止水域を調べ終わったところで、また場所替え。
先ほどオニヤンマヤゴを捕獲した小規模河川の、少し上流部です。小石が増えてきているため、狙いはコシボソヤンマオジロサナエなどのサナエ属。

しかし。底が荒いせいで、思うように網が入りません。最初に網に入ったのは、カワムツ&ヌマムツの幼魚でした。ちなみに、ちょっと前まではこの2種、カワムツという魚のA型・B型で分けられていたんですね。

ところが色々と調べていくうちに、別種であることが判明。2003年になって、別種と認定されたんです。面白いなぁ。ちなみにヌマムツがA型と呼ばれていましたが、見分けるポイントは鱗の大きさや、鰭の先端部の色ヌマムツはカワムツよりも少し鱗が細かく、鰭の先が赤っぽくなります

ですが今回の目的は(以下略)。

なんとか岸沿いのコケの中を探るようにすると・・・


7枚目 Blog
写真左上:カワムツ(左)&ヌマムツ(右)。写真右上:友人が別の場所で捕獲したヌマムツ成魚(♂)。
写真左下:擬死状態のコシボソヤンマヤゴ。右下:サワガニ。



やりました、コシボソヤンマのヤゴです!(^^)噂に聞いていた、トンボ界一の擬死を生で見ることが出来ました。
その擬死っぷりはすごいもので、突っつこうが体を伸ばそうが放置しようが、お構いなしです。結局逃がすまでずっとこのままでした。(笑)

そしてこの場所でも、多くのコヤマトンボヤゴを捕獲。どうやら全域に生息しているようです。


また移動。今度は、この小規模河川の幅が狭くなっている場所でガサ入れです。最初に出迎えてくれたのはサワガニ。やはり水が綺麗なのでしょう。

落ち葉の堆積した淀みに網を入れてみると、

8枚目 Blog

コオニヤンマの終齢と思しき個体が2頭、そして友人はコシボソヤンマの、先ほどよりやや大きな個体を捕獲しました。コオニのキモさは相変わらずですが(笑)、今度のコシボソはしばらく擬死状態にならなかったので、綺麗な写真を撮影できました。頬にある棘と、背中側の腹節の斑紋がトレードマークです。
ちなみにコシボソヤンマは2年1化・しかも晩夏~初秋のトンボなので、この時期に終齢ヤゴを見ることは殆どありません。


さらに上流部へと移動し、今度こそ今回の目的であった、成虫未確認のサナエ属ヤゴ&オジロサナエヤゴの捕獲を試みます。特に、美しいと噂のオジロサナエは、なんとしてもゲットしたいところ。成虫は確認済みなので、間違いなくどこかに潜んでいるはずです。

生息場所である、物陰の砂(泥)底を漁っては確認を繰り返しますが、入るのはどういうわけかコシボソヤンマのヤゴばかり。どうやらかなりの数のコシボソヤンマが生息しているようです。

落ち葉の中を探ったり、川の中に手を突っ込み、石をどけたりして探してみますが、一向に見つかりません。水温はおよそ7度~10度。冷たさで手が痺れてきました・・・。(´Д`)

さすがに時間的にも限界だろう、ということで、友人に「あと1回だけやらせてくれ!」と頼みます。すると友人から、「今までやってないタイプの探し方をやってようか?」という提案。


そこで早速、落ち葉の中ではなくその横(日が当たっている場所)の泥の中を、少し深めに抉り取ってみました。そして割り箸で探していくと・・・ついに発見!!オジロサナエのヤゴです!!(^^)しかも2頭。これは嬉しい!!今まで日陰ばかりを探していましたが、どうやら日向の泥底に潜っていたようです。

これにてこの場は終了、移動しようとしたところ、友人が車の後ろに水場を発見。先ほどオジロサナエを確認したところが、この場所での最上流部だと思っていたのですが、どうやら木々に隠れて、さらなる上流部があったようです。友人に「1回ガサ入れしてみるか?」と提案し、早速落ち葉の中・水に浸かっている陸上植物の茎あたりをガサガサ。すると。


9枚目 Blog
上:オジロサナエヤゴ。下:タベサナエヤゴ。


タベサナエキターーーーーーー!!!!(゜∀゜)


そう、まだ成虫を捕獲していないサナエ属。ようやく捕獲に成功です!!(^^)タベサナエ。春のサナエなので、やはり終齢ヤゴです! あと1ヶ月ちょっともすれば羽化し、春トンボとしてこの流域を飛ぶのでしょう。これは非常に大きな収穫です!!
2年1化・春型タベサナエ、大きさの違う個体も1頭採集できました。これは来年春に羽化する個体なのでしょう。随分大きさが違います。


この場所では他に、写真上の大きなヌマムツコオニヤンマコヤマトンボなどを多く捕獲。友人が落ち葉の中からヌマムツを見つけたときはちょっと驚きましたが(笑)、非常に良い場所を発見できたと大喜びです。


この時点で大分満足でしたが、最後にギンやクロスジの終齢や、マルタンヤンマのヤゴを見たい!ということで、昨年のトンボ採集〆に訪れた池を見に行ってみることに。


池に到着し、早速ガサ入れ開始。

が。11月はあれだけ捕獲できたヤンマヤゴが、一向に網に入りません。クロイト属のヤゴは時折入るのですが、ヤンマヤゴを期待していただけに、ちょっと寂しい・・・。


池の方を離れ、湿地化した泥の中を調べて見ることにしたのですが、いかんせん湿地。ドロドロ。靴がピンチです(笑)。

そこで、釣り用のブーツに履き替え、準備万端!!


もう大丈夫じゃー、ぐははははーーー(`Д´)ノ

などと笑いながら湿地に足を踏み入れると。


第一歩で動けなくなりました。(゜Д゜;)(笑)


そう、湿地というにはあまりにも生ぬるい、所謂「底なし沼」ってヤツだったんですね。足の甲が全部埋まってしまったので、手を使って足を引き抜いて逆戻り。


しかし!!眼前には、湿地の泥の上に落ち葉が体積し、スバラシイ環境になっています!! 諦めるわけにはいかないので、少し迂回し、やや陸地化しているところから攻めてみました。

というか、最初からこうすれば良かったんだよなぁ・・・。(´∀´;)


そして狙いの場所に網を入れ、ゴッソリ泥を掬い、陸地に戻って調べてみると・・・


サンショウウオ&タイコウチ 10枚目 Blog

僕の網から出てきたのは、なんとサンショウウオ!!(゜Д゜) 友人の網からは、タイコウチが登場です!!

友人の見立てでは、おそらくカスミサンショウウオ。絶滅危惧種です。いまや生息地がどんどん減少している種であり、生で見られるのはとても珍しいようです。タイコウチも絶滅危惧種ではありませんが、今減少している貴重な生物です。これは嬉しい。

友人が同じ場所を探ってみると、もう1頭のカスミサンショウウオを発見。ここには野生のクロメダカモリアオガエルも生息しているようなので、環境がどれほど素晴らしいかが判ります。

しばらく観察した後、元の場所に帰しました。このまま元気に個体数を増やして欲しいものです。(^^)


あたりはどんどん暗くなっていき、日没。もう残り時間はあと僅かです。別の場所の泥を掬ってみたり、池の端の方を探ってみたりして、何頭かのヤゴを捕獲することに成功しました。友人は、大きなヤンマヤゴも捕獲。


11枚目 Blog

左半分は、複眼の形、ボディ形状からオオシオカラトンボだと思われます(ともに終齢)。そして、右下は明らかにシオヤトンボのボディフォルム&複眼なのですが(終齢)、右上は怪しい。若齢なので、判別がかなり難しいところです。やはり勉強が足りません・・・ちゃんと背棘の数を確認しとくんだった・・・。(´Д`)

そして。疑惑のヤンマヤゴがこちら。


クロスジギンヤゴ 12枚目 Blog
(下の個体はシオヤトンボヤゴ)


初見ではすぐにクロスジギンヤンマだ!と思ったのですが、家に帰ってから写真を見てみると、なんかギンヤンマに見えないこともないよな・・・という話に。


そこで、Blogで知り合ったヤゴファンの先輩・Yacchanさんに確認をお願いしたところ、これはクロスジギンヤンマで間違いないそうです。(^^)顔の丸みや複眼もそうなのですが、一番の決め手は下唇。超クローズアップすると判るのですが、ギンは唇の内鉤部分がほぼ直角に曲がるのに対し、クロスジは緩やかに曲がるようです。

クローズアップしてみると・・・確かに。クロスジギンの内鉤でした。
まだまだ一発で判別!というわけにはいきません。日々勉強です・・・。(^^;)


今回は、二桁を越える種類のヤゴと、多くの水生生物に出会うことが出来ました。(^^)
今月中に、あと1回はガサ入れに行きたいところです。



今回この記事を書くに当たって、Yacchanさんに「ヤゴに関する判別法」等色々なアドバイスを多く頂きました。本当にありがとうございます。m(_ _)m



次回の記事は、おそらく音楽の記事になります。目下アルバム収録曲をレコーディング中です。(^^)頑張ります!!

コメント

参考にしていただいて・・。

参考にしていただいて、ありがとうございます。
というか、僕が間違えたらシャレにならないので、ヒヤヒヤものでしたが(笑)。

でも、まあ守備範囲だったので、大丈夫でした。

ヤゴでも川ヤゴ・とくにサナエ系は全然わからないので・・(苦笑)
僕も勉強ですね。

CD制作、頑張って下さい。ギターソロも入っている。とのこと・・いよいよデビューですね。

実は僕も会員である地元のギャラリーにもギタリスト(もちろんギター講師もあちこちでされています)で写真家の方がいらっしゃいます。
僕よりも年上ですから、若くはないですが・・否、ベテランです(笑)。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事