スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

Secret

ジャンボメバルゲット!~右舷ヘサキは凄かった~

また知々丸に行ってきました。小豆島沖ではまだマダイが釣れているので、マダイサイズを狙おうと思ったのです。

が。前日、船頭さんに電話をすると、


メバルはいいのが上がってるけど、マダイはもう下火やね」との返答。


ナ、ナンデスト!?Σ(゜Д゜;)


船頭さんによると、ここ3日ほど、急激にマダイの釣果が落ち込んでいるとか。代わりに、メバルは良型がよく釣れているそうです。

ということで、今回はジャンボメバルメイン、マダイはオマケとして狙うことにしました。


いつものように自転車で港へ。行きはまだ荷物が軽い上に交通量が少ないので楽ですが、帰りは魚&氷が追加されるので、かなりしんどいんです・・・。(´~`;)

港に着いたら、既に知々丸は接岸済み。お客さんは・・・


滅茶苦茶多い。(゜∀゜;)


3連休を外して平日の火曜に来たのに、なんと乗船者は20人。考えることは皆一緒ですね(苦笑)。


6時出船、7時半ポイント着。今日も小豆島沖です。前回は沢山いた船も、今日はあまり出ていません。そして今日の釣り座は右舷ヘサキの1番。そう、前回竿頭の方が座っていた席です!これは期待できそう。

ひとまずタックルを準備。前回と全く同じですが、今日は仕掛けを変えています。前回の反省から、5m8本針(白6・緑2)のサビキを使用。ティンセルは全てカットしています。


そしてさらに一工夫。針に結ばれたサバ皮よりも、一旦外してチョン掛けにした方が喰いが良いという情報を入手したので、3本ほど細工しておきました。

真ん中の針にはサバ皮ではなく、マダイに効果があるというオレンジのゴム片をチョン掛けに。果たして、この細工は実を結ぶのでしょうか?(゜∀゜?)


早速第一投!!と思ったら、


いきなり仕掛けが絡みました。(´Д`;)


竿が3・3mで、仕掛けは4・8m。風の影響で、ものすごく扱いづらいんですね。2投目でも絡んだので、3投目を入れる前に針を1本(80cm分)減らすと、随分扱いやすくなりました。(^^;)ロング仕掛け、早くも撃沈・・・。


と早速、お隣さんにヒット!獲物が頭を振っているのが、竿を見ていて判ります。上がってきたのはやはりマダイカスゴサイズのようです。

これは負けてられん!(゜д゜)と気合いを入れ直し、リールを巻き上げていきます。すると釣り開始から30分が経過した午前8時、僕の竿にガッガツッガツガツッという手応え!
軽くアワセると、乗りました!大きくはありませんが、マダイの引きです!(^^)上顎にガッチリ掛かっていたので、ラインを持って抜きあげます。

カスゴ Blog
イケス内で反転する26cmのマダイ(カスゴ)。

カスゴサイズながらもマダイをゲット!マダイは釣れないかもと思っていたので、これは嬉しい一枚です。(^^)細工した仕掛けが、早速効果発揮です!!


が。この後は全く反応なし。船全体でチビメバルが3匹ほど上がりましたが、状況は芳しくありません。

この日の潮汐は、満潮が6時前、干潮が11時50分頃の中潮。どうやら潮止まり前後が狙い目になりそうです。


時刻が10時を過ぎた辺りでジャンボメバル狙いに本腰を入れ直していると、僕の竿にぐぐっぐぃ~っと引き込むアタリ!軽く竿を立てると、乗りました!どうやらメバル、しかも良型のようです。

わざとゆっくり巻き始めると、1m巻いた辺りでもう一度竿がぐいっと引き込まれました!追い喰いです。(^^)ずっしりとした重量感に、小気味良い締め込み。


た、たまらん・・・(´д`)


浮いてきたのは良型が2匹、ダブルです!これは重いはず。抜きあげてサイズを測ると、24cmと26cmでした!これは嬉しい。しかも、喰っていたのはまた細工しておいたチョン掛け白サバ皮です!!(^^)

そして次の1投目でも、またメバルのアタリ!しかも立て続けにガガガンッという反応。

先ほどよりもさらに重量感UP!


もう最高・・・(´∀`)

上がってきたのは、23cmが2匹、24cm1匹、まさかのトリプル!絶好調タイム突入でしょうか?(細工白サバ皮に2匹、緑普通皮に1匹)

メバルたちBlog
イケスに浮かぶ良型メバルたち。


周りでもメバルチャリコが上がりますが、釣れているのは右舷だけ。今日は右舷の方がいいようです。ラッキー!


そして、また僕の竿にアタリ!ぐいっと竿先を引きこんだ後、ギュンギュン絞り込みます!!これはデカイと確信し、追い食いを狙わずに巻きあげを開始します。途中何度も強烈な絞り込みをみせながら上がってきたのは・・・


良型メバル Blog


ヤッター!!!(゜∀゜) 27・5cmの、ジャンボメバルです!!しかも、喰っていたのはマダイ狙いの為にセットしたオレンジのゴム片!!

ここまではやることが全て吉と出ています!!ここまでハマると、楽しさも倍増です。特に、周りの状況があまり芳しくないだけに、この釣れ具合には思わず


ニヤリ。(゜∀゜)


この一流しのラッシュが終わった後、ポイント移動。その際、回収した仕掛けに生きたイカナゴ(約5cm)が付いてきました。これはエサになるので、下針に付け直して移動します。


次のポイントでは中々アタリがなかったものの、イカナゴを付けた針でチャリコをゲット。まぁこれはサイズが小さいので、「策が当たった」という実感はありませんでしたが・・・(苦笑)。このポイントでは数枚のチャリコを追加したものの、皆さん不調のようなので、潮止まりに合わせて船頭さんはポイントを移動。


最後のポイントは風がやや強く、釣り辛い場所でしたが・・・そんな事はどうでもいいでしょう、潮止まりと同時に、時合が到来したのです!!

まずは2枚目のカスゴをゲット。ヒットしたのは勿論細工白サバ皮。

カスゴ2枚目Blog
イケスの中には、前のポイントで釣ったチャリコも。

そして、周りでも良型のメバルが上がり始めました。カスゴを1枚釣って以来ずっと不調だったお隣さんは、ハリスを0・8号から0・6号に代えた途端、順調に数を伸ばしていきます。やはりハリスの太さは大切ですね。


そして、左舷トモからは大きな歓声。どうやら40cmオーバーのマダイ(この日唯一のマダイサイズ)が上がったようです。これは頑張らねば・・・(゜д゜;)

ここで、またガツッというマダイ特有のアタリ!!送りこんでからアワセると、かなり強烈な引きが!!


・・・が。すぐに軽くなってしまいました。(´Д`)めげずに同じラインに落としなおすと、再びアタリ!!


・・・が。またすぐに軽くなってしまいました。(;Д;)掛かりが浅いのでしょうか・・・?明らかに良型マダイのアタリだったので、本当に勿体ない・・・。


しかしめげずに同じラインに落とすと、今度はぐいぐいっと引き込むアタリ。少し送り込んでからアワセてみると、乗りました!! メバルですが、重量感は中々。と、すぐにガツガツッという、マダイ特有のアタリも!!こちらもフッキングしたようで、重量感のある絞め込みと、首を振る感触が同時に伝わってきます。


はっきり言ってかなり楽しい。(゜∀゜)


おそらく良型のメバルチャリコでしょうが、それぞれ単体でもかなり引く魚なので、合わさると引き味は独特。非常に楽しめます!上がってきたのはやはりチャリコメバルチャリコは16cmでしたが、メバル26cmの良型!!(^^)やっぱり細工白サバ皮。すごい効果です!!


そして、次の1投でも同じラインを流すと、コツッという非常に小さなアタリ。サバ皮の先を少し齧っているのだと思い、少し糸を張った後、送りこんでからアワセてみます。すると、

ぐぐっぐ~~~~ガツッガツガツッぐぐぐぐ~~~~


という、なんとも奇妙な引きが手元に届きました。意外な事にドラグが少し滑り、竿は大きくしなります!


はたしてマダイが大きいのか、メバルが大きいのか?重さから察するにメバルだと思うのですが、この組み合わせは本当に楽しませてくれます!!(^^)


上がってきたメバルを見て、周りから歓声が。タモ入れするのも面倒だったので、抜きあげてからその大きさにビックリ。


The Big Mebaru Blog

The Big MEBARU!!! v(゜∀゜)


29cm・400gオーバー自己記録のメバルです!!(^▽^)サイズを測るまでは尺(30cm)あるだろう!と思っていたのですが、僅かに届かず。少々残念ですが、それでもこのサイズは嬉しいもの。細工白サバ皮様様です。


この後は、15㎝ほどのメバルがなんと5連(笑)。これには船頭さんが、スピーカーを使って


「それは写真撮らなあかんなぁ~~(笑)」


と放送。そして、右舷の皆さん大爆笑(笑)。こういうのも、乗合船の魅力かもしれません。(^^)


そして、20cmほどのメバルを数匹追加したところで納竿です。ちなみに、チビメバル5連ではなくジャンボサイズ2匹の写真を撮ってもらいました(笑)。

本日のメバル Blog
本日のメバル釣果。29cm(右列の真ん中)を筆頭に、27・5cm、26cm・24cm23cmが2匹ずつの、計8匹をキープ。

21cmを含むメバル9匹をリリースしたため、全体の数は17匹とまずまず。さらにマダイは、カスゴ26cmと23cm、チャリコが6枚。本命は全部で25匹と、満足のいく釣果となりました。

マダイシーズンはひとまず終了ですが、結果として、2回の釣行で5枚のカスゴをゲット出来ました。(^^)マダイサイズは、次のシーズンでの目標にします。


瀬戸内のマダイ釣りは、サビキ仕掛けの使い方が大きく釣果を分けるということがよく解りました。普通についているサバ皮をチョン掛けに変えて少し細工を加えるだけで、これほど周りと差が出るとは・・・。そして、お隣さんがされていたように、ハリスを細くするのもやはり常套句ですね。

そして誘い方。高活性のメバルマダイと同じように、巻き上げるサビキ仕掛けによく反応するんですね、今日不調だった人は、ずっと底の方ばかりを探っていたそうです。ちなみに、今日は底から7mまで浮いていました。
良型は、底から2~4m辺りをゆっくりサビくと良いように思います。


とりあえずメバルの自己記録が釣れたので、今回は大満足です!!(^▽^)

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。