スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

Secret

GW企画第三弾~仕事が何故か釣り記事に~

2日間、仕事で福井に行ってきました

が。

仕事の記事を書く予定だったのですが,冒頭にもあるようにまさかの釣り記事です(笑)。その理由は写真を見れば明らかかと思われます・・・。(゜∀゜;)


阪急で梅田(終点)まで出た後、朝8時の新快速で米原(こちらも終点)まで行き、そこから普通電車に乗り換えて敦賀(またも終点)へ。終点3連発コンボの後、さらに小浜線に乗り、移動時間は合計4時間
このところ移動時間の長さがやばいです。(´∀`;)

昼頃に小浜に到着、いつもお世話になっている大森先生のお宅へ。そう、件のCDの仕事が大詰めを迎えたため、歌入れの最終調整の為に大森邸を訪れたのです。(^^)

そしてここから小休憩&ご飯休憩を挟んで、なんと合計11時間(!)。大森さんの歌入れをメインに行ったのですが、終わる頃には深夜を回っており、さすがに僕・大森さんともにヘトヘトでした。(^^;)

大森さんは本当にタフな方で、曲数が多いアルバム曲を最後までしっかり歌いきってくださいました!ありがとうございます!m(__)m


では本題へと参りましょう!(゜∀゜;)(違)


作業が深夜まで続こうとお構いなし。翌朝午前中は凪という事で、大森さんが朝8時から海に連れて行って下さる事になったのです。(^^)

連日の疲れと睡眠不足が気になりますが、


それがどうしたァ!(゜Д゜♯)


そう、趣味とは自分を顧みないものなのです。(笑)
大森さんは漁業権と磯見船をお持ちの為、早速船のある港へ。

DSCN3793Blog.jpg
こちらが磯見漁用の磯見船。

磯場に極力近づくための小さい船なので、立ち上がるタイミングを間違えると海にドボンです(゜Д゜)。しかし!この船で小浜湾の水面を滑るように走ると、


チョー気持ち良い!(`∀´)

のです(笑)。

まず最初はワカメを刈るため磯場に行き、そこでガシラを狙ってブラクリ仕掛けを落とすものの・・・大森さんの予想通り外海が少し荒れており、ワカメの生育具合もイマイチ。
なので、昨年7月にもやらせていただいたトローリングをやる事に!

トローリングとは、擬似餌を海に放り込み、それを船の動力を利用して引っ張る釣り方の事。表層を釣る際にはトンボ(!!)と呼ばれる器具を使って、仕掛けを表層から2~5m辺りにコントロール。中層を釣る際には潜航板(水の抵抗を受けて沈む板)を使って擬似餌を強制的に深く沈めるのです。

今回は疑似餌に弓角を用い、潜航板で沈め、ラインを手で持った状態にして船で引っ張ります。詳しい仕掛けは勿論企業秘密(笑)。

狙いはサゴシ鰆(サワラ)の子供です。魚偏に春と書くように、まさに今が旬(小浜のサゴシは5月~7月)の美味魚!

早速仕掛けを投入し、大森さんの経験とカンを頼りに船を滑らせます。なんせ目印の無い広い大海原、そして群探知機も無し。小浜の店にもサゴシはまだ出回っていないため(はしりの時期だから)、船長である大森さんの操船スピード如何で、釣果は大きく変わる事でしょう。

しかしそこは頼れる船長!トロールを開始してから僅か数分で、僕が引く仕掛けに


ガンッ!


という鈍い衝撃!フッキングに成功したようで、糸を引く手に直に手応えがきます!

「よし手繰ろう!」

という大森船長の指示を得、針が外れないよう一心不乱に糸を手繰ります!もう頭の中は沸騰寸前(笑)。なんせ糸を緩めた瞬間に魚が暴れ、針外れで逃がす事が多いのです。

しばらくして浮いてきたのは、やはりサゴシ!一気に抜きあげます!

DSCN3800Blog.jpg
船上に上がったサゴシ。53cmあった。

やりました、念願だったサゴシをゲットです!!(`∀´)v 昨年7月はイマイチアタリが判りませんでしたが、今回はバッチリ!外海に近い潮流の早い湾の入り口で掛けた為、かなり引きました。(^^)

サゴシを生け簀に放り込み、再び仕掛けを投入。大森船長は潮流と徐々に強くなってきた風を読み、流すコースをやや内湾に変更。小さな岬状になった磯場の沖をメインに流します。

しばらく流すと、またガンッ!という強烈なアタリ!しかしこれは手繰っている最中に外れてしまいました。かなり引きが強く、良型の期待がかかっただけに残念!

再び同じコースを流すと、またアタリ!今度は明らかに糸をグィッと引っ張り込むようなアタリです!

かなり暴れながら上がってきたのは、やはりサゴシ! (51cm)先程より少し小ぶりですが、それでも2本目は嬉しいものです。(^^)

この後さらに風が強くなってきたので、また内湾に移動。勿論その間、仕掛けは船で引っ張ったままです。
・・・しかしこれが中々大変。と言うのも、元々仕掛けだけで2キロ近くあるんですね。
それを水深10~30m程度まで沈め、潜航板に水の抵抗を加えるために船は走るわけです。

なので実質手にかかる負担は、6~7キロの物をずっと引っ張り続けている感じ。僕のような素人は、長時間は出来ません。(^^;)ちなみにこの手釣りによるトローリングは、地元の漁業権を持っていないと出来ません。本当に良い経験をさせてもらっています。(^^)


ゆっくりと船が内湾に近づいてきた時、また手元の糸をグイッと引き込むようなアタリ!そしてそのまま、ゴンゴンッという強い衝撃が!頭を振らせるとすぐにバレてしまうため、即座に大森船長が操船!強制的にこちらを向かせ、一息で手繰り寄せてきます!そしてそのまま抜きあげ。3本目をゲットです!(^^)(これは54cm。)


もう満足な上に、この後午後からは京都に行かなければなりません。風もどんどん強くなってきたため、早々と終了です。実質1時間半ほどで3本のサゴシをゲット出来たので、非常に効率の良い釣りでした。

DSCN3802Blog.jpg
本日の釣果。さすが大森船長!!

戻ってから少し時間が出来たため、湧き水で出来た小さな川(水汲み場)を見に行ってみると、

DSCN3810Blog.jpg

いましたいました、昨年から種類が気になっていたヨシノボリ達!(一番上はチチブ?)網が無いので水汲み柄杓を使い、なんとか1匹の捕獲に成功!

DSCN3813Blog.jpg

気になっていた種の正体は、シマヨシノボリでした!(^^) かなりの数がいるものの、さすがに網が無いと捕獲は難しい・・・(苦笑)。中には明らかに10cm近くある個体や、黒っぽい個体もいました。シマヨシノボリは10cmにはならないので、大きな個体はもしかしたらオオヨシノボリかもしれません。

そして黒っぽい個体は、婚姻色の♂なのか、はたまたクロヨシノボリなのか?かなり小さくて黒い個体もいたので、クロヨシノボリだと面白いなぁ・・・。また確認に来たいものです。(^^)

この後大森さんの車で京都府綾部市に移動。今回のCDの歌詞を書いている川北さんにお会いし、色んな話をしてきました。アルバムが完成したら、そのアルバムの曲を演奏するコンサート開催が既に決まっています。こちらも非常に楽しみな企画です!(^^)


晩に実家に帰り、早速サゴシを調理。昨年作ってみて非常に美味だった、サゴシユッケです!!

DSCN3825Blog.jpg

今生肉問題で揺れているユッケですが、新鮮な魚で作れば問題なし!!サゴシの柔らかくトロっとした食感がユッケダレと非常にマッチし、美味でした!!(^~^)

とまぁ見事に釣り(+ヨシノボリ)の記事になってしまいましたが(笑)、CD制作の方は非常に順調にきています。
今月中の完成を目指して、残る作業は歌データ編集&再ミックス&マスタリング。


さぁ、気合いを入れて頑張りたいと思います!(^▽^)

・・・・・・・・・来週から。(笑)

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。