近所の池はイトトンボパラダイス~Withデジ一~

仕事が終わった後陽が落ちるまで少し時間があったため、近所の池にデジ一を持って行ってみました。

ポイントに着いたのは18時を過ぎていたため、池は既に日陰に。狙いのギンヤンマが飛んでいる感じではありません。しかし、この日の最高気温は27度とかなり高かったので、イトトンボがいないか探してみる事にしました。

すると早速、池横の木の上で休む個体を発見!!

クロイト1

クロイトトンボの未成熟♀のようです。やはりいましたイトトンボ!!(^^)
被写体が小さすぎてピントが合わないため、この写真は途中でマニュアルフォーカスに切り替えました(苦笑)。やはり新レンズが欲しくなってきます・・・。


この個体を皮切りに、あちこちでクロイトトンボの姿を発見!!

クロイト2
上:羽化不全ながら既に成熟している♂個体。左下:美しい体色の未成熟♂。右下:成熟してきた♀。

写真の個体を見る限り、かなり前から羽化していたのは間違いなさそうです。ひょっとしたら、4月の時点で既に飛んでいたのかも・・・(´∀`;)

しかしこの池、環境は良いのですが、外来生物がちょっと多いんですよね・・・。

アカミミガメ

その中の一つが、上写真のミシシッピアカミミガメ。少し前まではクサガメの方が多かったのですが、最近はこの外来種の方がよく見かけます。さらには大量のブラックバスブルーギルの姿も。トンボ達にとっては脅威となりえる存在が多いのが気がかりです。


池横の道路にまで飛んでくるクロイトトンボを観察し終えたので、畦道の草むらへ入ってみる事にしました。

すると早速、

アオモン

今年初のアオモンイトトンボ発見!!(゜∀゜)

写真左の個体は若いので、体色もまだまだ。ですが右の個体はかなり成熟しているようで、非常に美しい!!これは来たかいがありました!!(^^)

あっちこっちにアオモンイトトンボが飛んでいるものの、なんせ被写体が小さい・・・。かろうじて胸部にピントを合わせようとするのですが、マクロレンズではないため、正直かなりしんどいです(苦笑)。

と、アオモンイトトンボに混じって、明らかに別種の美しい個体を発見!!


セスジ

セスジイトトンボ♂です!! 体色が非常に鮮やかなブルーなのですが、既に日が暮れ始めていたため、撮影した写真はブレまくり(苦笑)。連写性能に物を言わせて、なんとか数枚撮影に成功。

余談ですが、昨年はこの池でセスジイトトンボを確認していない上に、眼後紋の間を通るラインも見受けられなかったので、最初はクロイト未成熟(♂)かと思ってしまったんですね。(^^;)

しかし、クロイト♂は記事上部から二つ目の写真のような感じで、なにか違う。そう思い、素手で捕獲した上で、尾部付属器の形状を確認、ようやく同定完了となりました。そう、セスジイトトンボにも、眼後紋の間を通るラインが無い個体がいるんです。紛らわしい・・・(。;∀;)

さらに草むらを分け入っていくと、小さなシジミチョウを発見。55ミリレンズでかなり近寄っても逃げません!これはラッキー。

ツバメシジミ

ツバメシジミでした。近所でよく見かける普通種ですが、後翅にワンポイントで入るオレンジ色が綺麗ですね。

さらにさらに、すぐ近くに制止しているイトトンボを発見!!

オツネン

ってオツネントンボおったんかい!!(゜Д゜;)

今年の春、この種を見るためにどれだけポイントを歩き回った事か・・・。(´Д`)歩き回った結果、環境さえ整っていればこの時期普通に見られるという事が判っていたものの、まさか家から歩いて5分の池で見ることになるとは思ってもみませんでした。(^^;)

念のため素手で捕獲し、翅を重ね合わせてみると・・・見事に縁紋が重なりません。そして枯れ草のような体色。もう見紛う事なきオツネントンボでした(笑)。


この池は上池と下池で構成されているので、今まで見てきた下池ではなく、上池の方を少し覗いてみると・・・

環境

ものの見事に湿地。(゜Д゜)

元々は池だった為、足元は完全に水で満たされています。しかもこちらにはブラックバスの姿はありません!ひょっとすると、案外貴重なトンボが見られるかも・・・。

ここはシーズンを通して観察に来る必要がありそうです!(`д´)ノ

辺りはかなり暗くなってきているので、ここからはとうとうフラッシュを用いた撮影に。飛んでいるトンボの数もかなり減ってきている中、草むらにアオモンイトトンボの♀を発見!!そっと近づいてシャッターを切った瞬間、飛んで行ってしまいました・・・。

が。偶然とは面白い物で、この一瞬の間に撮影した2枚の写真を見てみると、一枚はピンぼけでボツ。そしてもう一枚はというと、

アオモン♀1

イトトンボが飛びあがった瞬間が写っていました!! かなりピンボケか、と思いきや、何故か前翅にピントが合っていたんですね(笑)。翅は綺麗に制止したように写っています。やはり失敗作でも、デジ一はカバーしてくれますね!!(゜∀゜;)


さらに、暗闇で目立つ赤い体色のアオモンイトトンボ未成熟♀を発見!

アオモン♀2

この個体は1枚撮影した瞬間に飛んで行ってしまいました。(^^;)


1時間にも満たないわずかな時間でしたが、クロイトトンボの♂♀、セスジイトトンボの♂、オツネントンボの♂、アオモンイトトンボの♂♀(+未成熟)と、多くのイトトンボを見る事が出来ました。


今度は大阪にデジ一を持って帰り、服部緑地でトンボを探してみようと思います。(^^)

コメント

セスジイトの後頭条と眼後紋。

そういえば、あの自宅で羽化させたセスジイトトンボ♂の後頭条も、かろうじて付いている。という感じでしたものね(苦笑)。

眼後紋も離れて見たら同じように見えますよね(苦笑)。
拡大して
クロイトはセスジイトよりもやや下側に付いているように見えるんですけど・・。
形状もクロイトは後頭部中心方向にやや尖った二等辺三角形。
セスジイトは複眼真横に角のとれたやや大きめの正三角形。
といったところでしょうか?

いずれ、両種の幼虫・成虫の絵を描きたいので、この写真を参考にしたいですね。

Re: セスジイトの後頭条と眼後紋。

眼後紋の間の後頭条、あるかないかハッキリしてほしいです(苦笑)。確かに、離れて見るとクロイトとセスジの眼後紋は、形状がよく似ています。(^^;)ムスジは細長い涙形なので、すぐに判るのですが・・・。オオイトはまだ見ていないのでなんとも言えません(笑)、今年中に見つけます!!

そして、クロイト未成熟とセスジは、見る角度を間違えると結構紛らわしいことに気づきました(笑)。真後ろから見ると三角形の違いが判断できますが、撮影中に斜め横から見るとダメですね(笑)。
さらに時折個体差の強い固体(カラー違いの個体)がいるので、やはり数多くの個体を見る必要がありそうです。

クロイト属の幼虫・成虫の絵を描かれた時は、是非拝見させてくださいね!!(^^)

どこの池かわかった!実家の近くやんね?
むか~しあそこで釣りしまくってました。自作のペンシルで釣れたときのことはよ~~~く覚えております。

レス遅くなりました。(^^;)

やはり判りましたか(笑)。
今もよく釣り人が来ていますよ。相変わらずブラックバスの個体数はかなり多いようなので、釣ったそばから駆除してくれるといいのですが・・・。外来魚の問題は、イマイチバサーには浸透していないようで、悲しい限りです。ゴミを平然と池に捨てる輩もいますから、マナーを守って釣りを楽しんでいる人たちが可愛そうです・・・。

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ProfessorOGI

管理人:ProfessorOGI

姫路でギター講師をやっている、釣り・トンボ大好き人間です。音楽ジャンルはロック・ラテン・フォークなどなんでもござれ。

姫路でギターレッスン教室をお探しの方は、メールフォームからお気軽にどうぞ!(^^)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

過去の記事